menu

検索エンジンをロボットと思ってはいけません

TIPS

SEOに「やっぱり」欠かせない被リンクの構築は、「やっぱり」メリットがあります。あちこちの記事に書かれていることですが、「やっぱり」被リンクについて確認しないわけにはいかないでしょう。

Webへ新規でアクセスする経路は「検索・リンク・広告」の3大経路ですが、広告に関しては資本勝負になるところがあることと目的を集客としない部分、つまりブランディングのためがあり予算に限りがある場合は向かない点があります。

検索に関しては特定のキーワードで流入しますので、キーワードに間違いがなければアクセスが少なくても購入まで繋がる可能性が上がります。

いわゆるビッグキーワードやミドルキーワードで上位表示していたからと言って売上が上がるということではないことも理解する必要があります。そして、上位表示で売上を上げている限りアルゴリズムの脅威に怯えていないといけないことも知っておきましょう。

微動だにしない被リンクの構築は価値の高い資産になります。とても時間と細かな作業が必要となりますが、競合との戦いに一歩リードすることができる被リンクについてまとめました。

検索エンジンをロボットと思ってはいけない
被リンクの質と量は、未だに検索エンジンにとって評価の指標となっていることに異存がある人はいないでしょう。被リンクの多さは信頼の証。多ければ多いほど、質が高ければ高いほど良いのです。

被リンクの構築はアルゴリズムに対してだけの評価ではありません。理解していただきたいのは、被リンクは人間の目にも触れるということです。いわばウェブ上の口コミであり、有名なサイトに取り上げられれば「お墨付き」をもらったようなものです。

検索エンジンをロボットと思ってはいけません。「頑固おやじ」だと言えばなんとなく理解してもらえるでしょうか。そう、ちょっと融通が効かないヤツなんです。そのくせ権力は持っている。

見つかったらゲンコツでは済みません
被リンクは第三者からの口コミです。リンクを貼ったサイトの信頼が高く、支持している人が多いほどリンクからの流入は多くなります。リアルの世界で考えてみましょう。紹介した人の信頼は、紹介された人も信頼できるような気がしませんか?いい加減な人から紹介された人はイマイチ信頼しにくいものです。

一度有名になってしまえば、被リンクは雪だるま式に増えていきます。これは露出が多くなればなるほど人が集まってくるリアルな世界と同じです。被リンクの構築はメリットが多く、だれもが取り組んでいるものです。

これらのメリットを引き寄せるには手間と時間が重要になります。SEOだけを目的に購入する被リンクに意味はありません。「頑固おやじ」に見つかったらゲンコツでは済みません。

被リンクの構築に是非取り組んで、あなたの事業を成長させてください。「やっぱり」被リンクの構築に取り組んで良かったとあなたは実感するはずです。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

あなたのビジネスを加速させるツールとしてWEBを十分に活用するには

そんなプライドいります?

関連記事

  1. そんなプライドいります?

    SEO対策というと、なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、シンプルに考えると難しいものではなく「…

  2. 【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめ…

    Web制作において、新規制作であろうがリニューアルであろうが制作初期に行う最も重要なプロセスといえば…

  3. ホームページリニューアルでレスポンシブデザインを採用するメリット…

    流行やスマートフォンの普及が後押ししていることもあり、ホームページリニューアルに向けレスポンシブデザ…

  4. ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?

    ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?継続して成功しているWEB担当者さん達がコンテンツ…

  5. やらなきゃ損?実績は宝!Webマーケティング手法

    Webを活用したマーケティングは、単純にホームページを作成・公開するだけではありません。Webマーケ…

  6. WordPressにおいてベストなパーマリンクとは?

    あなたのWordPressサイトがどのようなジャンルであれ、「パーマリンク」はSEO的にとても重要で…

  7. しっかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    なんとなくホームページリニューアルの必要性を感じつつも、ついつい後回しにしてしまう事はよくあります。…

  8. ホームページリニューアル前に知って欲しい、クライアントが持つべき…

    ホームページリニューアルを検討している企業では「制作会社選びに失敗した!」と、新たな外注先を模索して…

PICKUP

PAGE TOP