menu

ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?

TIPS

ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?継続して成功しているWEB担当者さん達がコンテンツを作る時に考えている基本的なことをご紹介しようと思います。

コンテンツを作らない人ほどネタがないと言う
高い更新を維持できているWEB担当者さん達もネタには困っています。でもネタがないというのは、ビビっとくるネタに困るということであって、コンテンツにするネタがないとは違います。

正しく表現すると「ネタがない」というのは嘘です。毎日の生活の中にネタは転がっていますが、いざ書くとなったとき文章が出てこないのは、文章を生み出すスキルがないということ。それをネタがないと「言い訳」をして自分を守っているだけなのです。

書く時間と集中力を確保できれば、記事はいくらでも書けます。簡単に記事を書く方法として視点を自分なりに整理するとより書きやすくなります。これがブログの機能でいうカテゴリです。

自分が体験したこと、おもしろいと思ったことを記事にする
あなたが体験したことや、なにかに困って解決したことをプロセスにそって記事にまとめることで、同じように困っている人を助ける記事を作ることが出来たなら、その読者はリピーターになります。

ポイントはあなた自身が体験したことを正確に書くことです。あなたも色んなサイトを調べて、役に立ったサイトがあるでしょう。しかし、その通りにやっただけではなく、自分なりに工夫が必要だったはずです。

分かりにくいことなども自分なりに理解する必要があったと思います。それらの事を細かく記事にすることで、より役に立つ質の高い記事として評価されるはずです。

文書だけでなく、画像があるとより分かりやすいですね。あなたの経験をあなたの言葉で、そしてオリジナルな画像で記事にすることは魅力いっぱいです。

よく見かける記事で、「どこどこに行ってきました!」という内容を投稿している方がいますが、他人の単なる感想文には誰も興味がありません。

あなたが体験した出来事を客観的、そして刺激的に紹介すべきです。それを見た人が「私も行きたい」と共感する記事を書くべきなのです。すでに同じような記事を書いている人がいても気にしなくてもいいのです。ただし、自分の言葉で表現することが大切です。

感じ方は人それぞれ違います。同じところに行っても視点が違うし、思うところも違うでしょう。他人の感想文には興味はないが、他人がどう感じたかということは知りたい。この矛盾は、あなたの作る気持ちの入った記事が解決してくれるでしょう。

まとめ

最も簡単な記事の作り方の代表に、なにかテーマを決めて比較やメリット・デメリットで記事を作る方法がありますが、ほとんどの比較サイトは「脱糞」みたいなものです。

そこにユニークさのカケラもありません。独創的で共感を得るコンテンツを作るにはテクニックと経験、そして情熱が必要です。サイトには管理者の熱量と比例する温度感があります。

熱量の感じるサイトは得てしてユーザー目線の細かな配慮が施されています。だから「ネタがない」なんて言っているうちは本気じゃないと私は判断するのです。

いっそのこと「言い訳」をコンテンツにしてみてはいかがでしょうか?

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

「ホームページに集客したいんです!」

SEO対策ほど変化の激しい業種はめずらしいものです

関連記事

  1. ホームページリニューアル前に知って欲しい、クライアントが持つべき…

    ホームページリニューアルを検討している企業では「制作会社選びに失敗した!」と、新たな外注先を模索して…

  2. 【Web担当者必見】ホームページリニューアルまでに取っておきたい…

    「成約率が上がらない」「商品やサービスの認知度向上がいまいち」などの理由から、ホームページをリニュー…

  3. WordPressにおいてベストなパーマリンクとは?

    あなたのWordPressサイトがどのようなジャンルであれ、「パーマリンク」はSEO的にとても重要で…

  4. そんなプライドいります?

    SEO対策というと、なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、シンプルに考えると難しいものではなく「…

  5. 疑問解消!!ホームページリニューアルにまつわる7つのQ&…

    ホームページリニューアルは通常のホームページ制作と異なる点が多いので、「○○ってどうなるんだろう?」…

  6. 6つの注意点で成功させる、中小企業のホームページリニューアル

    ホームページリニューアルで成約率やお問い合わせ数向上に繋がれば、企業にとってこれほど嬉しいことはあり…

  7. 販促支援の大きな柱!?コンテンツマーケティングのはじめ方

    現代では、パソコンを中心に考えるマーケティングに加えて、スマートフォンやタブレットといったモバイル利…

  8. WEB高速化(導入しやすい順)

    WEBサイトを閲覧するとき「もたつき」があると、がっかりしませんか?なにか情報を探しているときは、す…

PICKUP

PAGE TOP