menu

スマートフォンアプリ制作の流れ

ストア公開申請、保守・運用もお任せください

開発したスマートフォンアプリをAppStore(iOS)やPlayStore(Android)などのストアへ公開するには申請が必要です。
また、公開後はバグ修正やアップデートなどを含め適切な保守・運用が重要となります。

お客様の人的リソースやご要望に応じて、公開申請や公開後の保守・運用サポートもお任せください。

保守・運用サポートの詳しい内容はこちら(保守・運用)をご覧ください。

スマートフォンアプリ制作の流れ

1.弊社によるヒアリング
まずは弊社のヒアリングシートをもとに、お客様がどのようなスマートフォンアプリを開発したいのかをヒアリングしていきます。アプリ開発の目的や期待する効果などを明確にして頂けるとより具体的な提案書・見積書の作成が可能です。

2.提案書・見積書のご提出
ヒアリングした内容をもとに提案書・見積書を作成し提出致します。提案書にはプロジェクト概要や制作スケジュールなどを明記します。ご要望に応じて明記する内容をご指定頂くことも可能です。

3.ご契約・ご発注
提案書・見積書に問題がなければご契約・ご発注となります。お客様で変更やご要望がある場合はこの段階で仰って頂けると今後のプロジェクトがスムーズに進行します。

4.要件定義
初回ヒアリングをもとに数回のミーティングを行い、お客様が求めるスマートフォンアプリの要件を定義していきます。具体案がない場合もでも弊社から積極的にご提案致しますのでご安心ください。

5.機能設計
要件定義をもとに、アプリに実装する機能のプログラミング設計を行います。お客様と積極的なコミュニケーションを取りつつ進行していくので、進捗具合をご確認頂けます。

6.UI設計
要件定義をもとに、アプリに実装する機能のUI設計を行います。UIはユーザビリティを左右する大きな要素なので、こちも積極的なコミュニケーションのもとお客様の理想とするアプリケーションを目指します。

7.アプリケーション実装
設計内容をもとに各種プログラムを実装していきます。弊社から定期的に進捗報告を致しますので、お客様でして頂くことは特にございません。

8.DB構築
開発したアプリを載せるDB(データベース)を構築します。主にSQLiteというDBシステムを使用します。

9.納品前テスト検証
納品前にお客様お立会いのもと開発したアプリケーションをテスト検証致します。修正点がございましたら迅速にご対応致しますのでご安心ください。

10.納品
検了後、めでたく納品となります。

img19スマートフォンアプリの企画設計

img16システム開発

関連サービス

  1. img15

    スマートフォンアプリ開発(iOS/Androd)

    今後も高まるスマートフォンアプリのニーズ2015年のスマートフォン普及率は67.4%(内閣府調べ…

  2. img16

    システム開発

    お客様の運用負荷を考えたシステム開発アプリを使用するユーザーの利便性を考えることはもちろん、弊社…

  3. img19

    スマートフォンアプリの企画設計

    入念な打ち合わせでお客様に安心して頂けるアプリ開発をスマートフォンアプリ開発において、アプリの出…

  4. img17

    スマートフォンアプリの保守/運用

    適切な保守・運用がユーザービリティ向上の鍵開発段階でユーザービリティを意識した設計をしても、アプ…

PAGE TOP