menu

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その3

VR/AR

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Star VR

北欧スウェーデンを拠点に活動するゲームスタジオStarbreezeが発表し、世界最大級のゲームイベント「E3 2015」で話題を呼んだVR対応型ヘッドマウントディスプレイが「Star VR」。これまでにないVR体験をユーザーに提供する超高解像度のディスプレイがその大きな特徴です。ヘッドセットには左右両眼それぞれに5.5インチで2560px×1440pxのディスプレイが搭載されており、左右あわせて5120px×1440pxの解像度を実現。開発元のStarbreezeが「K5解像度のHMD」と標榜して強くアピールする通り、通常のフルHD解像度の2.5倍以上のスペックによってユーザーは非常に高い映像クオリティでVRの世界を楽しむことができます。

加えて、ユーザーの視野角についても水平方向で他のHMDの平均2倍となる210°、垂直方向も130°まで対応。人間の視野の約75%をカバーする超広角により、ユーザーはディスプレイのフレームを意識することなく、より高い没入感をもって仮想現実の世界を体感することができます。本体には加速度センサーとジャイロスコープ、および外部カメラが搭載され、ユーザーの頭部の動きを6軸自由度でトラッキングします。

Sulon Q

カナダを拠点に活動するスタートアップ企業Sulon Technologiesから発表されたのが、ワイヤレスのVR/AR対応型ヘッドマウントディスプレイ「Sulon Q」です。本体にはAMD製のAPU、8GBメモリ、SSDの搭載に加えてWindows 10がインストールされており、スマートフォンやPCに接続することなくスタンドアロン式で作動。Sulon Technologieによれば、VR/ARに対応するオールインワン型HMDは世界発といいます。ユーザーの行動やジェスチャーも内蔵された空間処理プロセッサユニットによってトラッキングします。

ユーザーの動きを制限するコード類が一切なく、トラッキングのための外部ベースステーションなども設置する必要がないため、室内の場所を選ばず利用することが可能。映像クオリティの面でも最新のAPIに対応することで家庭用ゲーム機と遜色のないパフォーマンスを発揮し、音声は専用のSulon Qイヤホンを使うことで奥行きのある3Dサウンドが楽しめます。また、ユーザーの利便性を高めるオプションとして、Windows 10のマルチウィンドウ操作をサポートするワイヤレスキーボードとマウスが付属しています。

次世代のビジネスチャンスを拓くVR / AR活用術












小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

無駄なコストを抑制するマッチタイプの活用

3つのメリットをもたらす品質スコアの改善

関連記事

  1. アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(前編)…

    エンターテインメント分野を中心に多くのコンテンツが制作されているVR。マスメディアで取り上げられる機…

  2. 人気CMの世界観をVRで追体験。サントリー食品インターナショナル…

    音と360°映像によって世界観やストーリーを表現できるVRは、既存のテレビCMや動画コンテンツとコラ…

  3. 導入事例 自動車分野 その2

    トヨタ自動車「Toyota Safety Sense」&「TeenDrive 365」VRシミュレー…

  4. 導入事例 観光分野 その2

    楽天「バーチャルリアリティ観光体験」ネット通販大手の楽天のR&D部門「楽天技術研究所」と長野…

  5. 外界と遮断されるVRならではの恐怖‥。TSUTAYA「360°ホ…

    迫力のある360°映像によって、ユーザーに没入感を与えることができるVR。多くの場合、VRコンテンツ…

  6. 世界初のVRオンラインショップ「eBay VR Departme…

    360°映像によってバーチャル空間を提供できるVRは、ECの分野にも取り入れられ始めています。世界最…

  7. 導入事例 トレーニング・教育分野 その1

    東急電鉄 VR鉄道運転シミュレーター東急電鉄は運転士のトレーニングを目的にVR映像による鉄道…

  8. アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(後編)…

    2016年11月にサンフランシスコで開催された「VRDC 2016」(Virtual Reality…

PICKUP

PAGE TOP