menu

運用パートナーの活用&「3C分析」

リスティング広告

低コストで手軽に利用でき、自由度も高い広告サービスながら、狙い通りの効果をあげていくためには相応の試行錯誤と改善アプローチが必要になるリスティング広告。予算設定やキーワードの入札をはじめ効果検証、ランディングページの改善など、リスティング広告を効果的に利用するためにはさまざまなオペレーションとそれに対応するためのリソースが必要となります。

そのため、リスティング広告を利用する場合はSEM専門の広告代理店や企業とパートナー契約を結び、その運用代行サービスを利用するのが一般的です。まずは、パートナー企業と相談しながら数千円単位の予算を設定してスモールスタートし、その後の効果や検索傾向、競合の動き、トレンドによる変化などを見ながら改善を重ねていくことで、結果的に自社のWebマーケティングにおけるナレッジ確立にもつながります。

もちろん、運用代行サービスを利用するからといって受け身にならず、自社でも結果を分析し、施策を練るアプローチを続けていく必要があります。リスティング広告の運用に限らず、Webマーケティングにおける集客において失敗に陥りやすいのは、「広告を出したからとりあえずOK」というイージーな姿勢。実際の販売店舗でも消費者目線での広告・チラシの作成・配布や、商材に応じたマーチャンダイジングが販売の決め手となるように、Webで成果をあげるためには正確な情報分析・戦略とそれにもとづくアプローチが必要になります。

そのうえで参考になるのが、マーケティングの分野でも広く用いられている「3C分析」というメソッドです。「Customer」(顧客)、「Competitor」(競合)、「Company」(自社)の3つの要素の頭文字をとったもので、具体的には以下のようになります。

・「Customer」(顧客)
自社に対してどんなユーザーのどんなニーズがあるのかを分析。「20代女性」といったグループで捉える方法に加えて、Webマーケティングではユーザーの年収や居住地、ライフスタイル、価値観などを想定した「ペルソナ」が頻繁に使われます。

・「Competitor」(競合)
競合の製品やプロモーション戦略を分析。リスティング広告においては、GoogleやYahoo!が提供するキーワードアドバイスツールを利用すると、キーワードや予算の一般的な傾向を知ることができます。

・「Company」(自社)
自社のサービス・製品にどんな強みと特徴があるのかを分析。リアルでの実績をもとにWebマーケティングにおける顧客・競合とあわせて考えるとより効果的です。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

まず押さえておきたいリスティング広告のメリット&デメリット

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その2

関連記事

  1. ルーティンワークの負担を軽減する、リスティング広告運用支援ツール…

    予算の振り分けやキーワードの入札、効果測定など、さまざまなルーティンワークがともなうリスティング広告…

  2. ユーザーの行動ニーズに応えるランディングページ作成

    広告文の工夫と同様にユーザーのニーズに沿ったランディングページを作成することも、Webマーケティング…

  3. 想定外の予算オーバーを防ぐ、Yahoo! プロモーション広告「媒…

    リスティング広告の予算管理は、まず数万円程度の少額予算からスタートし、広告文やキーワードの効果を見な…

  4. キャッチフレーズを設定して広告効果を高める「コールアウト表示オプ…

    リスティング広告の成果を高めるためには、広告文やランディングページの改善とあわせて、サイトリンクオプ…

  5. リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(後編)

    予算設定や広告グループの振り分けなど多くのルーティンワークがともなうリスティング広告の運用では、日ご…

  6. リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

    3~4年にわたってリスティング広告の運用を続けていると、おのずと必要な作業が見えてきます。経験豊富な…

  7. 配信面を工夫して広告効果アップ。Google AdWords「プ…

    予算管理や広告文の改善など、リスティング広告の運用には地道な作業がともないます。ただ、長年にわたって…

  8. 今さら聞けない「ロングテール」とは?正しく理解するポイント

    リスティング広告に運用を続けていると一度は目にする「ロングテール」という言葉。委託している代理店との…

PICKUP

PAGE TOP