menu

そのホームページ制作はなぜ失敗したのか?6つの理由から原因を探る

TIPS

「ホームページを作ったはいいけど、まったく効果が出ない…」

制作会社にホームページ制作を外注したはいいものの、このように効果が出なくて悩んでいる企業はかなり多いと思います。

そこで当然ホームページのリニューアルを考えますが、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

「一体なんでホームページ制作に失敗してしまったんだろう?」と。

実は案外基本的なことが原因となっていることが多く、それに気付かないままホームページをリニューアルしても再び失敗してしまう可能性があります。

そこで、なぜ失敗したのかをしっかりと振り返るためにホームページ制作に失敗する6つの理由をまとめてみました。

ホームページ制作が失敗する6つの理由

◆ホームページ制作が失敗する6つの理由

01.目的が設定出来ていない

ホームページ制作を外注する以前、ホームページを作ろうとしたきっかけを思い出してみてください。

もしかして、「今の時代ホームページを作るのが当たり前だから」や「まわりが作っているから」といった理由で動き出しませんでしたか?

実は、ホームページ制作の目的が設定出来ていないがために失敗することは意外にも多いんです。

そもそも企業のホームページとは、多くのユーザーに会社についてや自社サービス・製品を認知してもらうためにあります。

なので「ただなんとなく作った」ではコストがかかる分ホームページを制作しない方がまだましです。

しかしホームページ制作に失敗したと感じているのであれば、それはホームページに何かしらの期待を寄せていたからですよね?

サービスの認知やお問い合わせ数の増加など様々ですが、その期待をそのまま目的として設定してしまいましょう。

もちろん、単に「サービスの認知」といった抽象的な目的ではなく、どんなターゲット層に認知して欲しいのかなど詳細な目的設定が大切です。

02.制作会社に全て任せてしまった

「餅は餅屋」という言葉通りにホームページ制作は制作会社に全て任せたという企業が多々存在しますが、制作の現場においてはこの言葉は当てはまりません。

なぜなら、良いホームページは企業と制作会社の入念な打ち合わせのもとでプロジェクトを推進していくからこそ出来上がるものだからです。

実は制作会社に全て任せきりにしている企業は、前述したようにホームページ制作の目的が設定出来ていない企業に多いのです。

それもそのはず、目的が設定出来ていないのですから「打ち合わせをして一体何を指摘すればいいの?」といった感じですよね。

まずはホームページ制作の目的をしっかりと定め、次に制作会社に任せきりにしないことが大切でしょう。

また、良い制作会社ほどクライアントと入念な打ち合わせを求めてきますので、制作会社を選定する一つに指標にしてもいいかもしれません.

03.デザインばかりにこだわっている

ホームページでは必ずしも「良いデザイン=良いホームページ」というわけではありません。

確かにユーザーに好まれるお洒落なデザインなども大切ですが、それよりも大切なのは「設定した目的を達成出来るかどうか」です。

つまりどんなにデザイン性の高いホームページでも、PV数が増加しなければ作った意味はないのです。

一つ顕著な例を挙げると、「GIGAZINE」というITニュースサイトがあります。

この「GIGAZINE」はお世辞にもデザイン性が高いとは言えないのですが、PV数に関しては月間数千万〜1億以上を達成している成功者です。

デザインばかりにこだわっているとホームページ制作の本質を見失うことにも繋がるので、あくまで目的を達成するためのホームページ制作を心掛けてください。

04.SEO対策が取れていない

「SEO対策とはなんぞや?」という方に説明しておくと、Search Engine Optimizationの略で日本語では「検索エンジン最適化」となります。

つまり、ホームページの検索結果を上位表示させるための対策です。

ホームページでは基本的にGoogleやYahoo!といった検索エンジンからの自然流入でPV数増加を狙うことになりますが、SEO対策が取れていなければホームページを検索結果の上位に表示させることが出来ず、PV数を増やすことが出来ません。

なので制作会社を選定するときは、SEO対策の実績も考慮するといいでしょう。



05.ユーザーに有益なコンテンツが配信出来ていない

ユーザーがホームページを訪問する理由は「そこに自分にとって有益な情報があるから」です。

なのでユーザーにとって有益なコンテンツを配信出来ていない場合は当然流入数が増えません。

もしも現在コンテンツ作成まで制作会社に外注しているのであれば、それは外注先の実力不足と言わざるを得ませんね。

また、可能であれば自社も積極的にコンテンツ作成に関わっていくことでユーザーにとって有益なコンテンツを配信していくことが出来ます。

06.制作会社選定を間違えた

ここまでのことを総合的にまとめると、最終的には「制作会社選定を間違えた」という原因に行きつきます。

なぜなら、良い制作会社であれば目的の設定に指摘をし積極的なコミュニケーションを求めてきます。

デザインばかりにこだわってはいけないことを知っているのであくまで目的達成のためのホームページ制作を目指し、SEO対策にも精通しているでしょう。

また、ユーザー視点に立って有益なコンテンツを配信する技術もあるので、結果的には失敗のないホームページ制作が実現するのです。

もちろん、どんなに良い制作会社でも企業側がホームページ制作に積極的な姿勢を見せなければ失敗に終わることもあります。

しっかりとした基準を持って制作会社を選定し、自社も制作に関心を向けることが大切ですね。

まとめ

ホームページ制作になぜ失敗したのかを考えたら、リニューアルに向けて動き出しましょう。
今回の失敗をもとに学ぶことが出来れば、きっと次回の制作では目的を達成できるホームページ制作が実現するはずです。

そしてそんなホームページ制作をトータル的にサポートしてくれる制作会社と出会えれば、必ず成功するホームページになるでしょう。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

考えてみたらホームページリニューアルには意外とメリットが多かった考えてみたらホームページリニューアルには意外とメリットが多かった

6つの注意点で成功させる、中小企業のホームページリニューアル (3)6つの注意点で成功させる、中小企業のホームページリニューアル

関連記事

  1. 考えてみたらホームページリニューアルには意外とメリットが多かった

    考えてみたらホームページリニューアルには意外とメリットが多かった…

    最近ホームページリニューアルの必要性を感じつつも、リニューアルするメリットがいまいち分からないという…

  2. そんなプライドいります?

    そんなプライドいります?

    SEO対策というと、なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、シンプルに考えると難しいものではなく「…

  3. 6つの注意点で成功させる、中小企業のホームページリニューアル (3)

    6つの注意点で成功させる、中小企業のホームページリニューアル

    ホームページリニューアルで成約率やお問い合わせ数向上に繋がれば、企業にとってこれほど嬉しいことはあり…

  4. っかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    しっかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    なんとなくホームページリニューアルの必要性を感じつつも、ついつい後回しにしてしまう事はよくあります。…

  5. SQLiteをつかってみよう

    SQLiteをつかってみよう

    自分でWebアプリケーションを作ってみたい…。そう思ったことはありませんか?いろいろなサービスがAP…

  6. 【チェックリスト有】ホームページリニューアルの制作会社選び、大丈夫ですか?

    【チェックリスト有】ホームページリニューアルの制作会社選び、大丈…

    現在ホームページのリニューアルを検討している企業の企画担当者に一つ聞きたいのが、「そのリニューアル、…

  7. ホームページリニューアル実現のための企画書&プレゼンのコツ

    ホームページリニューアル実現のための企画書&プレゼンのコツ

    企画担当者の中には「ホームページをリニューアルしたいけど企画案が通るか心配…」と、考え込んでしまって…

  8. WEB高速化(導入しやすい順)

    WEB高速化(導入しやすい順)

    WEBサイトを閲覧するとき「もたつき」があると、がっかりしませんか?なにか情報を探しているときは、す…

PICKUP

  1. listing07
  2. listing05
  3. petcube
  4. 【SEO】 運用後の軌道修正にも役立つ事前の効果シミュレーション
  5. 【SEO】 最初に整理しておきたいSEOのメリット&デメリット
  1. 売り場からメディアへの転換。有名企業も導入するECサイトのコンテンツマーケティング
  2. listing05
  3. webrenewal09
  4. 【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめと大切なこと
  5. ar-vr08
  6. いま改めてパーソナルコンピューティングの歴史を振り返る
  7. 1000円以下でハイクオリティな素材を入手可能。優良ストックフォトサイト3選
  8. TrackR
  9. webdesign02
PAGE TOP