menu

相乗効果も期待できるキーワード運用改善

リスティング広告

リスティング広告は「運用型広告」とも呼ばれるように、キーワードの選定や予算設定、広告文・ランディングページの改善を通じて、利用しながら効果改善のアプローチを図っていく広告メディアです。

「Google AdWords」や「Yahoo!プロモーション広告」にアカウントを作成して、最初のうちは思ったような効果をあげることができなくても、利用を通じて得られたキーワードのトレンドや効果測定データが改善のヒントになりますし、それらはその後のWebマーケティングにおいても自社の貴重な情報資産になります。目先の効果にとらわれることなく中長期的な視点を持ち、下記のポイントに注意してキーワードを運用すると効果的です。

獲得上位のキーワードに注力する

場合によっては数百~数千単位のキーワードを運用することもあるリスティング広告ですが、すべてのキーワードからコンスタントに広告効果が得られるわけではありません。キーワードの運用改善にあたっては効果測定レポートの結果をもとに「月○○件獲得」、「CPA○○円以内」といった具体的な条件を設け、それをクリアしたキーワードの運用に注力すると効果的です。

短期間の効果が検証できない場合は、6か月または年間単位でのキーワードレポートを参照しながら注力するキーワードを抽出することができます。キーワードが絞られれば運用コストが下がるだけでなく、広告文の変更などの改善アプローチの頻度も上がり、相乗的な効果も期待できます。

グルーピングを活用する

注力するキーワードを選定したら、それらを1つにグルーピングして管理するのも効果的な方法です。
リスティング広告には、「キャンペーン」と「広告グループ」という2つのグループがあり、それぞれ複数のキーワードを登録してまとめることができます。通常は同じ意味を持つキーワード同士でグルーピングしがちですが、その場合、同一グループ内に費用対効果の異なるワードが混在することで、予算配分や入札をコントロールするのが難しくなります。

また、効果測定レポートを検証する際もキーワードごとの詳細を確認する必要があり手間がかかります。注力ワードのグループを設けて運用することで、こうした点を解消できるだけなく、キャンペーンや広告グループごとの課題も明確になり、それを解決するための施策が打ち出しやすくなります。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

キーワード選定のポイントとなる「目的」&「役割」

獲得効率アップの鍵を握る予算設定

関連記事

  1. 3つのメリットをもたらす品質スコアの改善

    「Google AdWords」で提供される「品質スコア」と、「Yahoo!プロモーション広告」の「…

  2. リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

    3~4年にわたってリスティング広告の運用を続けていると、おのずと必要な作業が見えてきます。経験豊富な…

  3. 「軸」の発見が新たなビジネスチャンスをもたらす、リスティング広告…

    長年リスティング広告の運用を続けていると、効果の高いキーワードと頭打ちのキーワードの違いが明確になっ…

  4. 競合分析の基本中の基本。Google AdWords「オークショ…

    入札金額や品質スコアなど、リスティング広告はライバル他社の動向に大きく左右される広告です。勝つために…

  5. 「プレースメントターゲット」における効果的な配信面の選び方

    検索結果画面以外にリスティング広告を配信できる「プレースメントターゲット」では、配信面の選び方がキー…

  6. あらためておさらい。除外キーワードの選別と設定方法

    リスティング広告で成果をあげるためには、除外キーワードの登録が欠かせません。除外キーワードを登録する…

  7. Google AdWords「プレースメントターゲット」の使い方…

    ポータルサイトや人気ブログなど、検索結果画面以外にリスティング広告を配信できる「プレースメントターゲ…

  8. 意外と効果あり!リターゲティング広告

    マーケティングの代表的な手法として、誰でもリスティング広告と応える方が多いと思います。確かに代表的な…

PICKUP

PAGE TOP