menu

まず押さえておきたいリスティング広告のメリット&デメリット

リスティング広告

Webマーケティングの集客における代表的なアプローチの1つが、GoogleやYahoo!の検索結果ページに広告を表示させるリスティング広告です。既存の広告に対して初期費用が安く、出稿・配信停止も任意のタイミングで行えるため、中小企業やベンチャー企業でも導入しやすく、「Google AdWords」や「Yahoo!プロモーション広告」といったサービスを利用して多くの企業が活用しています。

リスティング広告の大きなメリットは、クリック課金(Cost per Click=CPC)による料金システムと予算設定機能です。広告を表示させるだけでは料金がかからず、ユーザーがクリックして広告主のサイトにアクセスした際に課金されるため、自社サイトへの誘導という点に関していえば、「費用に対して効果ゼロ」というケースはありません。

また、ユーザー側で自由に広告予算を設定できるため、あらかじめ費用がコントロールしやすいのも特徴です。「Google AdWords」などでは、クリックではなく、広告主が顧客を獲得した場合やユーザーのアクションによって課金される成果報酬型(Cost per Action=CPA)の広告メニューも用意されています。

加えて、任意のタイミングでキーワードを入札し、目的に応じた広告文の変更やリンク先の設定ができる自由度の高さもリスティング広告の強み。たとえば自社のECサイトを運営する会社で目標達成のために急遽キャンペーンの開催が必要になった場合も、関連キーワードを入札し、広告文やリンク先を変更することで、速やかにキャンペーンサイトの集客を図ることができます。

ただし、こうした料金システムや自由度の高さはデメリットと表裏一体のものでもあります。いわゆる「ビッグワード」と呼ばれる、ユーザーの検索数が多く広告効果も得られやすいワードの場合、入札価格が高騰して1キーワードあたり数千円の単価になることも珍しくありません。そうした場合、設定した予算があっという間に消化され、予算を追加投入しないと広告を表示させることが難しくなります。

また、キーワード設定や広告文の内容、リンク先の設定など、リスティング広告は自由度が高いゆえに、競合他社と競いながら効果をあげていくためには、効果測定ツールの数値を検証しながらキーワードや広告文の変更など細かい改善アプローチを重ねていく必要があります。運用するキーワード数が1000以上になる場合もあり、そうした場合は、リソースの確保や専門知識、運用メソッドの確立が必要になります。

リスティング広告に関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

スマートデスク|新たなビジネスパートナーは机!?

運用パートナーの活用&「3C分析」

関連記事

  1. キャッチフレーズを設定して広告効果を高める「コールアウト表示オプ…

    リスティング広告の成果を高めるためには、広告文やランディングページの改善とあわせて、サイトリンクオプ…

  2. 想定外の予算オーバーを防ぐ、Yahoo! プロモーション広告「媒…

    リスティング広告の予算管理は、まず数万円程度の少額予算からスタートし、広告文やキーワードの効果を見な…

  3. リスティング広告運用をスモールスタートさせる2つのメリット

    リスティング広告の運用にあたって、大きな悩みどころとなるのが予算の配分です。リスティング広告は費用対…

  4. プレミアムポジション掲載の決め手となる改善アプローチ

    予算との兼ね合いを考慮する必要があるとはいえ、画面占有率の向上や複数のテキストリンクの設置によって、…

  5. リスティング広告におけるロングテール戦略(後編)

    競合の少ないニッチなキーワードを運用することによって、CPA(獲得1件あたりの費用)を抑えることがで…

  6. リスティング広告におけるロングテール戦略(前編)

    ニッチな商品を数多く取り揃え、地道な販売を積み重ねていくことによって、結果的に大きな収益に結びつける…

  7. あらためておさらい。除外キーワードの選別と設定方法

    リスティング広告で成果をあげるためには、除外キーワードの登録が欠かせません。除外キーワードを登録する…

  8. 始めてみると意外に簡単?!リスティング広告

    大企業から中小企業、個人に至る幅広くインターネットで商品を販売できる時代になりました。ひと昔では…

PICKUP

PAGE TOP