menu

導入事例 住宅・建築分野 その2

VR/AR

コンピュータシステム研究所「ALTA for VR」

東京と仙台市に本拠を置き、建築・土木関連のコンピュータソフトウェア開発を手掛けるコンピュータシステム研究所が開発したのが、VRを活用したバーチャル住宅展示場作成システム「ALTA for VR」です。広大な敷地と工事費を含めた莫大なコストを必要とする従来の住宅展示場の運営を大きく変えるシステムとして、全国のハウスメーカーや公務店から注目を集めています。

「ALTA for VR」は、同社が提供する住宅プレゼンシステム「ALTA」で作成した住宅の3Dプランを複数のプロジェクターに投影することによって、場所の規模を問わずバーチャルの住宅空間を提示するというもの。ユーザー(住宅展示場の施主)は3Dゴーグルを着用して室内を動き回り、疑似体験を通じてその奥行きや広さなどを確かめることができます。

壁と床だけがあれば3Dプランを実寸大でバーチャル再現することができるうえ、VRシステムが「ALTA」とリアルタイムで連動することにより、間取りやインテリア、床材、その他住宅設備などの変更も即VRに反映されます。また、リフォーム提案用の機能も実装されており、リフォーム前後のイメージをワンタッチで切り替えることで、顧客の体感に訴える効果的なプレゼンテーションが可能になります。

チームラボ「ハコマンションVR」

テクノロジスト集団・チームラボと不動産販売事業を展開するコスモイニシアのコラボレーションによって開発されたのが、ヘッドマウントディスプレイを使ってマンションのモデルルームを内覧できるアプリ「ハコマンションVR」です。ユーザーは専用アプリをインストールしたスマートフォンを「Google Cardboard」などのダンボール製ヘッドマウントディスプレイにセットすることで、場所を選ばず手軽にモデルルームのVR映像を体験することができます。

具体的なコンテンツとしては、コスモイニシアが手掛ける「イニシア船橋夏見」のモデルルームが用意されており、ユーザーはキッチンや玄関、リビングルーム、ベランダからの眺望、マンション内のラウンジなどの空間を360°の視界で閲覧することが可能。コスモイニシアではWEBサイトから資料請求をした顧客のうち先着300名に対して無料で「ハコマンションVR」の体験キットをプレゼントするなど、このVRツールを積極的にプロモーションに活用しています。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

観光や教育関連のサービスとも相性抜群のバーチャルリアリティ(VR)動画

スマートフォンを意識したWebライティングのコツ

関連記事

  1. 導入事例 住宅・建築分野 その1

    ネクスト「ROOM VR」不動産・住宅情報サイト「HOME’S」で掲載物件数第1位の実績を誇…

  2. 約8000円で本格的なVR体験を提供。Google「Daydre…

    昨年あたりからヘッドマウントディスプレイ(HMD)が続々発売され、一般家庭でもVRが楽しめるようにな…

  3. オーグメンテッドリアリティ(AR)とは?

    オーグメンテッドリアリティ(AR)とは?現実でないものを現実のように認識させるバーチャルリア…

  4. 導入事例 観光分野 その1

    一般向けのVRはもともとアーケードゲームの開発をその起源とすることもり、ゲームや映像作品といったエン…

  5. バーチャルリアリティ(VR)とは?

    「Oculus Rift」や「Samsung VR Gear」をはじめ、コンシューマー用ヘッドマウン…

  6. 人気CMの世界観をVRで追体験。サントリー食品インターナショナル…

    音と360°映像によって世界観やストーリーを表現できるVRは、既存のテレビCMや動画コンテンツとコラ…

  7. 運転手の姿勢まで検知してアラート通知。ヒュンダイのARディスプレ…

    実際にあるモノや風景をベースに、情報を追加して利便性や快適さ、サプライズをもたらすことができるAR(…

  8. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その2

    PlayStation VR今年2016年10月にリリースが予定されているヘッドマウントディ…

PICKUP

PAGE TOP