menu

多くの企業が取り入れているレスポンシブデザインのメリット&デメリット

リニューアル

スマートフォン市場が毎年2桁の成長を続け、ユーザーの過半数がスマートフォンを使ってインターネットにアクセスしていると言われるなか、企業のWebサイトのリニューアル要件にも入ってくることの多いのがレスポンシブ対応です。

レスポンシブ対応は、画面のサイズに合わせてWebページの表示を最適化させる施策です。レスポンシブ対応が施されたWebサイトのレイアウトはレスポンシブデザインと呼ばれ、Googleもレスポンシブデザインの採用を推奨しています。

レスポンシブデザインのメリットは運用の方法次第でコストを大きく抑制できること。デバイスの種類を問わず共通のHTMLとスタイルシート(CSS)を利用するため、メンテナンスやコンテンツを増やす際もPC向けのWebサイトとスマートフォン向けのWebサイトを別々に更新する必要はありません。

また、カラムやサムネイルの表示がスクリーンサイズによって自動的に調整されるため、小さなディスプレイでも的確な情報を提供することができます。さらに画像やコンテンツの表示が画面のサイズに依存しないので、将来的に新しいデバイスが登場した際にも速やかに対応することができます。

その反面、レスポンシブデザインには少なからずデメリットもあります。その1つはスマートフォンでの表示速度が低下する可能性が高いこと。レスポンシブデザインではディスプレイの大きさに合わせた画像の表示切り替えにスタイルシートが使われるため、スマートフォンでスタイルシートを読み込む際に時間がかかり、ページの表示が遅くなる傾向があります。

また、共通のソースでWebサイトを管理できる一方、もともとPC向けに作成されたレイアウトが崩れたりする可能性もあります。ECサイトなどでよく見られる文字情報を書き加えた画像の場合、スマートフォンでは文字がつぶれたり縮小されたりして読めなくなることがあるため、PCとスマートフォンの両方でユーザビリティを確保しようとすれば、おのずと画像に加える情報量は限られてきます。

そういった意味でレスポンシブデザインは汎用性の高い施策ではありますが、見方を変えれば折衷案でもあり、決して万能ではありません。ネットユーザーの主力がPCからスマートフォンにシフトするなか、自社のサービスや商品の特徴によってはスマートフォン専用のサイトを作り、その運用に注力していくのも有効な選択肢の1つと言えるかもしれません。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Bitbite|ユーザーの「咀嚼」を解析して食生活改善をサポート。 イヤホン型のウェアラブルデバイス

Pawtrack|気まぐれな猫の行動をGPSで追跡。 猫専用のWi-Fi対応・首輪型トラッカー

関連記事

  1. ユーザー行動に隠されたストーリーを顕在化させるユーザビリティテス…

    「Google アナリティクス」やユーザーの行動を可視化するヒートマップなどを用いた分析はWebサイ…

  2. Webサイトにおけるユーザーの視線の動きを知る(1)

    Webサイトの制作やリニューアルでは、ユーザーの動きを意識することが非常に大切です。どれだけ質の高い…

  3. ユーザーの行動をサーモグラフィのように可視化できるヒートマップ

    セッション数やコンバージョン数など、実際のユーザーの行動にもとづいた数値によって自社のWebサイトの…

  4. CV到達率によって方向性を見定める。「Google アナリティク…

    「Google アナリティクス」を用いた定量データによる現状把握・分析では、全体のセッション数をベー…

  5. 2つ一緒に考えるのは間違い‥?UI/UXそれぞれの違い・注意点に…

    UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)はWebサイトの制作・リニューアル…

  6. 行動心理学でCVRを向上させる。Web担当者が知っておきたい3つ…

    日々Webサイトの改善に取り組むなか、「狙い通りのCVRになかなか到達しない」、「商品の魅力が本当に…

  7. すべてのアクセスデータを見える化できる、Google アナリティ…

    Google アナリティクスの「行動フロー」という機能をご存知でしょうか? 「行動フロー」とは、We…

  8. あなたの会社のWebサイトは大丈夫? Webサイト改ざんのリスク…

    JPCERTコーディネーションセンターの調査によると、2015年に起きたWebサイト改ざんの被害は2…

PICKUP

PAGE TOP