menu

顕在ターゲット層を取り込む「リマーケティング広告」

広告

Web広告で成果をあげるためには、自社のサービス・商品に高い関心があり、Webサイトを訪問したものの何らかの理由で離脱した顕在ターゲット層へのアプローチも欠かせません。

通常、企業のWebサイトのCVR(購買率)は高くても10%ほど。実際の販売店舗で買い物をする消費者が値段や品揃えをチェックしながら複数の店舗を回るように、Web上でも90%強のユーザーは1回の訪問では購買に至ることなくページを離れます。そうしたユーザーを再度引き寄せ、顧客として取り込むために有効なのがリ「リマーケティング広告」です。

リマーケティング広告は「Google Adwords」のキャンペーン管理画面からリマーケティングの設定をすることによって利用することができ、利用にあたって以下2つの設定が必要になります。

・リマーケティングタグ
「リマーケティングタグ」をWebページのソースに組み込むことによって、ページを訪問したターゲットにCookieを与え、その閲覧履歴をフォローできるようになります。その際欠かせないのは全てのページのソースにタグを埋め込むことと、Cookieの有効期限を設定することです。

購買機能が付いていないページを含め、全てのページにタグを設置することで特定のページを訪れたターゲットに対して広告を表示することができ、Cookieの有効期限を設定することでWebサイト訪問を始点としてアプローチする期間を決めることができるようになります。

Cookieの有効期限は、日用品など低価格の商品を扱っているなら3日~5日、エステや各種スクールのように比較的高額なサービスなら1週間~2週間など、自社の商品・サービスとそれに興味・関心を持つターゲットが購買に至るまでの検討期間を照らし合わせながら決めるのが効果的です。

・リマーケティングリスト
リマーケティングタグを持っているターゲットをグループ分けしたのが「リマーケティングリスト」です。「Google Adwords」では購買済みのユーザーからCVリストを作成することができ、そのCVリストと、訪問ページによって分類したリマーケティングリストを照らし合わせることによって、購買に至らなかったターゲットを顕在化させることができます。

このリマーケティングリストと、リマーケティングタグによって得られた情報を組み合わせれば、例えば、購入ページから離脱後1週間未満のターゲットに限定して広告を表示させたりすることもできますし、購入ステップの最後のページで離脱したターゲットの数などが明確になることで、EFO(入力フォーム改善)を図ることもできます。

Web広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

コントラストやトーン&マナーを工夫してさらに効果を高める、バナー作成のコツ

「売らない」ページが評価に結びつくコンテンツSEO

関連記事

  1. Facebookダイナミック広告を効果的に利用するための3つのス…

    2015年のリリース以来、費用対効果の高さから利用する企業が増え続けているFacebookダイナミッ…

  2. リマーケティング広告の精度を高めるアプローチ

    顕在ターゲット層はWebサイトへのアクセスなど能動的なアクションを取っている分、コンバージョンに近い…

  3. リターゲティング広告におけるフリークエンシーキャップ活用法

    見込み顧客の囲い込みやリピーター獲得を目的として、GoogleやFacebookのリターゲティング広…

  4. 癒し系のBGMは離脱を招く? 動画広告の勝ちパターン(前編)

    2016年時点で日本国内における動画広告市場は約850億円。多くの企業がWebサイトへの誘導やブラン…

  5. 掲載枠の幅を広げ、広告効果を最適化する「DSP」

    ディスプレイ広告を利用するにあたり、選択肢の1つとして知っておきたいのが、広告枠の購入や入札を自動で…

  6. コンテンツは自由自在&SNSでプラスαの効果も期待できる動画広告…

    「Yahoo!ブランドパネル」をはじめとした純広告と並び、自社のサービス・商品に関心の薄い低関心ター…

  7. YAMAHAの動画プロモーションに学ぶ動画活用のヒント

    アノテーションやターゲティング設定といったオプション機能の特性を活かすことによって「True Vie…

  8. これからFacebook広告を始める方も必見。Facebook広…

    数あるWeb広告のなかでもとりわけ費用対効果が高いと言われているFacebook広告。ただリスティン…

PICKUP

PAGE TOP