menu

【5分で出来る】SEOの観点から見た魅力的なタイトルの付け方

SEO

何においてもタイトルってかなり重要ですよね。

例えば映画や書籍など内容は一切分からないにも関わらず、魅力的なタイトルが付いていると「観てみたい!読んでみたい!」とユーザーに思わせることが出来ます。
もちろん、タイトルの魅力に内容が伴っていなくて残念な気持ちになることもありますが。

そしてWebサイトにも同じことが言えますね。

また、WebサイトにおけるタイトルはSEOの観点からも非常に重要なので、コンテンツを検索結果上位に持っていくため、Webサイトとしての価値を向上させるためには欠かせません。

そこでここでは、SEOの観点から観たタイトルと、魅力的なタイトルの付け方を紹介していきます。

SEOの観点から見たタイトル

◆SEOの観点から見たタイトル

「タイトルには検索キーワードを必ず含める」Webサイトを運営している方にとっては常識中の常識です。

では、タイトルの文字数や含め方はどのようにすればいいのでしょうか?

タイトルの文字数
タイトルの文字数は一般的に28文字~32文字が最適とされていますが、これは検索エンジンの検索結果表示において表示される最大文字数が28文字~32文字であることに起因しています。

ちなみにGoogleは28文字、Yahoo!Japanは32文字が表示できる最大文字数です。(全角で)

誤解されがちなのが検索エンジンのクローラーがタイトルの文字数を判別して評価しているということですが、文字数自体は関係なく「キーワードが含まれているか?」「キーワードの位置は?」が重要となります。

なので実際タイトルの文字数は28文字以内でも32文字以上でもいいんです。

ただ、ユーザー視点で考えるとタイトルが切れずに表示されている方が心理的にクリックしやすいので意識しておいてほしいと思います。

コンテンツ的にどうしてもタイトルが32文字以上になってしまう場合は、次の「キーワードの含め方」を参考にしてください。

キーワードの含め方
タイトルにキーワードを含める際、出来る限り先頭にキーワードを配置した方がいいと言われていますが、これは正直28文字以内に入っていればいいと思います。

大切なのはコンテンツの内容を一目で理解でき、かつ「読みたい!」と思わせるようなタイトルにすることです。
無理にタイトルを先頭に持ってこようとすると内容とタイトルに関連性のないものになってしまったり、魅力的なタイトルが付けられなくなってしまう可能性があります。

なので、「キーワードは28文字以内に入っていればいい」と認識しておくといいでしょう。

ちなみにタイトルが32文字以上になってしまう場合も、キーワードを28文字以内に含めるように心掛けてください。

本稿のタイトルで例を出してみましょう。

”【5分で出来る】SEOの観点から見た魅力的なタイトルの付け方”

こちらのタイトルは全角半角合わせて30文字となっており、32文字以内に収まっています。
検索キーワードとして設定した「SEO」「タイトル」も28文字以内に収まっていますね。

これを、このように↓

”魅力的なタイトル作れていますか?【5分で出来る】SEO対策をまとめてみた”

36文字に引き延ばしてみましたが、検索キーワードがしっかりと28文字以内に収まっています。

ちなみにGoogleなら

”魅力的なタイトル作れていますか?【5分で出来る】SEO対…”

こんな感じで表示されます。

最後の「SEO対策」が切れているのがなんだか気持ち悪いですね。
実はこういう微妙な違和感がクリック率に大きく影響するので、ちょっと修正してみましょう。

”魅力的なタイトル作れてますか?【5分で出来る】SEO対策…”

いかがですか?こっちの方がなんとなく気持ち良くクリック出来ますね

魅力的なタイトルの作り方

魅力的なタイトルの作り方

ではSEOの観点とは関係なく、魅力的なタイトルの付け方を紹介していきます。

数字を使う
”【SEO攻略】魅力的なタイトルを付けるための7つの法則”

このように数字を取り入れると「ふむふむ、このコンテンツにある7つの法則を実践すれば魅力的なタイトルが付けられるんだな」と訴求力のあるタイトルにすることが出来ます。

墨付きカッコを使う
本稿のタイトルでも使用していますが、墨付きカッコはアピールに持ってこいの手法です。

例えば本稿のタイトルである

”【5分で出来る】SEOの観点から見た魅力的なタイトルの付け方”

から墨付きカッコを取ると

”5分で出来るSEOの観点から見た魅力的なタイトルの付け方”

なんだか貧相な感じになりましたね。
ただ、墨付きカッコは全角2文字も消費してしまうので、文字数的に他の記号を使用したい場合は感嘆符を使用するといいでしょう。

”5分で出来る!SEOの観点から見た魅力的なタイトルの付け方”

墨付きカッコがなくても十分アピール出来ていますね。

あえてシンプルにする
墨付きカッコなどを使用せず、あえてシンプルにするのも一つの手です。
この場合数字を取り入れるのは必須でしょう。

5分で出来るSEOの観点から見た魅力的なタイトルの付け方7選

シンプルながらもコンテンツの内容がしっかりと伝わるタイトルになりますね。

おわりに

SEOを考えるのであれば、当然タイトルのみでなくメタディスクリプションやコンテンツ中にキーワードを配置したり、h1タグにキーワードを含めることも大切です。

なので魅力的なタイトルばかりに気を取られるのではなく、全体的なバランスも非常に大事なので十分に注意していきましょう。

SEOに関するご依頼、ご相談、お見積はこちら

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

海華月|和と洋の料理人が在籍し、魅力を詰め込んだ創作料理

スマホ充電、相互探知、アプリの遠隔操作まで多彩な機能を完備。 Bluetooth対応のスマートマルチデバイス「GOkey」

関連記事

  1. きちんと知っておかないと思わぬリスクも‥。ブラックハットSEOに…

    オウンドメディアやコーポ―レートサイトのSEO対策を担当している方は、ブラックハットSEOという言葉…

  2. 対策の「数」からコンテンツの「質」への価値転換

    SEOはあくまでWebマーケティングにおけるアプローチの1つです。広告出稿費などをかけず自社のオペレ…

  3. 被リンクの種類と効果的な獲得方法

    一部のSEO業者による人口リンクは別として、SEO対策における被リンクの重要性は今も昔も変わりません…

  4. 記事の質だけでは不十分?コンテンツマーケティングで見逃されがちな…

    Googleをはじめとした検索エンジンの進化にともない、現在のSEOは良質なコンテンツを配信すること…

  5. SEOのルーティンワークを効率化。用途・目的別に活用できる、SE…

    SEO対策には、検索順位の確認やキーワード調査に加えて、競合サイトのチェックや被リンクの確認などさま…

  6. 検索エンジンに評価されるために。SEOライティングの2つのコツ_…

    オウンドメディアを運営している企業の担当者が頭を悩ませることも多いブログや記事の作成。検索エンジンに…

  7. 読まれるコンテンツとは?オーガニック検索での季節ネタの効果

    コンテンツSEOでは、企業が発信したいメッセージだけでなく、トレンドやユーザーに読まれやすいテーマに…

  8. ページ評価の分散を防ぐ正規URLの活用

    SEOにおいて、URLはオペレーションにともなう工数との兼ね合いを見て決めるのが無駄なコストを防ぐう…

PICKUP

PAGE TOP