menu

最小限のリスクで販売体制を整える、Web卸仕入れサービスの活用

EC

価格設定や販売戦略と並んで、商品の仕入れもECサイトの運営において大きなウェイトを占める要素です。商品の製造・制作から販売まで自社で一貫して手掛けられる場合を除き、最適な仕入れ先と取引関係を結び、信頼を築きあげていくことは、ユーザーから支持され長期間にわたって継続していくブランドをカタチ作るうえでも欠かせません。

一般的な商品の仕入れ先としては商社やメーカーが考えられますが、これからネットビジネスを始める企業の場合は、まずは「アリババ」や「楽天B2B」といったWeb上で展開されている卸仕入れのサービスを利用するのが、リスクを抑える意味でも妥当な選択といえるかもしれません。

Web上の卸仕入れサービスを提供している企業は、自社でもB to CのECサイトを運営しているケースが多く、ネットユーザーの動向やトレンドを押さえたうえで幅広い商材のラインナップを揃えています。「楽天B2B」の場合、食品・ドリンクやキッチン用品といった日用品から、アパレル各種、車用品など、トータルで45万点以上のアイテムから自社の戦略にあわせて商品を選ぶことができます。

また、こうした卸仕入れサイトの商材には販促ツールとして商品情報のデータや画像などがパッケージングされている場合も多く、仕入れ後、それらを使って商品ページを作成することでより速やかに販売体制を整えることができるのもメリットも1つです。

さらに、多くのWeb上の卸売りサービスでは商品を1点からでも仕入れることが可能。ロットや取引額に制約がある場合の多い一般のメーカーや商社との取引に比べて、より少ないリスクで商品を仕入れることができます。こうしたサービスを利用して最初のうちは小ロット多品種の商材を取りそろえ、口コミや売れ行きを見ながら徐々にラインナップを固めていくのも1つの方法です。

1点気をつける必要があるのは、Web上の卸売りサービスで仕入れられる商品はオリジナリティが薄いということ。多くのネットユーザーに受け入れられる商品を扱っているということは、それを利用するライバル他社も多いということで、同じ商品で競合すれば価格競争に陥る可能性が高くなります。商品を選ぶ場合は、自社のECサイトのコンセプトと照らし合わせながら慎重に選びましょう。

また、バイヤー登録するための審査がなかったり、条件があまりにも簡単だったりする場合も、同様の理由で価格競争に陥るリスクが高くなるため注意を払う必要があります。

ECサイトに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Webページの「顔」となるタイトルタグの決め方

ディスプレイ広告の効果UP&リスクを抑える「ターゲティング機能」

関連記事

  1. 文章力ではなく情報整理がキーとなるキャッチコピー作成

    キャッチコピーはECサイトにとって時には商材以上に意味をもつ非常に重要な要素です。サービスや商品に興…

  2. ブランディングにも大きな影響を与える商品画像。撮影の事前準備のポ…

    商品画像はキャッチコピーと並んでECサイトの売上を大きく左右する要素です。販売店舗とは異なり、ECサ…

  3. 商品画像に変化を与える、身近なアイテムを利用した撮影テクニック

    ECサイトの商品画像は、商品ページを訪れたユーザーの購買を大きく左右する非常に大切な要素です。商品画…

  4. ECサイトで差別化を図るなら取り入れたい、海外のWebデザイント…

    ECサイトでは、1枚の写真によってCVR(購買率)などの数字が大きく変わってくることも珍しくありませ…

  5. 「検索型」と「SNS型」。商品ページのヒントになるユーザーの2つ…

    長期的に収益をあげるECサイトを作り上げるためには、ネットショップならではのニッチなコンセプト設計と…

  6. 「越境EC」を始めるなら知っておきたい、世界一のEC大国・中国の…

    世界中のネットユーザーを相手に直接商品やサービスを販売することができる越境EC。特に販路拡大を狙う国…

  7. やっとたどり着いたら売り切れ‥。ECサイトにおける縦長ランディン…

    多くのECサイトで見られる縦長のランディングページは情報量の多さゆえに購買行動を妨げ、運用面でもデメ…

  8. “安さ”を除外して考える。ECサイトのコンセプト設計のヒント

    ECモールへの出店と自社でのECサイト構築―。ネットビジネスを始めるには2つの選択師がありますが、い…

PICKUP

PAGE TOP