menu

2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないECサイト運営

EC

新商品の紹介やプロモーション、CSR、プレスリリースなど、企業活動のさまざまな局面で利用されるWebサイト。なかでも自社の商品・サービスをユーザーに直接届けることができるECサイトは、販売だけでなく、新規顧客の予約獲得や資料請求など、自社のビジネスとユーザーの接点として多くの企業が活用しています。

野村総研の予測によれば、2016年の日本国内のB to CのECマーケット規模は約15.2兆円。今後も成長を続けて2019年には20兆円を突破し、東京オリンピック翌年の2021年には、2014年時点の約2倍となる25.6兆円に達すると見込まれています。

さらにAmazonや楽天などの大手ECモールだけでも国内の通販市場の約4割を占めているというデータもあり、スマートフォンが急速に普及し、多くのユーザーが場所・時間に左右されることなくECサイトを利用するなか、成果をあげるECサイトを運営することは、ビジネスの成功において欠かすことのできない大切な要素です。

通常、ECサイトを立ち上げるためには、Amazonや楽天、Yahoo!などが提供するECモールに出店する方法と、自社でECサイトを構築する方法の2種類があります。もちろん必ずしも二者択一ではなく、実際ネット通販で成功を収めている企業は、Amazonや楽天に出店しながら、その一方で自社ドメインによるECサイトも運営し、それぞれの特徴を活かしてトータルの収益に結びつけているケースが一般的です。

大手ECモールに出店する大きなメリットの1つは、モール自体が持つ強力な集客力の恩恵を受けられること。楽天の場合、月間のPV数は約33億回にのぼり、ログインユーザーは累計8000万人以上。高い購買意欲を持ったユーザーから、空いた時間にウィンドウショッピング的な使い方をする人まで、年齢・性別を問わず世界中から多くの消費者が訪れます。

期間限定のセールなどではモール全体の取引額が1日数十億円~100億円を記録することも珍しくなく、自社ブランドの認知度を向上させ、短期間で売上をあげるためには、まず大手ECモールに出店するのが近道といえるかもしれません。

一方で、自社でECサイトを運営することのメリットは、機能やフォーマットの制約を受けることなく自由なマーケティング施策やブランディング施策ができること。さらに、大手モールのようにシステム利用料や手数料がかからないため、一度軌道に乗せられれば、継続的に利益が確保しやすいのも特徴です。

ECサイトに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

動画広告の代名詞「True View インストリーム広告」のポイント

管理コストにも影響するURL作成のポイント

関連記事

  1. ECサイトにおける独自ドメインのメリット。ドメイン評価1位を獲得…

    URLはWebサイトの完成度を高めるうえで大切な要素です。コンテンツの内容に合った適切なURLは検索…

  2. 「検索型」と「SNS型」。商品ページのヒントになるユーザーの2つ…

    長期的に収益をあげるECサイトを作り上げるためには、ネットショップならではのニッチなコンセプト設計と…

  3. フロントエンドとバックエンドの役割を明確に。2ステップマーケティ…

    自社サイトを訪れたユーザーといち早く接点を持つことが、収益をあげるECサイトを作るための第一歩です。…

  4. ECサイトで差別化を図るなら取り入れたい、海外のWebデザイント…

    ECサイトでは、1枚の写真によってCVR(購買率)などの数字が大きく変わってくることも珍しくありませ…

  5. 市場が急成長する一方、やはり海外販売は一筋縄ではいかない?「越境…

    2018年には約36兆円に達する見込みの越境ECのマーケット。日本国内の人口が減り続けるなか、これま…

  6. コンバージョン率を上げるために欠かせない、ECサイトにおけるEF…

    せっかく購入ステップまで進んだユーザーが直前で購入を取りやめ離脱してしまう「カゴ落ち」。カゴ落ちは入…

  7. 「越境EC」を始めるなら知っておきたい、世界一のEC大国・中国の…

    世界中のネットユーザーを相手に直接商品やサービスを販売することができる越境EC。特に販路拡大を狙う国…

  8. ブランディングにも大きな影響を与える商品画像。撮影の事前準備のポ…

    商品画像はキャッチコピーと並んでECサイトの売上を大きく左右する要素です。販売店舗とは異なり、ECサ…

PICKUP

PAGE TOP