事業内容

現在のページ:トップ >  事業内容 > コンサルティング事業 > ECコンサルティング

ECコンサルティング

「餅は餅屋」。何事も専門家に任せたほうが上手くいくという意味のことわざですが、これはWeb制作にも言えることです。 Webサイトを構築する際、自社内に専門部門を設置している場合は担当者が制作に当たることになります。そうでない場合は外部に委託するのが一般的ですが、委託先のWeb制作会社がWeb制作以外の分野、たとえばWebマーケティングについてサポートできるかというと、残念ながら対応していないケースが大半です。専門知識や実績を保有していなければ、プロモーションやマーケティングについてアドバイスすることも困難です。
弊社ではWebコンサルに通暁した担当者をご用意しておりますので、初めてのWebサイト構築や、構築しながらも十分に運用しきれていなかったケースについても適切にアドバイスすることが可能です。これは、Webサイトの構築やWebアプリケーションの開発にとどまらず、Webコンサルにも積極的に注力してきた弊社の強みでもあります。
Webサイトを構築した状態は家を新築した状態と同じです。そこに誰が住み、どのような趣向のインテリアを配置し、どのように暮らしをデザインしていくのか。また、どのように導線を設計したら、中にいる人(閲覧者)の利便性を向上させることができるのか。
Webサイトを構築しただけでは損益分岐を超えることはできません。Webサイトの資産価値を高い状態で維持するには、閲覧者がより快適に利用できるように定期的なメンテナンスやデザイン変更を行うことが必要です。
Webサイトの構築はゴールではなく、ビジネスのスタートライン。継続的に戦略や収益モデルを精査しWebサイトに反映させていくことで、ビジネスの持続的成長が可能になります。

広告と聞いて真っ先に思い浮かぶのは折込チラシでしょう。この折込チラシ、広告としては最も代表的なものですが、コスト対効果で考えると必ずしも優秀な媒体とは言えません。
その点、Webサイトは広告ツールとしても非常に優秀で、制作コストに比して高いリターンが望める合理性に富んだ媒体です。しかし、そんなWebサイトも使い方によっては思わぬ落とし穴に。以下ではその詳細をご説明いたします。

(1)チラシ配布・Webサイト/公開について
チラシとWebサイト、アナログかデジタルかの違いはありますが、同じ広告ツールとしてみた場合、両者に共通する第一の目的は「エンドユーザーの目に触れるか否か」ということです。チラシ制作に関しても、配布の機会がないからといって倉庫に保管していたのでは無用の長物。決して少なくない時間と費用を投じて作った以上、鮮度の高いうちに配布する必要があります。
では、不特定多数の人が閲覧できるWebサイトには黙っていても人が集まるのか。残念ながらそうではありません。集客策を講じて実行に移さなければ、せっかくリリースしたWebサイトもユーザーの目に触れることはないのです。

(2)チラシ配布・Webサイト/成果が上がらない場合は?
チラシを配布し、Webを公開しても、それが成果につながらない場合もあります。これには十分な見極めが必要です。たとえば、チラシを配布してもレスポンスがない場合は、当該案件に関してはチラシという販促方法が有効ではないということになります。あるいは、レスポンスは少なかったけれども、種々勘案するとまだ可能性があるという場合は、当初の計画を調整して再度販促を行うべきでしょう。それによって納得のいく結果が得られれば、さらに配布数を調整するというように、段階を踏みつつリスクを最小限に抑えて目標に近づけるのが一般的な方法です。
ところが、Webサイトの場合はこの"調整"が見落とされがちです。問題点があるにもかかわらず、リリース初期のまま公開されているケースも散見されます。広告同様、Webサイトも精査し改善し続けなければ、損益分岐を下回った状態から脱することはできません。

(3)段階的な販促とテストマーケティング
(2)でも触れましたが、紙媒体の場合は小部数ずつ調整しながら配布することが可能です。一度に100万部も販促物を刷るのはリスクが大きいですが、最初に1万部刷って様子を見、ある程度のレスポンスが得られ採算も見込めるようになってから、印刷数と配布数を拡大することもできます。また、最初は狭いエリアで配布し、その成果に応じて配布エリアを拡大することも一策でしょう。さらに、人件費や商品原価、リピート率や受注数などの要素を勘案して抽出したデータを損益分岐と照らし合わせ、問題がないようであればリスクを最小限に抑えて広告を出すことができます。
一方で、「初めてのプロジェクトでまったく見当がつかない」「前例がなく、算出した数値に整合性があるのか心配」といったケースも想定されます。そのような場合はWebを活用するといいでしょう。Webは紙媒体と異なり、出稿費や印刷費、過剰在庫などの心配がありません。また、書き換えや差し替えに伴うコストも小さく抑えられるため、テストマーケティングに最適なツールと言えます。Webの特徴を活かしたテストマーケティング手法としては、キャンペーンページやL.P.O(ランディングページ最適化)が挙げられます。

完全に外部に委託すれば、Webサイトの運営はより簡単になります。ですが、自社内で行うことでノウハウが蓄積され、Webマーケティングにおける成長ペースが一段と向上するのも事実です。
効果的な集客に必要なのは、断続的なテストマーケティングとその結果に基づく精査です。もちろん、弊社でもサービスの一環として、損益分岐を突破するためのサポートを提供しております。ここで、PDCAサイクルを構築するまでの経緯をご説明しましょう。
まず、Webサイトの構築が済みましたら、集客と広告のプランニングを行います。続いてテストマーケティングと運用プランの構築、最後に分析・検証・精査を行います。結果に応じて微調整し、Webサイトをより戦略的なものへと進化させていきます。こうした運用ノウハウを蓄積することで、より長久的なPDCAサイクルを構築することが可能になります。
報酬につきましては、「成果報酬」という形態をご提案しております。これは、「お客様と我々はステークホルダーであり、パートナーである」という認識に基づくものです。ビジネスのリスクをシェアするなら利益もシェア。「確実に売れる」という耳当たりが良い反面、確度には疑問符のつく言葉を羅列するのではなく、信頼の醸成を念頭に置いたより率直な仕事をさせていただきます。 成長ポテンシャルが高く、運用期間に比例して成果の上がるWebサイトへ――。現在運用中のWebサイトへのご不満、新規構築やリニューアルを検討中、さらには課題整理や運用プランの策定まで、弊社では幅広いご相談に応じております。また、顧客数の増大、Webソリューション、メディアプランニングに至るまでサポート致します。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

主要サービス

コンサルティング事業
SEO対策(検索エンジン上位表示システム)
ECコンサルティング
サーバー/ドメインについて
アクセス解析/サイト改善提案
プロジェクトマネージメント
サイト分析(ホームページ分析)/コンテンツ提案
WEBマーケティング
サイト診断(ホームページ診断)
WEBコンサルティング
携帯版採用サイト構築
検索エンジン対策(SEO対策)内部施策/外部施策
SEO診断/SEO分析
ITコンサルティング
SEM(検索エンジンマーケティング)
メディアミックス・プロモーション
リスティング広告運用
クロスメディア・プロモーション
LPO対策(ランディングページ対策)

こんなときは、お気軽にご相談下さい!

  • ホームページを利用して新規顧客を開拓したい
  • ホームページのアクセス数を伸ばしたい
  • 既存のサイトをリニューアルしたい
  • SEO対策を依頼したい
  • ネット広告を出したい
  • Webサイトの現状を分析して欲しい
  • 企業や商品のイメージアップを図りたい
  • Webサイトをもっと分かりやすくしたい
  • ホームページを求人(リクルーティング)に活用したい
  • ホームページを使いやすくしたい
  • 簡単にホームページを更新できるようにしたい
  • ホームページを見やすく、綺麗なデザインにしたい
  • Webサイトからの資料請求を増やしたい
  • どの位費用がかかるか知りたい
  • Webサイトの運用をまかせたい
  • どんなホームページがいいか、相談したい

どんなコトでも御社のWebパートナーとして、親身になって一緒に考えます!

  • 各種相談受付!お問い合わせはお気軽にどうぞ!
  • 無料お見積りはこちら
電話:045-410-4730 お電話でのお問い合せは平日10:00~19:00

このページのトップへ