menu

ブロックチェーンへの初めての攻撃

MARKETING

ブロックチェーンは多数のコンピューターで管理し、一定数の容認がないと変更できないシステムであるため承認されず書き換えられることはない。
このような考え方が一般的でした。しかし、2018年5月15日ブロックチェーン技術を利用しているモナコインが攻撃されるという事件が起きました。今回の記事ではこの事件を紹介し、この事件の問題を考えていきます。

モナコインへの攻撃を簡単に解説

まず今回のモナコインの攻撃は、単独犯であり被害金額も非常に少ないです。そのため、それほど大々的に報道はされていませんが、初めてブロックチェーンが破られた事件ですので非常に深刻に関挙げるべき問題だと思います。

今回の事件は仮想通貨の採掘を行うマイナーによって行われました。通常、マイナーはブロックを採掘したらブロードキャスト(自分が採掘したデータを公開すること)しなければいけません。しかし、今回の犯人はすぐにブロードキャストを行わず、より長いブロックチェーンを採掘しました。その結果、ブロックチェーンは2つに分かれる事になります。

犯人は、ブロードキャストせずに長いブロックチェーンを採掘した後、自分が所有していたモナコインを取引所で他のコインに変えて出金しました。その後、自分が採掘した長いブロックチェーンをブロードキャストします。すると、その時点で長いブロックチェーンが正しいブロックチェーンとなり、それまでの直近の取引は無効になります。

今回の被害者は取引所のみです。取引所はモナコインが入金されて売買が行われた後でその取引が消えてしまうので被害を受けました。

今後の対策が重要

今回の事件を受けて、被害を受けた取引所は承認ブロック数を引き上げるなどの対策を行うことでしょう。今回の事件は被害総額がそれほど大きくない事からあまり注目されていませんが、ブロックチェーンのわずかな隙をついた巧妙な事件です。

皮肉にも今回の事件のおかげで、ブロックチェーンはまだ完成された技術ではないということを再認識できました。この事件を教訓としてさらにブロックチェーンのセキュリティを高めていくことが求められます。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Beaconと先進技術を活用した次世代の飲食店とは? リクルート「未来レストラン」

アパレル業界に新しい風を起こすAI技術

関連記事

  1. 導入前に考えて欲しいBLEBeacon運用に必要な6つのコト

    最近各メディアでの露出が増えてきたBLEBeaconですが、オフラインマーケティングの切り札やオムニ…

  2. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(前編)

    消費者の行動や感情とそれにあわせた具体的な施策をマップ上で視覚化することによって、時には新しいターゲ…

  3. 整合性の高い情報をよりスピーディに。直帰率に影響する要素(1)

    Webページの直帰率改善にあたっては、まずページか流入経路をどちらかを固定してABテストを行うと、必…

  4. ベテランのWeb担当者でも混同しがち?「直帰率」と「離脱率」の違…

    Webサイト制作やリニューアルにおける重要な指標の1つが「直帰率」です。リスティング広告をはじめとし…

  5. One to Oneマーケティングの成功事例。「ガスト」公式アプ…

    ターゲットの嗜好や行動・閲覧履歴にもとづいたアプローチで行動を喚起するOne to Oneマーケティ…

  6. Webサイトリニューアルに重要なRFP作成6つのポイント

    「提案依頼書」という意味があるRFP( Request For Proposal )は、今やWebサ…

  7. ターゲットに合わせて使い分けたい、ネイティブアドの掲載メディア&…

    通常の広告と同じ形式で配信されることで、直接商材に興味がないユーザーにも情報を届けられるのがネイティ…

  8. AIコピーライター

    商品の価値や性質を、端的に分かりやすく消費者に伝える文章をコピーライティングといい、コピーライティン…

PICKUP

PAGE TOP