menu

トレンド把握&意外なキーワード発掘も可能。キーワードアドバイスツール活用

リスティング広告

キーワードアドバイスツールは費用をかけることなく検索のトレンドやボリュームの変遷を知ることができる非常な便利なツールです。明確な目的意識を持ってデータを取得し分析することによって、キーワードの運用改善や広告文のクリック率(CTR)向上など多くのメリットをもたらします。加えて、近年のネットコミュニケーションの主流になりつつあるスマートフォンのユーザー動向や、多くの企業が見落としていた意外なキーワードも発見するこができ、Webマーケティングの集客全般における戦略立案やコスト管理の面でも大きな武器となります。具体的なポイントを以下にご紹介します。

スマートフォンユーザーの検索トレンドを確認

キーワードアドバイスツールでは、検索ボリュームの動向などのメニューからモバイル(スマートフォン)における検索ボリュームの推移や表示回数を知ることができます。現在は「スマホ時代」といわれ、2015年だけで約13億台のスマートフォンが出荷され、「若いユーザーほどスマートフォンを利用する傾向が高く、検索をしない」といわれるなか、そうした傾向が自社の商材やサービスにも当てはまるものなのか、具体的な数字の裏付けをもって確認することができるのです。

競合性の低いキーワードを検出

低コストで自由度の高い広告サービスであるリスティング広告は既に多くの企業が参入しており、キーワードの入札価格も全般的には上昇傾向にあります。特に競争の激しい業界では、広告表示以前に自社の予算に合ったキーワードを見つけることすら難しい状況になることも珍しくありません。

そうした課題の解決につながるのが、キーワードアドバイスツールで提供されているキーワードフィルタの機能です。この機能は、時系列による平均検索ボリュームや推奨入札単価、競合性といった要素でフィルターをかけることによって、期待する効果や予算に沿ったワードを絞り込むことができます。

予算や入札単価を具体的にシミュレーション

キーワードアドバイスツールには掲載を希望するキーワードを入力すると必要な広告予算や入札単価の目安が表示される見積もり機能も付いています。1か月あたりのクリック数や表示回数とそれに伴う費用を詳細にシミュレーションすることができるので、新しい商材でリスティング広告を利用する場合などはこの機能を活用することで、集客をプランニングすることができます。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

画像編集をクラウド化して業務効率UP。無料オンライン画像編集ツール4選

「検索型」と「SNS型」。商品ページのヒントになるユーザーの2つの購買パターン

関連記事

  1. 知っておきたい商材&サービスとの「相性」

    自社の商品やサービスの特徴を突き詰めて考え、Web上に明確な着地点を設けたうえで出稿することがリステ…

  2. Google AdWords「プレースメントターゲット」の使い方…

    ポータルサイトや人気ブログなど、検索結果画面以外にリスティング広告を配信できる「プレースメントターゲ…

  3. プレミアムポジション掲載の決め手となる改善アプローチ

    予算との兼ね合いを考慮する必要があるとはいえ、画面占有率の向上や複数のテキストリンクの設置によって、…

  4. ユーザーのニーズをさら掘り下げる検索クエリの活用

    「購入」や「予約」といった具体的な行動ニーズや、特定のブランド・商品に対する指名ニーズに目を向けて広…

  5. 運用パートナーの活用&「3C分析」

    低コストで手軽に利用でき、自由度も高い広告サービスながら、狙い通りの効果をあげていくためには相応の試…

  6. リスティング広告運用をスモールスタートさせる2つのメリット

    リスティング広告の運用にあたって、大きな悩みどころとなるのが予算の配分です。リスティング広告は費用対…

  7. 他社の広告にうちのブランド名が‥リスティング広告運用で商標を守る…

    リスティング広告の運用を続けていると、ライバル他社の広告文に自社のブランドネームが使われていたり、オ…

  8. 3つのメリットをもたらす品質スコアの改善

    「Google AdWords」で提供される「品質スコア」と、「Yahoo!プロモーション広告」の「…

PICKUP

PAGE TOP