menu

動画広告の代名詞「True View インストリーム広告」のポイント

広告

ソーシャルメディアで拡散されることによって予想以上の効果をもたらすこともある動画広告。「インストリーム型」、「インディスプレイ型」という2つのタイプの特徴を理解し、効果的に活用することはWebマーケティングにおける集客手段として欠かせないアプローチの1つと言えるかもしれません。

なかでも最大の視聴者数を誇り、動画広告の代名詞的存在とも言えるのがYouTubeの「True View インストリーム広告」です。業種・規模を問わず、世界中の多くの企業がプロモーション戦略の一環として利用し、たびたびマスメディアで取り上げるなど大きな注目を浴びています。そんな「True View インストリーム広告」を利用するにあたって具体的なポイントをご紹介します。

まず大切なのが動画の冒頭5秒間です。「True View インストリーム広告」は一般ユーザーが投稿した動画コンテンツに挿入される広告という性質上、再生開始から5秒が経過すると広告をスキップできる機能が設けられています。商品やサービスのメリットを伝えユーザーのアクションを導くためには、最初の5秒間にユーザーを引きつける内容を盛り込み、スキップさせない工夫をすることが必要です。

そのため、映画やゲームなどエンターテインメント分野の海外企業では、動画に作品中のキャラクターを登場させ、その声で「Don’t skip it」(スキップしないで)と呼びかける手法などがよく用いられています。また、アメリカの自動車大手Fordはこのスキップ機能を逆手にとった広告で話題を呼びました。広告は運転中のシートベルト着用を訴える内容で、シートベルトを締めるシーンだけの5秒に満たない動画を公開することで、「シートベルトは簡単に締められる」というメッセージを効果的に伝えています。

加えて、「True View インストリーム広告」の特徴として再生開始から30秒が経過すると課金される料金システムが挙げられます。30秒経たなければ課金されないため、動画の構成を工夫して30秒に達する前にコンバージョンの可能性が低いユーザーを離脱させることができれば、費用対効果を上げることができます。

例えば、動画の前半はキャッチーな要素を盛り込んで幅広いターゲットにアピールし、中盤でやや具体的な内容を訴求してターゲットを絞り込み、後半部分は期間限定の特典情報などにフォーカスすることで購買の意思が低いターゲットを除外する、といった構成も効果的かもしれません。

Web広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

「クローラビリティ」を向上させるアプローチ

2021年のマーケットは25兆円超。ビジネスの成功に欠かせないECサイト運営

関連記事

  1. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(後編)

    Googleは2012年1月~2014年2月にかけて16か国・11業種にわたるYouTubeのTru…

  2. Facebookダイナミック広告を効果的に利用するための3つのス…

    2015年のリリース以来、費用対効果の高さから利用する企業が増え続けているFacebookダイナミッ…

  3. Facebook広告制作の3つの鉄則

    Facebook広告の効果を高めるためには、ターゲティング設定とあわせてクリエイティブも大切になって…

  4. リード獲得広告とカルーセル広告。Facebook広告の2つの使い…

    Facebookのアカウントを持っていれば誰でも利用できるFacebook。広告の自動生成機能によっ…

  5. 動画広告以上の滞在時間を記録。Facebookの新しい広告サービ…

    通常のディスプレイ広告や動画広告と比べても費用対効果が高いと言われ、取り入れる企業も増え始めているF…

  6. ブランドの認知度アップに向けて使いたい「純広告」

    Web広告で狙い通りの成果をあげるためには、自社のサービス・商品が持つブランド力とそれに対するユーザ…

  7. 審査落ちを繰り返さないために。「Yahoo! コンテンツディスカ…

    クリック単価9円で利用を開始でき、広告に嫌悪感を抱くユーザーに対しても訴求できる「Yahoo! コン…

  8. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

    ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業…

PICKUP

PAGE TOP