menu

AIコピーライター

MARKETING

商品の価値や性質を、端的に分かりやすく消費者に伝える文章をコピーライティングといい、コピーライティングを考える人をコピーライターと呼んでいます。今回は、AIが行うコピーライティングについて書いていきます。

青春が終わる。18歳が始まる。

このキャッチコピーは、2017年に行われた静岡県知事選挙のキャッチコピーです。直接的に示唆するのではなく、間接的に18歳以上に選挙権が引き上げられたことを意識できるキャッチコピーですね。実はこのキャッチコピー、AIが作り出したものです。このようなAIによるキャッチコピーが、現在増えてきています。

正解のないものは人間が強い

キャッチコピーは、正解がありません。キャッチコピーの良し悪しを決めるのは、結局は消費者です。そのため、コピーライターが自信を持って考えたキャッチコピーが全く流行らないこともあれば、数時間で考えたものが一気に流行することは多くあります。

AIの最大の特徴は学習能力です。この世にある大量のデータ、ビッグデータを解析し学習していく段階で、AIは人間を超えるものとなっていきます。つまり、過去に大量のデータがあり、それに何かしら共通した特徴がある分野では、AIの価値は非常に高いといえます。しかし、キャッチコピーのように、過去にそれほどデータがなく、正解がないものはAIよりも人間の方がまだ優れているという考え方もできます。

人間コピーライターとAIコピーライターが力を合わせることで

コピーライティング分野では、現段階では人間の力が必要な分野といえるでしょう。しかしAIコピーライターが決して能力が低いのではなく、AIコピーライターをうまく利用することで、今よりも優れているコピーライティングを少ない時間で生み出すことができます。

AIは短時間で大量のコピーライティングを考えることができます。また、人間にはない発想のコピーライティングを考えることもできます。これらの能力は人間よりもAIが優れています。

AIコピーライターが考えたコピーを、人間のコピーライターが手を加える。このようにうまく活用することで、今後コピーライティング業界にAIが入ってくることでしょう。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

アパレル業界に新しい風を起こすAI技術

Beacon×Apple Watchでショッピングが変わる。アメリカMarsh Supermarketsの事例

関連記事

  1. どっちが大きい?マーケターなら知っておきたいBeaconのメリッ…

    2014年から本格的に普及され始めたBLEBeacon。2014年のAplleのiBeaconを皮切…

  2. マーケティングオートメーションの進め方

    Webサービスを提供する上で、重要なことはWebマーケティングを的確に行うことです。Webマーケティ…

  3. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(前編)

    消費者の行動や感情とそれにあわせた具体的な施策をマップ上で視覚化することによって、時には新しいターゲ…

  4. 消費者動向や商材別マーケット規模が分かる、おすすめリサーチ系サイ…

    データ分析はマーケティングの基本中の基本です。例えば「今のネットユーザーはスマートフォンが主流」、「…

  5. 改めて確認したい、メールマーケティングの基礎的7つのポイント

    BtoB・BtoC問わずメールマーケティングは最も安価でシンプルなマーケティング施策だと思います。…

  6. Webサイトリニューアルに重要なRFP作成6つのポイント

    「提案依頼書」という意味があるRFP( Request For Proposal )は、今やWebサ…

  7. Amazonでもおなじみのレコメンデーション。4つのタイプと導入…

    費用対効果の面で大きなメリットをもたらすうえ、ユーザーに嫌悪感を抱かれにくく、よりスムーズにアクショ…

  8. ネイティブアドに向いている商材と、掲載にあたって気をつけること

    通常のコンテンツの同じフォーマットで配信することにより、ターゲットの興味・関心を自然に喚起できるネイ…

PICKUP

PAGE TOP