menu

ホームページリニューアル実現のための企画書&プレゼンのコツ

TIPS

企画担当者の中には「ホームページをリニューアルしたいけど企画案が通るか心配…」と、考え込んでしまっている方が珍しくないと思います。

リニューアルすればコンバージョンが取れるという確信があったとしても、上層部からGOサインが出なければ事は始まりませんね。

また、企業によってはホームページへの理解が浅く経営者や役員がそこまで重要視していない場合もあります。こうなるとホームページリニューアルまでの道のりはさらに難航すると考えられるでしょう。

そこでここでは、ホームページリニューアルを実現するために社内プレゼンで「通る企画書の構成」と「社内プレゼンのコツ」をレクチャーしていきます。

まずは企画書に重要な6つの構成から。

企画書6つの構成

◆企画書6つの構成

・リニューアルに至った背景

「なぜリニューアルする必要があるのか?」は代表や役員を納得させる上で掴みとなる重要な部分です。
ネットやスマホの普及率、多様化するユーザーニーズへの対応など出来るだけ数値化したデータをもとに背景を語っていきましょう。

ちなみにデータは最新かつ正確なものを用意してください。

・既存ホームページの課題
「なぜ既存ホームページではいけないのか?」を説くためには、現状抱えてる課題を明確に提示する必要があります。

・問い合わせ数が増加しない
・サービス/商品の認知度が向上しない
・レスポンシブに対応していない
・SEO対策が取れていない
・企業と顧客を繋ぐチャンネルになっていない

などなど課題は様々あると思いますが、この中でも根本的な課題となっているものを一つ、多くとも二つに絞っておきましょう。

・リニューアルする目的
課題が「問い合わせ数が増加しない」だった場合、「問い合わせ数を増加させるため」といった目的ではかなり弱く中身もないと思われます。

課題を解決したその先を目的として設定すると、より具体性のある目的として認識してもらえるでしょう。

上記の課題で言うならば「問い合わせ数の増加により直接的な成約数や潜在見込み客の洗い出しを行い、長期的に売上げアップを狙うため」などです。

・リニューアル概要
制作会社選定やペルソナ設定など各フェーズの概要を具体的に示していきます。
また、ここではリニューアルによって得られる効果で「本当に目的を達成出来るのか?」を明確にしておく必要があります。

・コスト&スケジュール
コストとスケジュールは経営者や役員が最も気になるところなので、かなり正確なデータが求められます。
なので目安的な費用や工期ではなく実際に制作会社に見積もりを提出してもらい、正確なデータでコストやスケジュールを提示しましょう。

・今後の展開
これはGOサインが出た場合の今後の展開ですが、業者選定から始まりホームページ公開までの流れを大まかに説明しておきます。
また、予め制作会社にリニューアルのプロセスを確認しておくとより明確な展開を提示することが出来るでしょう。

以上6つの構成からホームページリニューアルの企画書を作成すると、分かり易く訴求性のある企画書に仕上がります。

次に社内プレゼンのコツを知っていきましょう。

社内プレゼンのコツ

社内プレゼンのコツ

・企画書を読まない
企画書にある文字をつらつらと読んでいるようなプレゼンは退屈な上にこちらのメッセージが一切伝わりません。なので、企画書はあえて読まず結論から先に述べるようにしてください。

「まずは冒頭のデータをご覧ください。ご覧頂いて分かる通り、競合他社に比べ弊社のホームページでの成約率は1/2程度となっています~」

といったように、企画書を読まずに結論から展開していくことでスッと頭に入りやすいプレゼンが出来ます。

・体験を交える
プレゼンの際事例を持ち出すことはよくありますが、出来る限り自分の体験を交えてください。
体験を交えることでより訴求性のあるプレゼンを演出することが出来ます。

「では次のページですが、こちらの事例は参考程度に目を通すだけで問題ございません。私が前職でリニューアルを担当した経験から言うと~」

もちろん、体験がなければ事例を積極的に紹介していきましょう。

・一言添える
自分が何かしらの意見を言う際は「様々な見解があると思いますが~」などワンクッション置くことを心掛けてください。

プレゼンでは出来るだけ多くの人を味方に付ける必要があるので、真っ向から自分の意見をぶつけるというのはあまり望ましくありません。

なので必ずワンクッション置いて多くの意見を否定しないようにしましょう。

・一方通行にしない
よほどインパクトのあるプレゼンでもない限り、こちらが一方的に話していると参加者は15分程度で飽きてしまうでしょう。なので10分間隔で「皆さんの意見はどうでしょうか?」などと一言挟むことで常に注意を引きつけておくことが出来ます。

どんなに良い企画書を作成したとしても、プレゼンがいまいちでは通るものも通りません。
なので、社内プレゼンのコツも合わせて実践するとホームページリニューアルの実現がグッと近づくと思います。

おわりに

いかがでしょうか?企画書の作成やプレゼンを日常的に行っている方であれば、ここで紹介した内容は既に承知かもしれませんね。
しかしそうでない方からすればしっかりとポイントを押さえて社内プレゼンを行いたいところです。

ホームページリニューアルを望んでいるWeb担当者は是非参考にしてみてください。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

っかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリットしっかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

【4】August_Smart_Lockゲストブック機能も搭載したソーシャル志向の スマートホームセキュリティ「August Smart Lock」

関連記事

  1. SQLiteをつかってみよう

    SQLiteをつかってみよう

    自分でWebアプリケーションを作ってみたい…。そう思ったことはありませんか?いろいろなサービスがAP…

  2. 【Web担当者必見】ホームページリニューアルまでに取っておきたい5つのステップ

    【Web担当者必見】ホームページリニューアルまでに取っておきたい…

    「成約率が上がらない」「商品やサービスの認知度向上がいまいち」などの理由から、ホームページをリニュー…

  3. そんなプライドいります?

    そんなプライドいります?

    SEO対策というと、なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、シンプルに考えると難しいものではなく「…

  4. やらなきゃ損?実績は宝!Webマーケティング手法

    やらなきゃ損?実績は宝!Webマーケティング手法

    Webを活用したマーケティングは、単純にホームページを作成・公開するだけではありません。Webマーケ…

  5. 販促支援の大きな柱!?コンテンツマーケティングのはじめ方

    販促支援の大きな柱!?コンテンツマーケティングのはじめ方

    現代では、パソコンを中心に考えるマーケティングに加えて、スマートフォンやタブレットといったモバイル利…

  6. ホームページリニューアル前に知って欲しい、クライアントが持つべき3つの心構え

    ホームページリニューアル前に知って欲しい、クライアントが持つべき…

    ホームページリニューアルを検討している企業では「制作会社選びに失敗した!」と、新たな外注先を模索して…

  7. っかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    しっかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    なんとなくホームページリニューアルの必要性を感じつつも、ついつい後回しにしてしまう事はよくあります。…

  8. 【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめと大切なこと

    【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめ…

    Web制作において、新規制作であろうがリニューアルであろうが制作初期に行う最も重要なプロセスといえば…

PICKUP

  1. web04
  2. コンテンツの品質管理に役立つ無料の文章チェックツール3選
  3. マーケティングオートメーションの進め方
  4. niwa
  5. cinder_sensing_cooker
  1. 短時間で効果的なバナーを作成するために押さえておきたい3つのポイント
  2. webdesign01
  3. WebDirector11
  4. seo07
  5. director10
  6. web director wordpress02
  7. そのホームページ制作はなぜ失敗したのか?6つの理由から原因を探る
  8. ad07
  9. 掲載枠の幅を広げ、広告効果を最適化する「DSP」
PAGE TOP