menu

リニューアルに欠かせない現状把握&分析。具体的な3つのアプローチ

リニューアル

Webサイトのリニューアルを成功させるためには、「ゴールと指標」、「目的と手段」という要素をきちんと分けて考え、的確にKGI、KPI、CSFを設定する必要があります。ただし、それらを設けるにあたって、目的を強く意識するあまり、ユーザー側の視点がおざなりになってしまっては、狙い通りの成果を得ることが難しくなります。

また、スマートフォンやSNSが広く普及し、場所・時間を問わず無数のコンテンツが届けられるようになったいま、「売りたい」、「成功させたい」という姿勢が見え隠れするWebサイトは、多くのユーザーに避けられがちな傾向もあります。

そういった意味でもリニューアルの事前準備として、自社のWebサイトが実際にユーザーにどのような体験をもたらし、どんな影響を与えているのかという観点で、現状を把握・分析をするアプローチが必要になります。具体的な3つのアプローチをご紹介します。

・定量データの把握と分析(アクセス解析、ヒートマップ)

まず行っておきたいのが、「Google アナリティクス」をはじめとするアクセス解析ツールや、ユーザーのマウスの動きなどをビジュアライズした「ヒートマップ」による定量データの把握と分析です。ユーザーの行動にもとづいた定量データを得ることによって、自社サイトのどこに課題があるのかを洗い出すことができます。

これらの把握・分析にあたっては、数値に振り回されないためにも、事前に仮説や分析の目的を持っておくことが大切です。

・定性データの把握と分析(ユーザービリティテスト)

アクセス解析やヒートマップによって得られる定量データは、自社のWebサイトのどこに課題があるのかを洗い出すのには向いていますが、その理由や背景まで特定することはできません。ユーザーの行動のきっかけとなる「Why?」を特定するためには、検索行動やページの閲覧をモニタリングするユーザビリティテストが最適です。

ユーザビリティテストは数人程度のモニターに参加してもらい、自社サイトに加えて、検索エンジンや競合サイトも対象として行うのが一般的です。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Smart Mat|高感度センサーでユーザーの個性にあわせたアドバイスを提供。 “ヨガ専用”のスマートガジェット

Magic Band|奇跡を起こす!?

関連記事

  1. 位置が変われば再生率は2倍以上。Wista社のリサーチに見るWe…

    ますます身近なものになりつつある動画コンテンツ。最近では再生回数や視聴時間に加えて、「好感度」や「印…

  2. すべてのアクセスデータを見える化できる、Google アナリティ…

    Google アナリティクスの「行動フロー」という機能をご存知でしょうか? 「行動フロー」とは、We…

  3. 消費者の意見=ニーズではない?ユーザーアンケートの注意点

    Webサイトの課題の背景・理由を洗い出す定性データの把握・分析において、ユーザービリティテストと並ん…

  4. 誤解されやすい「ユーザビリティ」。正しく理解するためのポイント(…

    Webサイトの制作・リニューアルにおいて、UIやUXと並んで重要なのがユーザビリティです。ユーザビリ…

  5. Webサイトのリニューアルのメリット&デメリット

    Webサイトは企業と消費者を結ぶビジネスには欠かすことのできない要素です。コンテンツの品質を向上させ…

  6. Webサイトの価値をキープするために、パートナー企業に委託したい…

    Webサイトはリリースしてからが本当の勝負になりますが、常にフレッシュな情報を発信してWebサイトの…

  7. ストーリー・背景を含めて「リニューアルする目的」を整理する

    購買行動の変化や事業戦略の変更など、さまざまな要因によって必要になってくるWebサイトのリニューアル…

  8. Webサイトとあわせて注目したい、制作会社選びの意外なポイント

    制作会社選びで失敗しないためには、制作会社自身のWebサイトとあわせて、制作会社からの連絡手段や対応…

PICKUP

PAGE TOP