menu

6つの注意点で成功させる、中小企業のホームページリニューアル

TIPS

ホームページリニューアルで成約率やお問い合わせ数向上に繋がれば、企業にとってこれほど嬉しいことはありません。
ビジネスもネット上で完結する時代、成果の上がるホームページを作成出来れば大幅な業績アップが見込めますね。

しかし、ホームページを保有する中小企業は全体の80%以上に上るにも関わらず、確かな効果を感じているのは半分も満たないそうです。

今回は中小企業視点から考える、ホームページリニューアルの注意点を紹介していきます。

ホームページの目的

◆ホームページの目的

ホームページを作成するそもそもの目的ですが、主に以下のようなものが挙げられます。

・サービス・商品の認知度向上
・自社に対する信頼度の向上
・成約率の増加
・お問い合わせ数の増加
・資料請求の増加

どの企業もいずれかの目的に当てはまると思いますが、最終的には顧客と自社の「One to Oneビジネス」に持っていくことがベストですよね。

それではこの目的を踏まえつつ、注意点を解説していきます。

6つの注意点

◆6つの注意点

01.大規模サイトを参考にしない

中小企業のホームページで意外にも多いのが「大規模サイトを参考にして失敗した」です。

気持ちは分からないでもないですが、そもそも中小企業のホームページと大企業のホームページではコンセプトが違います。

多様なサービスや商品を提供している大企業では、不特定多数の顧客を対象としていることからある程度普遍的なコンテンツを揃えています。

しかし、提供サービスや商品が限られている中小企業からすれば、普遍的なコンテンツで集客を狙うよりも「ペルソナを設定してターゲティングしていくこと」が重要です。

他にも、中小企業では顧客と自社の関係性を構築していくという重要なミッションがホームページにはあります。

これらに限らず中小企業と大企業ではホームページを運営する目的が違うので、参考にしてはいけません。

もちろん、デザインやUIに関しては参考にしてもいいでしょう。

02.「お問い合わせ」の注意点

「お問い合わせ数を増加させたい」という場合、ある一つの障壁があります。

それは、「顧客からアクションを起こして自社に電話してもらう」ことです。
実はこれが意外にも大きな障壁で、ホームページを作成してもなかなかお問い合わせ数の増加に繋げることが出来ません。

そこで注意して欲しいのが「顧客に対しお問い合わせをすることでのメリットを伝える」ということ。

人間とは基本的に自分にとってメリットがない限り行動を起こさず、ことビジネスにおいてはそれが顕著に表れます。

また、顧客からすればお問い合わせは身元を明かさねばならなかったり、見ず知らずの他人と会話するということへの抵抗感もあります。

なのでお問合わせすることでのメリットを明確に提示しない限りは、お問い合わせ数の増加に繋がりません。

具体的な方法としては「お電話頂ければ○○が分かります!」など、ホームページでは分からない情報を提供出来ますよという一言です。

これだけでお問合わせ数の増加につながるケースも多いので、十分に注意しましょう。

03.「資料請求」の注意点

資料請求も「顧客からアクションを起こす」という点ではお問合わせと同じですが、ネット上で請求が完結することからそこまで負担を感じることはありません。

身元を明かさなければならないと言っても登録フォームに入力するだけですからね。

ここで注意して欲しいのが「出来る限り詳しく資料内容を紹介しておく」ことです。

メリットがなければ行動しないように、不明確なことに対して行動することもありません。
つまり「資料ダウンロードはこちらから!」といったアピールだけでは顧客がクリックすることはないでしょう。

この資料はどんな内容なのか?
資料を読むことで何がわかるのか?

などを明確にすることで、効果的に資料請求数を向上させることが出来ます。

04.ただの企業紹介ページにしない

中小企業のホームページを見ていてよく思うのが、「ただの企業紹介ページであって何を伝えたいのか分からない」です。

ホームページ作成の目的であるサービス・承認の増加やお問い合わせ数の増加を実現するには、企業から積極的に「メッセージ」を発信していく必要があります。

会社概要、事業内容、提供サービス・承認など、基本的なことばかり中心のホームページはただの企業紹介であってホームページ本来の目的を果たすものではありません。

ただの企業紹介ページにならないためにも、明確な目的を持ち実現するためにはどんなコンテンツを発信していけばいいのかを具体的に考える必要があります。

05.価値あるコンテンツを発信していく

前述した中小企業と大企業のホームページの違いですが、その中に「発信するコンテンツの違い」というものがあります。

結論から言うと、中小企業のホームページでは価値あるコンテンツを発信していかなければ目的の達成には繋がりません。

大企業にはそもそもブランド力というものがあるので、サービス・商品をつらつらと紹介したホームページでもある程度の集客が見込めます。

むしろブランドイメージによってはコンテンツ発信はせず、シンプルにまとまったホームページの方がいいケースがあります。

プラダやティファニーといった高級ブランドのホームページに「革製バッグを選ぶ○つのポイント」なんてコンテンツを見かけることはまずあり得ないでしょう。

中小企業においてはまったく逆で、顧客にとって価値あるコンテンツを積極的に発信していかなければ集客に繋がりません。

なのでこれまでコンテンツ発信をしていなかった中小企業では、ホームページリニューアルに際し価値あるコンテンツの提供をしていく必要があります。

06.極力担当者に任せる

経営者と一般社員の距離感が近い分、発生する問題があります。

それは「Web担当者を選定しホームページリニューアルを任せたにも関わらず、経営者があれこれと指示を出してしまうこと」です。

Web担当者も最初のうちは意気込んでプロジェクトを進めていくものの、経営者に報告した際に「デザインはこれじゃなくてこっちがいいんじゃないか」「構成はこの方がいい」など、全てにおいて口出ししてしまうとWeb担当者のモチベーションはガタ落ちでしょう。

もちろん何も指摘するなとは言いませんが、Web担当者を選定したのであればある程度寛容に見守る姿勢も必要となります。

まとめ

ホームページリニューアルに関する注意点は意外にも多くて細かいと思われた方が多いかもしれませんね。
しかし、成果のあがる良いホームページを作成するためにはとても重要なことなのです。

再び失敗しないためにも、ここで紹介した注意点はしっかりと押さえておいて欲しいと思います。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

そのホームページ制作はなぜ失敗したのか?6つの理由から原因を探るそのホームページ制作はなぜ失敗したのか?6つの理由から原因を探る

導入前に考えて欲しいBLEBeacon運用に必要な6つのコ導入前に考えて欲しいBLEBeacon運用に必要な6つのコト

関連記事

  1. やらなきゃ損?実績は宝!Webマーケティング手法

    やらなきゃ損?実績は宝!Webマーケティング手法

    Webを活用したマーケティングは、単純にホームページを作成・公開するだけではありません。Webマーケ…

  2. 疑問解消!!ホームページリニューアルにまつわる7つのQ&A

    疑問解消!!ホームページリニューアルにまつわる7つのQ&…

    ホームページリニューアルは通常のホームページ制作と異なる点が多いので、「○○ってどうなるんだろう?」…

  3. ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?

    ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?

    ブログのネタがないという「言い訳」まだ言いますか?継続して成功しているWEB担当者さん達がコンテンツ…

  4. 【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめと大切なこと

    【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめ…

    Web制作において、新規制作であろうがリニューアルであろうが制作初期に行う最も重要なプロセスといえば…

  5. そのホームページ制作はなぜ失敗したのか?6つの理由から原因を探る

    そのホームページ制作はなぜ失敗したのか?6つの理由から原因を探る…

    「ホームページを作ったはいいけど、まったく効果が出ない…」制作会社にホームページ制作を外注し…

  6. 考えてみたらホームページリニューアルには意外とメリットが多かった

    考えてみたらホームページリニューアルには意外とメリットが多かった…

    最近ホームページリニューアルの必要性を感じつつも、リニューアルするメリットがいまいち分からないという…

  7. っかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    しっかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    なんとなくホームページリニューアルの必要性を感じつつも、ついつい後回しにしてしまう事はよくあります。…

  8. ホームページリニューアルでレスポンシブデザインを採用するメリット・デメリット

    ホームページリニューアルでレスポンシブデザインを採用するメリット…

    流行やスマートフォンの普及が後押ししていることもあり、ホームページリニューアルに向けレスポンシブデザ…

PICKUP

  1. bitbite
  2. marketing17
  3. listing07
  4. 利用する前に押さえておきたいWeb広告の特徴とは?
  5. っかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット
  1. seo07
  2. marketing02
  3. WebDirector15
  4. 【リスティング広告】 まず押さえておきたいリスティング広告のメリット&デメリット
  5. Toymail
  6. リニューアルによるアクセス数低下を防ぐための対応策
  7. ec02
  8. 牛兵衛 草庵 /和牛にこだわった焼肉
  9. ad10
PAGE TOP