menu

集客力プラスアルファのメリットをもたらす大手ECモールへの出店

EC

B to Cのネットビジネスを始めるにあたって選択肢の1つとなるのが、楽天やAmazonをはじめとしたECモールへの出店です。2013年にはYahoo!ショッピングが初期費用や決済手数料、売上ロイヤリティを無料にするサービスを開始し、近年では決済手数料が無料の中小ECモールも次々に登場してきました。

ECモールへの出店は、いわば多くの買い物客で賑わう人気スポットやアクセス条件のいい繁華街にテナントを借りるのと同じこと。大規模なトラフィックを背景とした強い集客力が出店の最大のメリットとなるのは間違いありませんが、楽天やAmazonといった大手の場合、それに加えてさらにいくつかのメリットがあります。

まず、比較的少ない初期費用でショッピングカート、メール配信といったECサイトに最低限必要な機能を利用できること。楽天の場合、オプションにもよりますが、月額約2万円でアカウントを取得し、こうした機能がパッケージングされたプランを利用することができます。

アップできる商品点数や機能上の制限もあり、他社と差別化を図ることは難しいものの、ゼロベースでECサイトを構築する場合の打ち合わせ時間やリリースするまでの管理コストを含めてトータルに考えれば、むしろ費用対効果の高い選択といえるかもしれません。

また、ECモールに出店すれば、おのずとそのトップページやカテゴリーページを訪れる機会も増えることになります。Amazonや楽天市場の各階層には、検索窓のサジェスト機能や、購入・閲覧履歴に沿ったリマーケティングコンテンツ、広告化されたテキストなど、ユーザービリティと収益性を両立させるためのさまざまな仕組みが導入されています。

実際に「売る」、「人を集める」という視点をもって、そうした大手ECサイトの仕組みや機能を知ることは、自社でのECサイト構築やWebマーケティング全般に大きなメリットをもたらします。また、サイトを訪れた際にライバル他社の店舗にアクセスし、UIやコンテンツ、商品展開などを参考にしながら、自社のページを改善していけるのも出店者ならではの強みです。

さらに、楽天やYahoo!ショッピングでは、出店者に向けて成功事例やメソッドを紹介するセミナーをたびたび開催しています。それらに参加することでWebマーケティング全般において必要になるリテラシーを身につけ、トレンドへの理解を深めることもできます。

ECサイトに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

管理コストにも影響するURL作成のポイント

BIODYNAMIE|創業100年の製麺所から毎日直送の熟成生パスタ

関連記事

  1. クーポン訴求がカゴ落ちを招く?決済ステップを完結させるための2つ…

    取り扱う商材やショップの規模を問わず、ECサイトを運営していくうえでは避けて通ることができないのが、…

  2. 2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないE…

    新商品の紹介やプロモーション、CSR、プレスリリースなど、企業活動のさまざまな局面で利用されるWeb…

  3. ECサイトが参考にしたい、有力企業のバズマーケティング

    バズマーケティングとは、FacebookやInstagramといったSNSの口コミを利用してブランド…

  4. いち早く消費者との接点を持ち、改善ポイントを顕在化させる「2ステ…

    ECサイトは商品を仕入れ、販売体制を整えただけでは完成とはいえません。自社の戦略と照らし合わせて最適…

  5. ECにおける世界最大のイベント、数字で見る2016年「独身の日」…

    EC業界における世界最大のイベントである11月11日の独身の日。2009年に中国最大手のネット企業グ…

  6. キレイなだけでは売れないどころか逆効果も‥。ECサイトの商品画像…

    あるリサーチ結果によれば、Webサイトの画像は文字より約6万倍速く情報を伝達するとされています。EC…

  7. 今さら聞けない、ECサイトのオムニチャネル戦略とは?

    オムニチャネル戦略とはオムニとはラテン語で「すべて」という意味。ECサイトや販売店舗、オウンドメ…

  8. 売り場からメディアへの転換。有名企業も導入するECサイトのコンテ…

    近年のWebマーケティングにおける大きなトレンドが「コンテンツマーケティング」です。Webサイトのコ…

PICKUP

PAGE TOP