menu

ターゲットの行動を理解するヒント「イノベーター理論」

広告

Webマーケティングで成果を収めるためには事前の情報整理とプランニングがキーポイントになります。とりわけWeb広告はサービスの種類も多く、その特徴や費用もさまざまなため、トレンドや他社の動向を意識し過ぎてやみくもに利用すれば、効果が見込めないだけでなく、費用対効果の面でマイナスになることも珍しくありません。

Web広告の利用にあたっては、競争地位理論などによって自社の強み・方向性を明確にするとともに、ターゲットについても整理しておくことが大切です。実際にディスプレイ広告やSNS広告などの運用を始めるにはさらにターゲットを掘り下げて考える必要がありますが、まずは価値観と消費行動の観点から消費者について理解することが重要になります。そのために有効なのが「イノベーター理論」です。

イノベーター理論はスタンフォード大学の社会学者エベレット・M・ロジャースによって提唱されたマーケティング理論で、新しいサービスや商品がどのように受け入れられるかという観点から消費者を5つのタイプに分類しています。

・イノベーター
新しい商品やサービスを積極的に導入する層。現在ではウェアラブルガジェットやVR製品などをいち早く購入する消費者がこれにあたります。全体に占めるシェアは2.5%とされ、市場全体への影響力は大きくありません。

・アーリーアダプター
イノベーターほどではないものの、先進的な商品やサービスの情報にアンテナを巡らせ、前向きに導入する層。消費者全体の13.5%を占めるとされています。市場全体へ影響を及ぼすことも多いため、オピニオンリーダーとも呼ばれます。

・アーリーマジョリティ
新しい商品やサービスの導入に関しては比較的慎重に判断するものの、興味・関心を持っている層。全体の34.0%を占め、アーリーアダプターから大きな影響を受けるとされています。

・レイトマジョリティ
新商品やサービスに対して懐疑的な層。全体の34.5%を占め、周囲の過半数以上の人が商品やサービスを導入してから同じ判断をするため、フォロワーズとも呼ばれます。

・ラガード
5つのタイプのなかで最も保守的な層。トレンドへの関心が薄く、まわりに同調せず最後までサービスや商品を導入しない消費者も含まれます。全体の16.0%を占めます。

Web広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

やきとり家 すみれ 毎日新鮮な状態で届けられる厳選された「大山どり」

具体的な対策の起点となる「対策キーワード選定」

関連記事

  1. ターゲット獲得を後押し&ブランドイメージをも左右する「EFO」

    コンバージョンへあと1歩という顕在ターゲット層を獲得するためには、広告で訴求するポイントの工夫にあわ…

  2. 事前の情報整理&掲載の優先順位によって効果が変わる「バナー広告」…

    ディスプレイ広告のなかでも業種・規模問わず多くの企業が利用しているのが、画像などのビジュアル要素と文…

  3. あらためて整理しておきたい「データフィード広告」の特徴&メリット…

    新しいサービスが続々と登場するWeb広告。最近ではビジネス系ブログメディアなどで「データフィード広告…

  4. 広告やコンテンツの貢献度に注目すると思わぬ発見も‥。「アトリビュ…

    Web広告の運用では、効果測定が大切です。リスティング広告やSNS広告などフォーマットに限らず、We…

  5. 掲載枠の幅を広げ、広告効果を最適化する「DSP」

    ディスプレイ広告を利用するにあたり、選択肢の1つとして知っておきたいのが、広告枠の購入や入札を自動で…

  6. CPAが1/2、CVRが20%アップした事例も。Facebook…

    年々利用する人が増えているSNS広告。なかでも高い費用対効果で注目を集めているのが、2015年に日本…

  7. 画像選びには意外な視点も必要? Facebookダイナミック広告…

    ・広告出稿の目的&ターゲットを明確にリスティング広告や動画広告などと同様に、Facebookダイ…

  8. リマーケティング広告の精度を高めるアプローチ

    顕在ターゲット層はWebサイトへのアクセスなど能動的なアクションを取っている分、コンバージョンに近い…

PICKUP

PAGE TOP