menu

Webサイトに動画コンテンツを取り入れるメリット&実際の制作費

制作

Youtubeをはじめとした動画配信プラットフォームが普及し、スマートフォンで場所・時間を問わず動画を視聴できるようになった今、業界・規模を問わず多くの企業が自社のWebサイトに動画コンテンツを取り入れています。

シスコシステムズの調査レポートによれば、2014年時点での全世界でのWebのトラフィックが1人あたり6GBだったのに対して、2019年にはその3倍となる1人あたり18GBに達する見込み。そのうち約80%を動画の視聴が占めるといわれています。

また、ある制作会社のリサーチでは既に若年層の2人に1人がスマートフォンで1日1時間以上動画を見ているというデータもあり、VR(バーチャルリアリティ)やタテ型動画など新しい手法も登場するなか、動画はますます身近なものになっていくことが予測されます。

ただ、自社のWebサイトに動画コンテンツを導入するとなると、費用対効果の面で疑問が生じ、「実際、いくら予算が必要なのかも分からない‥」といったケースも少なくありません。動画コンテンツを活用するためには、動画のメリットをあらためて整理し、費用を大まかに把握しておくのが大切です。

・ストーリーや世界観を伝えられる動画
動画の最大のメリットは、写真や文字と比較して、表現の幅が圧倒的に広がること。BGMや登場人物の演技、ナレーション、特殊効果などさまざまな要素を組み合わせられる動画では、商品やサービスの強みを伝えるだけでなく、その背景にあるストーリーやブランドの世界感も伝えることができます。

実際、リスティング広告や自社サイトのテキストコンテンツで思うような効果が得られなかった企業が、動画を導入することによって短期間で大きな成果をあげることも珍しくありません。スマートフォンやSNSの普及によってスピードと分かりやすさが求められている現在、短時間でダイレクトに情報を届けられる動画は、きわめて重要なWebマーケティングツールの1つです。

・従来の1/3程度の予算で制作可能
一般企業が利用できる動画コンテンツがテレビCMに限られていた時代は、動画制作を請け負う会社も限られ、1本あたり最低でも300万円ほどの予算が必要でした。現在ではその半分以下、あるいは1/3程度の費用でプロの手によるクオリティの高い動画を制作することができます。さらにコストを抑えたい場合は撮影を自社で行ってそれを元に制作会社に編集を依頼したり、動画素材を無料ダウンロードできるWebサイトやクラウドの編集ツールを利用したりするのも有効です。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

あらためて整理しておきたい、Webサイトにおける「色」の効果

Webサイトの配色に取り入れたい「70・25・5の法則」

関連記事

  1. 表示速度を0.1秒改善して売上1%アップ?フラットデザインの具体…

    スマートフォンやSNSの普及によってコミュニケーションのスピードが速まり、キュレーションサイトやHo…

  2. ユーザーを適切に導くCTAボタンの3つのパーツと、デザインのポイ…

    予約や購入の起点となるCTA(コール・トゥ・アクション)ボタンは、コンテンツや入力フォームと並んでW…

  3. 時間による変化やこだわりの制作過程を数十秒で見せる、タイムラプス…

    インフォグラフィックと並んで、よりスピーディーに分かりやすく情報を伝えるWebマーケティングの手法と…

  4. Webサイトのプランニングに活用できる「マインドマップ」(後編)…

    1つの主題から関連するキーワードやイメージを放射状に書き出していくことによって、複雑な概念や情報を分…

  5. Webページの目的に合わせて意識したい「ジャンプ率」とは?

    スクロールに合わせて時間差でコンテンツが表示されるパララックスデザインなど、常に進化し続けているWe…

  6. ファイルをコンパクトにして表示速度をUP。JavaScript/…

    スマートフォンやタブレットの普及によってコミュニケーションのスピードが早まるなか、Webページに表示…

  7. マンネリ化したWebデザインから脱却したい時は注目。心理学におけ…

    制作したWebページの効果が伸び悩んでいる時や、何となくマンネリ化した印象を拭えない時などは、行動心…

  8. 観光や教育関連のサービスとも相性抜群のバーチャルリアリティ(VR…

    Youtubeなどの動画配信プラットフォームに加え、無料の動画素材や編集アプリなども身近になったいま…

PICKUP

PAGE TOP