menu

引用タグblockquoteに隠されたヒント

SEO

Googleは2011年から定期的に「パンダアップデート」というアルゴリズムの変更を行っています。これは独自性や専門性の低いコンテンツが検索上位に表示されることを防ぐための施策で、Googleの「ユーザーに評価される」情報を重視するという理念から打ち出されたものです。「パンダアップデート」の実施後はWebコンテンツのオリジナリティがこれまで以上に重視され、コピー記事を判別するためのロジックなども開発されてきました。そうしたなかSEOにおいても注目されつつあるのがblockquoteです。

blockquoteは、外部サイトの引用文を用いるときに使うためのタグです。現在のアルゴリズムではコピー記事がマイナス評価を招き、検索順位低下などのペナルティにつながる可能性もありますが、コピーをせずにblockquoteを使って引用していることを明確にすることで、そうしたリスクを避けることができます。

Googleは、blockquoteを使う際には引用元を示すと併せて使い、引用元が掲載されたページにリンクを貼ることが必要だと明言しています。これは著作権で規定された「出所の明示」を守るうえでも重要なポイントです。また、引用元へのリンクは一見ユーザーの離脱を招くようにも見えますが、関連性の高いページとリンクが張られることでユーザーの拡散が促されるなど、長期的なWebマーケティングの観点からは少なからずメリットがあります。

blockquoteを使う際に1点気をつけるべきポイントは、こうした背景やタグの特徴を正確に理解することです。SEOにおいてblockquoteを使う大きなメリットは「マイナス評価を防いでリスクを減らす」ことにあり、上記のような付随効果としてのユーザー拡散を除き、直接的な効果は期待できません。blockquoteを使って引用や出典を多用すれば、コンテンツ全体に占めるオリジナル部分のシェアを低下させることにもつながります。

また、blockquoteやそれが重要視される背景となった「パンダアップデート」の意図を正確に理解することは、Webマーケティング全般における重要なヒントになります。それは、端的に言えば「小手先が通用しない」ということ。過去には自動記事生成ツールなどによってコンテンツのボリュームを上げて検索上位を獲得するといった手法もありましたが、現在ではペナルティの対象となります。ユーザーにとってのバリューを考え抜きそれをコンテンツに落とし込んでいくことが、SEOに限らずWebマーケティングを成功させるための大切な条件です。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

KGIを因数分解することによって明確になるKPI設定

横浜 割烹 料亭 田中家|激戦の時代を生き抜いた歴史ある老舗料亭

関連記事

  1. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    「対策キーワードもしっかり絞り込んで、タイトルやディスクリプションにも反映させているのに、検索上位が…

  2. 意外と知られていない?検索順位の正しい確認方法

    SEOにおいては、Googleの「キーワードプランナー」などを使って事前に改善効果をシミュレーション…

  3. あえて施策を「打ち切る」SEOの改善アプローチ

    SEOでは、検索エンジンやユーザーの動向を理解したうえで、アルゴリズムの変化と、その裏側にあるトレン…

  4. 記事の質だけでは不十分?コンテンツマーケティングで見逃されがちな…

    Googleをはじめとした検索エンジンの進化にともない、現在のSEOは良質なコンテンツを配信すること…

  5. クリック率をアップさせるmeta description最適化の…

    ページの内容を要約するmeta descriptionは、タイトルタグと並んでSEOに欠かすことので…

  6. コンテンツSEOはどのように生まれたか?SEOと検索エンジンの歴…

    現在のSEOはコンテンツSEOが主流です。Webページ内のキーワードの数や被リンク数よりコンテンツそ…

  7. 軸&優先順位がキーとなる「対策キーワード選定」のポイント

    リスティング広告運用をはじめとするSEMと同様に、SEOにおいても的確なキーワードの選定が改善に向け…

  8. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    ページの内容の全てまたは大部分が同じでURLだけが異なる重複コンテンツ。検索エンジンに重複コンテンツ…

PICKUP

PAGE TOP