menu

AIコピーライター

MARKETING

商品の価値や性質を、端的に分かりやすく消費者に伝える文章をコピーライティングといい、コピーライティングを考える人をコピーライターと呼んでいます。今回は、AIが行うコピーライティングについて書いていきます。

青春が終わる。18歳が始まる。

このキャッチコピーは、2017年に行われた静岡県知事選挙のキャッチコピーです。直接的に示唆するのではなく、間接的に18歳以上に選挙権が引き上げられたことを意識できるキャッチコピーですね。実はこのキャッチコピー、AIが作り出したものです。このようなAIによるキャッチコピーが、現在増えてきています。

正解のないものは人間が強い

キャッチコピーは、正解がありません。キャッチコピーの良し悪しを決めるのは、結局は消費者です。そのため、コピーライターが自信を持って考えたキャッチコピーが全く流行らないこともあれば、数時間で考えたものが一気に流行することは多くあります。

AIの最大の特徴は学習能力です。この世にある大量のデータ、ビッグデータを解析し学習していく段階で、AIは人間を超えるものとなっていきます。つまり、過去に大量のデータがあり、それに何かしら共通した特徴がある分野では、AIの価値は非常に高いといえます。しかし、キャッチコピーのように、過去にそれほどデータがなく、正解がないものはAIよりも人間の方がまだ優れているという考え方もできます。

人間コピーライターとAIコピーライターが力を合わせることで

コピーライティング分野では、現段階では人間の力が必要な分野といえるでしょう。しかしAIコピーライターが決して能力が低いのではなく、AIコピーライターをうまく利用することで、今よりも優れているコピーライティングを少ない時間で生み出すことができます。

AIは短時間で大量のコピーライティングを考えることができます。また、人間にはない発想のコピーライティングを考えることもできます。これらの能力は人間よりもAIが優れています。

AIコピーライターが考えたコピーを、人間のコピーライターが手を加える。このようにうまく活用することで、今後コピーライティング業界にAIが入ってくることでしょう。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

アパレル業界に新しい風を起こすAI技術

Beacon×Apple Watchでショッピングが変わる。アメリカMarsh Supermarketsの事例

関連記事

  1. ID、パスワードにおける怖い話

    みなさん、パスワード使ってますか?使ってますよね…。すみません、言いなおします。「同じパスワ…

  2. Eddystoneとは何か|iBeaconとの違いも合わせて解説…

    昨年7月14日、GoogleがBLEBeaconの新規格である「Eddystone」を発表して話題と…

  3. ベテランのWeb担当者でも混同しがち?「直帰率」と「離脱率」の違…

    Webサイト制作やリニューアルにおける重要な指標の1つが「直帰率」です。リスティング広告をはじめとし…

  4. ビッグデータがマッチングサービス成功のカギ

    現在、日本ではマッチングサービスへの注目度が高まっています。サイバーエージェントやイグニスといった企…

  5. ネイティブアドに向いている商材と、掲載にあたって気をつけること

    通常のコンテンツの同じフォーマットで配信することにより、ターゲットの興味・関心を自然に喚起できるネイ…

  6. どっちが大きい?マーケターなら知っておきたいBeaconのメリッ…

    2014年から本格的に普及され始めたBLEBeacon。2014年のAplleのiBeaconを皮切…

  7. SEO対策をする前にすべきこと

    SEO対策は万能ではないという私たちWEBを専門とする人間の常識と、SEO対策を望む顧客との間には時…

  8. マーケティングの歴史と「マーケティング3.0」(後編)

    「マーケティングの神様」と呼ばれるアメリカの経営学者フィリップ・コトラーが2010年に提唱した「マー…

PICKUP

PAGE TOP