menu

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その1

VR/AR

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

Notice: Undefined variable: clink in /home/users/0/itn/web/itn/blog/wp-content/themes/view_tcd032/functions.php on line 501

ユーザーがバーチャルリアリティ(VR)やオーグメンテッドリアリティ(AR)のコンテンツを体験するための代表的なデバイスがヘッドマウントディスプレイです。もともとは1960年代のアメリカで開発され、開発当初から次世代のAV機器として注目されたものの、一般ユーザーには手が届きにくい価格帯の製品が多かった点に加え、使用時のユーザーの疲労度といった課題もあり、一般家庭にはそれほど浸透しませんでした。

近年になってディスプレイの改良や本体の軽量・小型化が進んだことにより、OculusやSamsung、SONYなど多くの有力企業が開発に参戦。本体にダンボールを使った低価格の製品も発売されるなど、ユーザーが手軽にVR/ARの世界を体験できるツールとしてWEBでの販売を中心に広く普及し始めています。第3回~第7回では代表的なヘッドマウントディスプレイ10点を紹介します。

Oculus Rift

一般ユーザー向けヘッドマウントディスプレイの代名詞ともいわれるのがOculusからリリースされている「Oculus Rift」です。ヘッドセット本体とユーザーの動きを検知するセンサー、小型コントローラー、PCにワイヤレスで接続するためのUSBアダプタおよび、「Xbox One」のゲーム用コントローラーで構成されています。クラウドファンディングKickstarterで発表された当初から世界中のメディアで話題を呼び、改良を重ねた現行モデルはVRコンテンツの開発におけるプラットフォームとしても多くの企業に採用されました。日本でも販売価格16万円前後で2016年3月から出荷が開始されています。

HTC Vive

台湾を拠点に活動するデバイスメーカーHTC社とPCゲームの配信プラットフォームを展開するValveによって共同開発されたのが「HTC Vive」です。ヘッドセット本体に、2個の専用Viveコントローラー、PC接続用のリンクボックス、トラッキング用のベースステーションが同梱され、2160px×1200px・最大広角110°の高解像度ディスプレイによって現実世界と遜色ない360°の視野をユーザーに提供します。また、ハンドデバイス型のコントローラーを採用している点も特徴で、これによりユーザーは仮想現実の世界に自分の手を持ち込んでよりインタラクティブな体験をすることが可能になります。日本でも販売価格11万円前後で、2016年4月に出荷が開始され、多くの消費者から人気を呼んでいます。

次世代のビジネスチャンスを拓くVR / AR活用術












小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Webサイトリニューアルに重要なRFP作成6つのポイント

商用車用プローブ・データ・サービス|運送の世界を最適化するIoT

関連記事

  1. 外界と遮断されるVRならではの恐怖‥。TSUTAYA「360°ホ…

    迫力のある360°映像によって、ユーザーに没入感を与えることができるVR。多くの場合、VRコンテンツ…

  2. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その4

    Google Cardboard2014年6月に開催されたGoogleの開発者向けカンファレ…

  3. 導入事例 トレーニング・教育分野 その1

    東急電鉄 VR鉄道運転シミュレーター東急電鉄は運転士のトレーニングを目的にVR映像による鉄道…

  4. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その3

    Star VR北欧スウェーデンを拠点に活動するゲームスタジオStarbreezeが発表し、世…

  5. 世界初のVRオンラインショップ「eBay VR Departme…

    360°映像によってバーチャル空間を提供できるVRは、ECの分野にも取り入れられ始めています。世界最…

  6. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その2

    PlayStation VR今年2016年10月にリリースが予定されているヘッドマウントディ…

  7. ヘッドマウントディスプレイ(HMD)その5

    Milbox株式会社WHITEから提供されているのが、ダンボール製のヘッドマウントディスプレ…

  8. 今注目を集めるVRの癒し効果。「Guided Meditatio…

    2016年は「VR元年」と言われ、エンターテインメント分野を中心に数多くのVRコンテンツがリリースさ…

PICKUP

PAGE TOP