menu

リニューアルの意味・目的を数字に落とし込む「KGI設定」

リニューアル

Webサイトをリニューアルするにあたってデッドラインの設定とあわせて必須となるのが、KGI(Key Goal Indicator=重要目標達成指標)の設定です。KGIは、「売り上げを拡大したい」、「ブランドの認知度をアップさせたい」といったリニューアルの目的を具体的に数値化したものです。例えば、ECサイトなら、「売上○○円突破」、「利益率○○%アップ」などがKGIに該当します。

KGIはWebサイトをリニューアルする意味そのものともいえ、KGIがなければリニューアルの成果を判断・評価することもできません。最初にKGIを設定することなく無難にデザインやコンテンツを変更したWebサイトは、リニューアル自体が目的化してしまったWebサイトであり、マーケティング予算を圧迫する無用の長物以外の何物でもありません。

また、トレンドや競合他社の動向など、さまざまな外的要因に左右されることの多いWebサイトの運営において、KGIは全体の方向性を決める重要な柱です。さらに、明確に設定されたKGIはリニューアル・その後の運用問わずWebサイトに関わる多くのメンバーのモチベーションにもなります。

KGIを設定する場合は、必ずしも1つに絞る必要性はありません。商況やWebサイトに求められる役割に応じて、「売上○○円達成」&「問い合わせ件数○○%増加」というように、複数のKGIを設定するのも1つの方法です。ただし、その場合はそれぞれKGIに優先順位をつけておくことが大切です。

売上拡大をプライオリティとするなら、幅広いターゲット層の獲得へ向けたコンテンツの改善や、顧客単価アップに向けてWebサイト内の回遊性を向上させるナビゲーション改善などが必要になります。ブランドの認知度を上げ、問い合わせ件数を増やすことを優先するなら、ユーザーがより気軽に利用できるフォームの改善や、問い合わせボタンの位置変更なども視野に入ってきます。

制作サイドにとってもKGIの優先順位は要件定義やリソース配分のうえできわめて重要であり、明確に優先順位をつけられるかどうかでプロジェクトの進行が左右されると言っても過言ではありません。

また、KGIの設定にあたっては、CSF(Critical Success Factor=重要成功要因)と混同しないように気をつける必要があります。リニューアルの意味・目的そのものを示すKGIに対して、CSFはそれを達成するための要素です。例えばKGIが「売上○○円達成」なら、それを実現するための「アクセス数増加」、「購買率向上」がCSFに該当します。目的と手段・要因を明確に区別して考えることはWebマーケティング全般における重要なポイントでもあります。

リニューアルに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ECサイトを安全かつ継続的に運用するための「守り」の施策

導入事例 自動車分野 その2

関連記事

  1. Webサイトの価値をキープするために、パートナー企業に委託したい…

    Webサイトはリリースしてからが本当の勝負になりますが、常にフレッシュな情報を発信してWebサイトの…

  2. リニューアルに欠かせない現状把握&分析。具体的な3つのアプローチ…

    Webサイトのリニューアルを成功させるためには、「ゴールと指標」、「目的と手段」という要素をきちんと…

  3. Webサイトをリニューアルする前に要チェック。CRO(コンバージ…

    オウンドメディアやECサイトを運営する企業では、LPO(ランディングページ最適化)に重点を置いて運用…

  4. Webサイトのリニューアルのメリット&デメリット

    Webサイトは企業と消費者を結ぶビジネスには欠かすことのできない要素です。コンテンツの品質を向上させ…

  5. メルマガ配信システムを導入するなら欠かせない、3つのチェックポイ…

    Webサイトのリニューアル・公開にともなうユーザーへの周知・共有方法として、今なお高い効果を発揮する…

  6. ゴールはあくまでKGI。KPI設定において見落としがちなポイント…

    事前の情報設計が成功へのキーポイントとなるWebサイトのリニューアル。とりわけKGI、KPI、CSF…

  7. CV到達率によって方向性を見定める。「Google アナリティク…

    「Google アナリティクス」を用いた定量データによる現状把握・分析では、全体のセッション数をベー…

  8. 2つ一緒に考えるのは間違い‥?UI/UXそれぞれの違い・注意点に…

    UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)はWebサイトの制作・リニューアル…

PICKUP

PAGE TOP