menu

スマートフォンアプリ開発(iOS/Androd)

今後も高まるスマートフォンアプリのニーズ

2015年のスマートフォン普及率は67.4%(内閣府調べ)といよいよガラケーを抜く数字を叩き出しました。
Yahoo!などの検索エンジンや楽天ショッピングなどのECサイトでは、以前からスマートフォンの流入数がPCを上回っています。

これに伴いスマートフォンアプリのニーズは今後も高まり、未だ成長止まらない市場だと言えます。
また、2020年の東京オリンピックでは年間訪日観光客が3,000万人を超えると予想され、グローバル展開も求められているのが現在のスマートフォンアプリ市場です。

弊社ではそんな時代のニーズに合わせ、お客様のビジネスモデルを捉えた最適なスマートフォンアプリ開発をご提供致します。
また、他言語対応のアプリ開発も致しますので訪日観光客に向けたビジネス展開も可能。

もちろん社内活用専門のスマートフォンアプリ開発も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

スマートフォンアプリ開発のプロセス

1.弊社によるヒアリング
まずは弊社のヒアリングシートをもとに、お客様がどのようなスマートフォンアプリを開発したいのかをヒアリングしていきます。アプリ開発の目的や期待する効果などを明確にして頂けるとプロジェクトがスムーズに進行します。

2.企画・要件定義
ヒアリングの内容をもとに企画立案し、アプリの仕様を定義していきます。過去の実績で培ったノウハウをもとに弊社からも積極的にご提案致しますので、「どんな仕様にすればいいのか分からない」といった場合もご安心ください。

3.アプリケーション設計
要件定義をもとにアプリの設計をしていきます。このフェーズではお客様と積極的なコミュニケーションを取り、お客様が理想とするアプリ開発の実現を目指します。

4.アプリケーション実装
設計内容をもとに各種プログラムを実装していきます。弊社から定期的に進捗報告を致しますので、お客様でして頂くことは特にございません。

5.DB構築
開発したアプリを載せるDB(データベース)を構築します。主にSQLiteというDBシステムを使用します。

6.納品前テスト検証
納品前にお客様お立会いのもと開発したアプリをテスト検証致します。修正点がございましたら迅速にご対応致しますのでご安心ください。

7.公開後の保守・運用サポート
公開後のアプリは定期的な保守・運用が必要です。スポット的な保守・運用からトータル的な保守・運用まで、お客様のご要望に沿ってサポートさせて頂きます。

img16システム開発

img6Webサイトの保守/運用

関連サービス

  1. img16

    システム開発

    お客様の運用負荷を考えたシステム開発アプリを使用するユーザーの利便性を考えることはもちろん、弊社…

  2. img18

    スマートフォンアプリ制作の流れ

    ストア公開申請、保守・運用もお任せください開発したスマートフォンアプリをAppStore(iOS…

  3. img19

    スマートフォンアプリの企画設計

    入念な打ち合わせでお客様に安心して頂けるアプリ開発をスマートフォンアプリ開発において、アプリの出…

  4. img17

    スマートフォンアプリの保守/運用

    適切な保守・運用がユーザービリティ向上の鍵開発段階でユーザービリティを意識した設計をしても、アプ…

PAGE TOP