menu

動画広告の2つのタイプと使い分け

広告

アイデアと工夫を活かしたコンテンツ配信で、自社のサービスや商品に関心の薄い低関心ターゲット層を含めた幅広い層にリーチできる動画広告。これまでのテレビCMに近い多彩な表現方法と、Web広告ならではの詳細な効果検証ができるメリットを併せ持ち、VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)といった先端技術を取り入れた動画広告で大きな成果をあげている企業も少なくありません。

そんな動画広告を実際に使うにあたって押さえておきたいのが、2つの広告タイプとそれぞれの特徴です。Youtubeをはじめとする動画プラットフォームで利用できる動画広告は、大まかに「インストリーム型」と「インディスプレイ型」の2つに分けられます。費用を含めたそれぞれの特徴を理解することは動画広告を効果的に活用するうえで欠かすことのできない大切なポイントです。

・インストリーム広告
Youtubeなどで公開されている動画コンテンツの冒頭や途中の部分に挿入される動画広告です。ユーザーが一定時間視聴すると課金される料金システムが一般的で、代表的なYoutubeの「True View インストリーム広告」では、ユーザーが視聴を開始してから30秒経過すると広告費が発生します。30秒に満たない動画の場合はユーザーが最後まで視聴した場合のみ課金されます。

インストリーム広告は動画コンテンツ本編に挿入されるため、再生後の数秒間(Youtubeの場合は5秒)で広告をスキップさせることができる機能が付いている場合が多いのも特徴です。利用する場合は冒頭の数秒間でいかにユーザーを引きつけスキップされないようにするかがポイントとされています。

・インディスプレイ広告
動画プラットフォームのトップページや検索結果画面に表示される動画広告です。料金はユーザーの視聴開始と同時に課金されるシステムが一般的です。Youtubeでは当初は検索結果画面に表示されるインサーチ広告と別々のフォーマットをとっていましたが、2015年に「True View インディスプレイ広告」として統合され、同じフォーマットで利用できるようになりました。

インディスプレイ広告のメリットは、広告以外の一般投稿による動画と並んで表示されること。「スポンサー動画」といった表示は伴うものの、いわゆる「売りっ気」を避けがちな傾向のあるユーザーにも広告という印象を与えず、自然に閲覧されることで幅広いターゲット層にリーチすることができます。

Web広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

意外と知られていない?検索順位の正しい確認方法

「クローラビリティ」を向上させるアプローチ

関連記事

  1. 事前の情報整理&掲載の優先順位によって効果が変わる「バナー広告」…

    ディスプレイ広告のなかでも業種・規模問わず多くの企業が利用しているのが、画像などのビジュアル要素と文…

  2. ターゲティング設定と同様の効果が狙えるアフィリエイト広告の活用法…

    アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)と提供する広告配信サービスを利用して、アフィリエイターが…

  3. 3種類のインストリーム広告。それぞれの特徴を解説

    動画広告のなかでも最も多く利用されているのが、動画本編に広告を挿入するインストリーム広告です。サイバ…

  4. リマーケティング広告の精度を高めるアプローチ

    顕在ターゲット層はWebサイトへのアクセスなど能動的なアクションを取っている分、コンバージョンに近い…

  5. Web広告の効果に影響を与える3つの外部要因

    リスティング広告やSNS広告をはじめとしたWeb広告の運用を続けていると、天気、経済といった外部要因…

  6. Facebookダイナミック広告を効果的に利用するための3つのス…

    2015年のリリース以来、費用対効果の高さから利用する企業が増え続けているFacebookダイナミッ…

  7. 広告やコンテンツの貢献度に注目すると思わぬ発見も‥。「アトリビュ…

    Web広告の運用では、効果測定が大切です。リスティング広告やSNS広告などフォーマットに限らず、We…

  8. 10秒で消えるクーポンの効果とは?海外のSnapchatプロモー…

    現実の会話のようにログが残らないチャット機能とタテ型の動画フォーマットが人気を呼び、10代~20代の…

PICKUP

PAGE TOP