menu

「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という考え方

SEO

Webマーケティングの集客手段としてSEOを活用するには、検索エンジンの仕組みについて正しく理解することが不可欠です。Webサイト情報取得・評価を行うクローラーについて基本的な知識を得るとともに、「ユーザーの評価」という観点で検索エンジンの役割やユーザーに求められる情報をあらためてきちんと整理しておくことが、より理解を深めることにつながります。

インターネット上の1つのビジネスモデルとしてGoogleやYahoo!といった検索エンジンを捉えた場合、検索エンジンはさまざまなユーザーのニーズに応える情報を提示し、関連するページにナビゲートする役割を担っています。また、リスティング広告やディスプレイ広告といったキーワードに関連した広告コンテンツも検索エンジンの大きな収益シェアを占めており、そういった意味でも検索エンジンはユーザーに有益な情報を提示して評価され、信頼を得ることで成り立っているビジネスとも言えます。

このため、GoogleやYahoo!では、ユーザーに高く評価されるWebサイト=クオリティの高いWebサイトとして認識され、その基準が検索結果の順位にも反映されます。Webサイトの制作者が自社のサービスや商品に大きな思い入れがあり、それを伝えようとして膨大なコンテンツを用意しても、ユーザーに評価されなければ成果をあげることはできません。

一見当然のことのようにも思えますが、自社の特徴やアピールポイントを強く意識するあまり、「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という視点を見失ったままページをリリースし、ユーザーのニーズとのミスマッチを招いてしまうのは、Webマーケティングで陥りやすい失敗パターンの1つです。

また、検索エンジンはユーザーの評価と信頼をきわめて重視しているため、ユーザーのメリットに結びつかないまま作為的に検索順位を上げようとするアプローチなどには厳しく対応しています。とりわけ2012年以降はGoogleの検索エンジンスパム対策が強化され、小手先のアプローチで効果をあげるのがさらに難しくなったうえ、検索順位の低下などのペナルティも与えられるようになりました。

SEOに取り組むうえでは、「ユーザーの評価=検索エンジンの評価」という点を正しく理解したうえでアプローチを重ねていくことが重要です。別の言い方をすれば、ユーザーと検索エンジン、自社サイトの間で「Win-Win-Win」の関係性を築くことが理想的なSEOと言えるかもしれません。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

利用する前に押さえておきたいWeb広告の特徴とは?

企業のポジションとPRの方向性を明確にする「競争地位理論」

関連記事

  1. 引用タグblockquoteに隠されたヒント

    Googleは2011年から定期的に「パンダアップデート」というアルゴリズムの変更を行っています。こ…

  2. 読まれるコンテンツとは?オーガニック検索での季節ネタの効果

    コンテンツSEOでは、企業が発信したいメッセージだけでなく、トレンドやユーザーに読まれやすいテーマに…

  3. 意外と見落とされがち?今もなお高い効果を発揮する「パンくずリスト…

    日ごろSEO対策に取り組んでいるWebサイト、パンくずリストは設置していますか? 検索エンジンのアル…

  4. 海外向けWebサイトのSEO対策で知っておきたい4つのポイント

    2020年のオリンピックイヤーを控え、海外向けWebサイトを開設した方やこれから開設しようとしている…

  5. プレスリリースや「リサーチ系」のメリットを活用したコンテンツ拡散…

    良質なコンテンツによってユーザーからの評価を獲得し、検索上位の獲得を狙うコンテンツSEO。以前の検索…

  6. ロングテールSEOにおけるキーワードの選定とコンテンツ制作のコツ…

    ニッチなキーワード(ロングテールキーワード)に沿って質の高いコンテンツを公開し、Googleなどの検…

  7. 悪意はなかったのに‥。意図しない重複コンテンツが生まれる3つの原…

    「対策キーワードもしっかり絞り込んで、タイトルやディスクリプションにも反映させているのに、検索上位が…

  8. 自社サイトの動画で検索上位を狙うための3つの原則

    近年大きな注目を集めている動画SEO。動画をより多くのユーザーに届けるためにはトラフィックの大きいY…

PICKUP

PAGE TOP