menu

リニューアルによるアクセス数低下を防ぐための対応策

リニューアル

リニューアルの成否を分けるポイントは、事前の情報設計や準備段階にあるといっても過言ではありません。事業戦略やWebサイトに求められる役割をKGIに落とし込み、アクセス解析やユーザビリティテスト、ユーザーアンケートを通じて、自社のWebサイトが抱える課題とその原因を浮き彫りにさせることによってリニューアルの要件が明確になり、プロジェクトもスムーズに進みます。

ただし、KGI・KPIの設定や定量・定性データの分析を的確に行っても、リニューアルが一定の変化をもたらす以上、少なからずマイナス効果が生じる可能性もあります。とりわけ多くの企業のWebサイトのリニューアルで陥りやすいのが、リニューアル後にアクセス数が急激に低下するパターンです。

アクセス数が低下するケースの多くは、それまで一定のアクセス数を確保していたページのURLを安易に変更してしまうことによって起こります。Webサイトをリニューアルするにあたってそれまで不揃いだったURLを統一したり、コンテンツの内容に沿ってURLの記述を最適化しようとしたりする試みは間違いではありませんが、基本的にURLはむやみに変更しないのが得策です。

URLを変更してしまえば、旧URLに対して貼られていたリンクはすべて無効になり、外部サイトからの流入が大幅に減る可能性があります。また、GoogleやYahoo!をはじめとした検索エンジンのクローラーもページがなくなったと判断し、リニューアル以前のアクセスが無効になります。安易なURLの変更は、運用を通じて積み上げてきたWebサイトの成果をリセットしてしまう可能性を含んでいます。

やむを得ずURLを変更する場合は、旧URLから301リダイレクトを設定する必要があります。この場合注意しなければならないのは、原則すべての旧URLからそれに対応する新URLへ1対1でリダイレクトさせること。1対1でリダイレクトさせるためには相応の対応が必要になりますが、旧URLからトップページなどへリダイレクトさせてしまうとユーザービリティの面でも大きな混乱を招きます。

また、URLとあわせてタイトルタグを安易に変更しないことも重要なポイントです。タイトルタグは検索上位獲得を狙ううえで最も重要な要素の1つであり、安易に変更してしまうと検索順位が低下する原因になります。Webサイトのリニューアルでは改善点を探る一方で「変えない」ポイントを定めることも大切です。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

グッドミート★バル|ビストロやバル業態をより身近なものにしたい

再生回数230万回。参考にしたいブランディング動画Android「Monotune」

関連記事

  1. ディレクション費、デザイン費‥気になる料金の内訳とは?~Webサ…

    これまでWebサイトのリニューアルを経験したことがある方のなかには、「制作会社の見積もりは今ひとつ分…

  2. 誤解されやすい「ユーザビリティ」。正しく理解するためのポイント(…

    Webサイトのリニューアルでは、ユーザビリティの改善が目的の1つになることも多いのではないでしょうか…

  3. 絞り過ぎず、仮説を立てる。具体的な施策を決める「CSF設定」

    Webサイトをリニューアルする目的を具体的な数値に落とし込んでKGIを設定したら、次に取り組んでおき…

  4. Web担当者なら知っておきたい、今注目の3つのWebデザイントレ…

    Webデザインのトレンドは目まぐるしく移り変わるものですが、オウンドメディアなどの運営に携わるなら、…

  5. Webサイトの価値をキープするために、パートナー企業に委託したい…

    Webサイトはリリースしてからが本当の勝負になりますが、常にフレッシュな情報を発信してWebサイトの…

  6. すべてのアクセスデータを見える化できる、Google アナリティ…

    Google アナリティクスの「行動フロー」という機能をご存知でしょうか? 「行動フロー」とは、We…

  7. CV到達率によって方向性を見定める。「Google アナリティク…

    「Google アナリティクス」を用いた定量データによる現状把握・分析では、全体のセッション数をベー…

  8. ユーザーの行動をサーモグラフィのように可視化できるヒートマップ

    セッション数やコンバージョン数など、実際のユーザーの行動にもとづいた数値によって自社のWebサイトの…

PICKUP

PAGE TOP