menu

無駄なコストを抑制するマッチタイプの活用

リスティング広告

目標を見定めてキーワードを選定・管理し、効果測定レポートの具体的な数値をベースとして予算配分を改善していくことが成功の鍵と言えるリスティング広告。加えて、登録キーワードごとに設定できるマッチタイプを活用することで、無駄なキーワードによる予算消化を減らし、よりニーズにマッチした広告表示をすることが可能になります。

「Google AdWords」などのリスティング広告配信サービスでは、以下の4つのタイプのマッチタイプを選択することが可能。それぞれの特性を理解し、キーワードと組み合わせてマッチタイプを活用することは、コストを抑制するだけでなく、ユーザーのニーズを把握するうえでも大きな武器となります。

・部分一致
→「登録キーワードがユーザーの検索語句に含まれる場合、広告表示される」
キーワード登録の際、デフォルトで設定されているマッチタイプです。語順を問わず、機能拡張によって関連ワードで検索した場合も広告表示させるため、きわめて幅広いユーザー層にリーチすることができます。また、キーワード設定にあったって関連語句をリサーチするためにも利用できます。

・絞り込み部分一致
→「登録キーワードが語順に関係なくユーザーの検索語句に含まれる場合、広告表示される」
部分一致の機能拡張によって関連性の低いワードで広告表示されてしまう場合に有効なマッチタイプです。登録キーワードを押さえたうえで、関連する検索ワードに対しても表示されることにより、ユーザーのニーズと一定のマッチングを確保し、さらに広い層にもリーチすることが可能です。

・フレーズ一致
→「登録キーワードが同じ語順でユーザーの検索語句に含まれる場合、広告表示される」
部分一致では幅広いユーザーのクリックで無駄なコストが発生していまい、完全一致ではリーチする層が狭くなり過ぎる場合などに利用できるマッチタイプです。登録キーワードの語順に対応して広告表示されるため、「東京 ○○」といったエリア系キーワードを登録する場合などにも効果的です。

・完全一致
→「登録キーワードがユーザーの検索語句と完全に一致する場合、広告表示される」
文字通り、登録キーワードと検索語句が完全に一致しないと表示されないため、リーチできる層は狭くなりますが、その分、特定の目的を持ったユーザーにピンポイントで訴求することができます、一定の認知度のあるブランド名や商品名で獲得率を上げたい場合などに有効です。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

RIGOLETTO|横浜の鼓動が集まるレストラン

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その3

関連記事

  1. ユーザーを引きつけCTRを向上させる広告文の作成

    広告文の改善やランディングページの最適化(LPO)といったいわゆるクリエイティブ領域の改善は、リステ…

  2. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    Overture(現Yahoo! リスティング)とGoogleがリスティング広告のサービスを提供開始…

  3. 住所&キャッチフレーズの相乗効果でCVRアップ?広告表示オプショ…

    Google AdWordsやYahoo! プロモーション広告では、広告文の下にテキストリンクや店舗…

  4. 今さら聞けない「ロングテール」とは?正しく理解するポイント

    リスティング広告に運用を続けていると一度は目にする「ロングテール」という言葉。委託している代理店との…

  5. プレミアムポジション掲載の決め手となる改善アプローチ

    予算との兼ね合いを考慮する必要があるとはいえ、画面占有率の向上や複数のテキストリンクの設置によって、…

  6. トレンド把握&意外なキーワード発掘も可能。キーワードアドバイスツ…

    キーワードアドバイスツールは費用をかけることなく検索のトレンドやボリュームの変遷を知ることができる非…

  7. 始めてみると意外に簡単?!リスティング広告

    大企業から中小企業、個人に至る幅広くインターネットで商品を販売できる時代になりました。ひと昔では…

  8. プラスアルファのバリュー&情報が行動を促すランディングページの要…

    リスティング広告のランディングページ作成は、ユーザーの検索キーワードの文脈からニーズを把握し、それに…

PICKUP

PAGE TOP