menu

ターゲティング設定と同様の効果が狙えるアフィリエイト広告の活用法

広告

アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)と提供する広告配信サービスを利用して、アフィリエイターが運営するブログなどに広告を掲載できるアフィリエイト広告。リスティング広告やバナー広告とならんでWeb広告のなかでは比較的長い歴史があり、ナショナルブランドから中小企業までさまざまな企業に利用されています。

アフィリエイト広告の最大の特徴は、ユーザーがアフィリエイターのブログなどから自社サイトに遷移し、商品を購入したりサービスを利用したりすることで初めて広告費が発生する成果報酬型の料金システムです。広告掲載自体には費用がかからず、コンバージョン単価(CPA)も広告主側でコントロールできるため、費用対効果が高くなるのがメリットと言われていますが、この課金システムの特徴を利用して、潜在ターゲット層の興味・関心を高めるアプローチとしても活用することができます。

多くのASPではサービスの利用設定によって掲載するWebサイトのジャンル・カテゴリを指定することができるうえ、実際に広告主側でWebサイトの内容を確認してから提携して広告配信することも可能。アフィリエイト広告は掲載そのものやユーザーのクリックに対してはまったく費用がかからないため、このサービス利用設定を上手く利用して自社のサービス・商品に関連性の高いWebサイトに出稿することによって、広告費用を一切かけることなくGoogleのトピックターゲティングやキーワードターゲティングと同じような効果を得ることもできるのです。

また、アフィリエイト広告はWeb広告のなかでも比較的古く、ユーザーの認知度も高いため、スマートフォン広告やコンテンツと並列して挿入されるタイプのディスプレイ広告などと比べれば、ユーザーに嫌悪感を抱かれにくいのも特徴かもしれません。掲載先となるWebサイトを確認し、コンテンツの内容と自社のサービス・商品の特徴をきちんと照らし合わせることで、潜在ユーザー層に向けた有効なオプションとなる可能性を秘めています。

アフェリエイト広告を利用するうえで1点気をつけておきたいのがCPAの設定です。潜在ユーザー層の興味・関心を高める目的で利用しても購入に至ればもちろん費用が掛かるため、獲得1件あたり対して許容できる広告費を考え、費用対効果がマイナスにならないよう工夫する必要があります。

Web広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

あえて施策を「打ち切る」SEOの改善アプローチ

LPやデバイスシェアからリニューアル要件を検討。「Google アナリティクス」活用法(2)

関連記事

  1. 企業のポジションとPRの方向性を明確にする「競争地位理論」

    動画やSNSの普及にともない現在では数十種類の広告サービスが展開され、利用する側の使い方次第で成果が…

  2. 顧客ターゲット層向けのメール広告のメリット&活用法

    自社のサービス・商品に対して購買経験がある顧客ターゲット層へのアプローチも、Webマーケティングの集…

  3. Instagram広告にマッチする商材とは?効果的な運用&クリエ…

    Facebookに次いで世界第2位となる約4億人のユーザー数を誇り、日本国内の若年層のネットユーザー…

  4. YAMAHAの動画プロモーションに学ぶ動画活用のヒント

    アノテーションやターゲティング設定といったオプション機能の特性を活かすことによって「True Vie…

  5. 3種類のインストリーム広告。それぞれの特徴を解説

    動画広告のなかでも最も多く利用されているのが、動画本編に広告を挿入するインストリーム広告です。サイバ…

  6. 「True View」でさらなる成果アップを目指すオプション機能…

    動画広告の代名詞とも言える「True View インストリーム広告」。効果的に利用するには、冒頭の5…

  7. コンバージョン=売上は間違い。Web広告の運用で見落としがちなポ…

    Web広告を運用していると、「コンバージョン数の目標はクリアしているのに、なぜか売上目標に達しない」…

  8. ディスプレイ広告の効果UP&リスクを抑える「ターゲティング機能」…

    低関心ターゲット層へのアプローチとして効果的な純広告や動画広告に対し、自社のサービス・商品を知っては…

PICKUP

PAGE TOP