menu

SNSを利用したコンテンツの拡散

SEO

コンテンツSEOにおいてユーザーからの評価を得るためには、コンテンツのクオリティとあわせて、それを拡散させることが重要です。その点でFacebookやTwitter、LINEをはじめとしたSNSの活用は、現在のSEOでは欠かすことができません。いわゆる「バズる」ことによって大きな効果も期待できるうえ、世界中に十億人単位のユーザーを持つSNSが想定外のメリットをもたらすことも珍しくありません。

企業が自社のコンテンツの拡散を目的としてSNSを利用するにあたり、意外と見落とされがちなのが、自社内の関係部署で足並みを揃えること。コンテンツをより効果的に拡散させるためには、ニュース性やユーザーに与えるフレッシュな印象も重要な要素になります。現在では1つの企業で複数のSNSアカウントを持っているケースも多く、そうした場合は、コンテンツをリリースするタイミングと複数のSNSアカウントの運用プランをすり合わせることで、より効果的に利用することができます。

また、注力するSNSを絞ることも欠かせないポイントです。複数のSNSを同時に利用すれば、手間も時間もかかり、運用がおろそかになるリスクも考えられるうえ、情報を受け取るユーザーにも散漫な印象を与えかねません。

注力するSNSを選ぶ際は、自社の商材やWebページの訴求ポイントにあわせて選ぶのも1つの方法です。例えば、デザインに強みがある商材ならInstagram、Webコンテンツのニュース性が高く、多くのユーザーのレスポンスが期待できそうな場合はtwitter、ニッチな分野での独自性のあるサービスなど、ある程度まとまった情報量があるならFacebookというように、各SNSの特徴やアプリのインターフェイスを考えたうえで選ぶといいかもしれません。

加えて、近年多くのキュレーションサイトなどで取り上げられているように、SNSで注目され、拡散されやすいコンテンツには傾向があります。なかには、「具体的な数値」、「意外性」、「ニュース性」などコンテンツを改善するうえで重要な要素も含まれていますし、「年収」、「ローカルネタ」、「ゆるキャラ」などはたびたび話題に上るキーワードです。

商材やサービスとの兼ね合いもあり、また、SEOにおけるコンテンツ拡散を目的とする以上、こうした傾向におもねる必要はありませんが、1つのヒントとして注目することで、次の改善アプローチにつながる可能性もあります。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

「アイコン化」が進むユーザーコミュニケーションとWebサイト

表示速度を0.1秒改善して売上1%アップ?フラットデザインの具体的なメリット

関連記事

  1. Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googl…

    Googleはパンダアップデートやペンギンアップデートの更新を繰り返し行い、人工リンクをはじめとした…

  2. コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴…

    現在のSEOはコンテンツSEOが主流です。Webページ内のキーワードの数や被リンク数よりコンテンツそ…

  3. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    ページの内容の全てまたは大部分が同じでURLだけが異なる重複コンテンツ。検索エンジンに重複コンテンツ…

  4. 検索エンジンに評価されるために。SEOライティングの2つのコツ_…

    オウンドメディアを運営している企業の担当者が頭を悩ませることも多いブログや記事の作成。検索エンジンに…

  5. 記事の質だけでは不十分?コンテンツマーケティングで見逃されがちな…

    Googleをはじめとした検索エンジンの進化にともない、現在のSEOは良質なコンテンツを配信すること…

  6. 「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という考え方

    Webマーケティングの集客手段としてSEOを活用するには、検索エンジンの仕組みについて正しく理解する…

  7. SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです

    SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです。この状況で競合するサイトに勝ち続けるには計画が最…

  8. 「ベニスアップデート」によって大きく変わったSEO

    「ユーザーに有益な情報を提供する」という理念にもとづいて、Googleは検索エンジンのアルゴリズム変…

PICKUP

PAGE TOP