menu

検索クエリ活用によるコスト削減&マッチング向上

リスティング広告

ユーザーの等身大のニーズとも言える検索クエリを分析することは、広告サービス運用の枠を超えてWebマーケティング全般における非常に大きな情報価値をもたらしますが、もちろん、実際のリスティング広告運用のキーワード改善にも役立ちます。とりわけ除外キーワードの設定と組み合わせて使うことによる無駄なクリックの抑制は、入札や予算配分と並んで欠かすことのできないコスト管理の手法です。具体的なポイントに分けてご紹介します。

検索クエリを除外キーワード化してコスト削減

デフォルトのマッチタイプ「部分一致」は、機能拡張によって幅広いユーザーにリーチできるメリットがありますが、その反面無駄なクリックを誘発して予算の消化を早めてしまうリスクもあります。例えば、「リスティング」というキーワードに対して同音の固有名詞や「リフティング」といった類似語がピックアップされて想定外のコストが生じるケースも珍しくありません。

こうした場合、類似語などで検索してきたユーザーの検索クエリをそのまま除外キーワードとして登録することで、無駄なクリックを防ぐことができます。ユーザーの検索ワードを予測しながらクリックを抑制するのは非常に難しいアプローチですが、ユーザーの検索履歴ともいえる検索クエリを活用することによって効率的にコスト管理することが可能になります。

検索クエリを参考にしたキーワード追加設定

サービス・商品に対するユーザーの潜在的なニーズが含まれた検索クエリは、リスティング広告とユーザーのニーズとのマッチングを上げるためのアプローチとしても活用することができます。例えば、「リスティング」というキーワードに対して「リスティング 手数料」、「リスティング コスト」といった検索クエリからの流入が多いのであれば、それらの検索クエリをそのままキーワードとして設定し、価格面の優位性を訴求する広告文やランディングページのコンテンツと併用することで、よりユーザーのニーズに沿うことができます。

また、検索クエリをキーワードとして登録したうえで、マッチタイプ「完全一致」を設定すれば、よりピンポイントなユーザーにアプローチすることができます。ユーザーが絞られる分だけインプレッションが低下する可能性はあるものの、大幅なコンバージョンの向上が期待できます。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

導入事例 インテリア・ファッション分野 その2

Webサイトの文章に+αの効果をもたらすフォントサイズ&位置の工夫

関連記事

  1. ユーザーのニーズをさら掘り下げる検索クエリの活用

    「購入」や「予約」といった具体的な行動ニーズや、特定のブランド・商品に対する指名ニーズに目を向けて広…

  2. ユーザーを引きつけCTRを向上させる広告文の作成

    広告文の改善やランディングページの最適化(LPO)といったいわゆるクリエイティブ領域の改善は、リステ…

  3. CVRに勝る付加価値とは?キーワードレポートの落とし穴とコンバー…

    リスティング広告運用の大切な指標の1つが、キーワードの費用対効果です。費用対効果を上げるため、キーワ…

  4. キャッチフレーズを設定して広告効果を高める「コールアウト表示オプ…

    リスティング広告の成果を高めるためには、広告文やランディングページの改善とあわせて、サイトリンクオプ…

  5. 「プレースメントターゲット」における効果的な配信面の選び方

    検索結果画面以外にリスティング広告を配信できる「プレースメントターゲット」では、配信面の選び方がキー…

  6. 始めてみると意外に簡単?!リスティング広告

    大企業から中小企業、個人に至る幅広くインターネットで商品を販売できる時代になりました。ひと昔では…

  7. 競合分析の基本中の基本。Google AdWords「オークショ…

    入札金額や品質スコアなど、リスティング広告はライバル他社の動向に大きく左右される広告です。勝つために…

  8. まず押さえておきたいリスティング広告のメリット&デメリット

    Webマーケティングの集客における代表的なアプローチの1つが、GoogleやYahoo!の検索結果ペ…

PICKUP

PAGE TOP