menu

ユーザーを引きつけCTRを向上させる広告文の作成

リスティング広告

広告文の改善やランディングページの最適化(LPO)といったいわゆるクリエイティブ領域の改善は、リスティング広告においても全体の成果を左右する重要なポイントです。とりわけ広告文は検索結果ページを訪れたユーザーの目を引きつけるだけでなく、ランディングページへのナビゲーションとしても大きな役割を担っています。いくら予算をかけて入札金額を上げたとしても、広告文がユーザーのニーズにマッチしない内容になっていては狙い通りの効果をあげることはできません。

また、リスティング広告の広告文はタイトルとあわせて数十文字にも満たないテキストですが、その限られたボリュームと形式のなかでクリック率(CTR)を上げるためのアプローチを考え抜き、改善を重ねていくことは、Webマーケティングにおけるクリエイティブ訴求全般の大きなヒントにもなります。リスティング広告の広告文作成における具体的なポイントを以下にご紹介します。

キーワードは広告文の前半に

検索結果ページを訪れたユーザーは、当然そのキーワードとの関連性のある情報を探します。リスティング広告の広告文がいかに短いテキストとはいえ、ユーザーの目に止まるのは数秒に満たないごく短い時間に過ぎません。キーワードを広告文のできるだけ前半に配置することでユーザーの目を引きつけ、続く内容を読ませる気を引き出すのが効果的です。

具体的なユーザーメリットを訴求する

広告・マーケティングの世界ではしばしば「ユーザーはモノではなく体験を求める」と言われます。商品・サービスがユーザーにどんなソリューションをもたらすのか、具体的なメリットの訴求はリスティング広告においても欠かせません。また、「無料○○受付中」といったように、リンク先のページでユーザーが具体的にできることを記載して、クリックするメリットを訴求するのも有効です。

記号を使って訴求ポイントを強調

リスティング広告の広告文は短いテキストだからこそ、ファーストインプレッションでユーザーの目を引きつける工夫も重要になります。競合他社と差別化できるポイントや、期間限定の特典など強調したい情報は、【】や≪≫といった記号を使って強調するのもひとつの方法です。また、同じ語句でもあえてカタカナ表記したり、「?」や「!」と組み合わせて表現したりすることによって目立たせることができます。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その4

本丸亭 / 超特製黄金塩スープ

関連記事

  1. B to Bにおけるリスティング広告活用の3つのポイント

    リスティング広告は、業務用システムの開発・販売や各種コンサルティングといったB to Bの領域でも広…

  2. 検索クエリ活用によるコスト削減&マッチング向上

    ユーザーの等身大のニーズとも言える検索クエリを分析することは、広告サービス運用の枠を超えてWebマー…

  3. 始めてみると意外に簡単?!リスティング広告

    大企業から中小企業、個人に至る幅広くインターネットで商品を販売できる時代になりました。ひと昔では…

  4. 他社の広告にうちのブランド名が‥リスティング広告運用で商標を守る…

    リスティング広告の運用を続けていると、ライバル他社の広告文に自社のブランドネームが使われていたり、オ…

  5. 意外と効果あり!リターゲティング広告

    マーケティングの代表的な手法として、誰でもリスティング広告と応える方が多いと思います。確かに代表的な…

  6. 配信面を工夫して広告効果アップ。Google AdWords「プ…

    予算管理や広告文の改善など、リスティング広告の運用には地道な作業がともないます。ただ、長年にわたって…

  7. リスティング広告におけるロングテール戦略(後編)

    競合の少ないニッチなキーワードを運用することによって、CPA(獲得1件あたりの費用)を抑えることがで…

  8. 3つのメリットをもたらす品質スコアの改善

    「Google AdWords」で提供される「品質スコア」と、「Yahoo!プロモーション広告」の「…

PICKUP

PAGE TOP