menu

フォントひとつでバナーの印象は変わるー。訴求ポイント別のバナーの工夫

制作

スマートフォンが普及して時間・場所を問わずWebサイトに接触できるようになったいま、多くのユーザーが時間のかかるコミュニケーションを嫌い、ボリュームのある情報を避ける傾向があると言われています。バナー作成においても、的確な情報を伝えるためには、ある意味ではSNSでのアイコンでのやりとりのように、よりスピーディに分かりやすく伝えるための工夫が求められています。

そのためにはバナーでアピールしたい情報に沿ってデザインやフォントを考え抜く必要があります。おのずと情報量が限られるバナーでは、フォントひとつとってもユーザーの印象は大きく変わってきます。一般的な訴求ポイント別のデザイン・フォントの工夫のポイントをご紹介します。

・ポップで可愛いイメージ訴求には丸みのあるフォントが効果的
若い女性向けの化粧品・ヘルスケア関連商材やアパレル商材などで、ポップで可愛いイメージを訴求する場合は、ゴシック体やメイリオなど丸みのあるフォントを使い、デザインもピンクやイエローを基本とした明るい配色が効果的と言われています。盛り込む情報に沿ってハート型のアイコンや吹き出しなどをあわせて使うのも有効です。

・あえて色味を抑えたデザインでラグジュアリー感を訴求

シニア向けの商材や高付加価値のサービスなどのバナーは、色味を抑えた白や黒のシンプルな背景に、ゴールドなどのアクセントを入れ、フォントは教科書体や明朝体など丸みのないものを用いることで、高級感やプレミア感を演出することができます。特定の会員向けページなども同様のデザインとトーン&マナーで特別感を与えることが可能です。

・身近な商材や子供向けの商品は画像の被写体もポイントに
日用品や子供向けの商材は安心感や親近感のイメージ訴求がポイントになります。丸みのあるゴシック体や手書き風のフォントを使い、配色もブルー、グリーンなど落ち着きのある色を基本にするのが効果的かもしれません。また、見る人により身近な印象を与えるため、画像の被写体には有名人やモデルではなく一般の人やキャラクターのイラストを用いるのも1つの方法です。

・ビジネス系メディアなどと相性の良い、モノトーンを基調としたデザイン
ビジネスマン向けの商材などで信頼性や誠実さをアピールする場合、ホワイト、ブラック、シルバーなど落ち着いたデザインを基調に、HG/HGSの明朝体、ゴシック体などオーソドックスなフォントを用いるのがポイントです。カード会員の募集やサービスのお試し体験なども誠実さを訴求点とする場合は同様のデザインが効果的です。

Web制作に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

「売らない」ページが評価に結びつくコンテンツSEO

リマーケティング広告の精度を高めるアプローチ

関連記事

  1. 購買率が1.68倍UP。ECサイトに取り入れたい「短め」デモンス…

    企業のメッセージやブランドの価値観を伝えるブランディング動画とあわせて、動画マーケティングに取り組む…

  2. コントラストやトーン&マナーを工夫してさらに効果を高める、バナー…

    動画などさまざまなメディアが発達した今でも、Webサイトにおけるバナーの重要性に変わりはありません。…

  3. 画像のクオリティにこだわりたい場合の選択肢。意外と知られていない…

    Webサイトやソーシャルメディアで使われる画像の多くは、JPEGやGIF形式です。その一方、自分で写…

  4. CTRが約300%UPしたオウンドメディアも。SNSシェアボタン…

    多くのWebサイトに設置されているFacebookやTwitterといったSNSのシェアボタン。ペー…

  5. Photoshopの編集作業をより快適にする、ショートカットキー…

    メインの画像編集ソフトとしてPhotoshopを使っている場合、初期設定のカスタマイズとあわせて使い…

  6. ユーザーを適切に導くCTAボタンの3つのパーツと、デザインのポイ…

    予約や購入の起点となるCTA(コール・トゥ・アクション)ボタンは、コンテンツや入力フォームと並んでW…

  7. 月間ユーザー1億人以上のサービスも。Webディレクターが知ってお…

    世界中で10億人以上の人に利用されているSNS。Webサイトも分野を問わずSNSからの流入が増えてお…

  8. 「アイコン化」が進むユーザーコミュニケーションとWebサイト

    MMD研究所が2015年に行ったリサーチによれば、日本国内のスマートフォーンユーザーの半数以上が1日…

PICKUP

PAGE TOP