menu

ビッグデータがマッチングサービス成功のカギ

MARKETING

現在、日本ではマッチングサービスへの注目度が高まっています。サイバーエージェントやイグニスといった企業もマッチングサービスへの新規参入を果たしており、日本市場でマッチングサービスを成功させるのは容易ではない環境になりました。では、どうやって競争を勝ち抜いていくのでしょうか。そのカギはビッグデータにあります。

マッチングサービス「Pairs」

Pairsは2012年にエウレカが始めた恋愛マッチングサービスです。Pairsの調査によれば、2018年2月時点での累計会員数は700万人、そのうち13万人に恋人ができたといいます。それだけ多くのユーザーから支持を得る秘密はどこにあるのでしょうか?

カギはビッグデータ

「Pairs」がこれだけ多くの人に支持されているのは、端的に言えばアルゴリズムが優れているからです。「Pairs」では、マッチングや交際に至ったユーザーのデータをAIに学習させ、彼らにどのような特徴があるのか分析し、リコメンド機能として交際が成功しやすい相手を検索の上位に表示しています。このように、ビッグデータを有効活用して理想の相手とマッチングしやすい環境を整えていることが現在の「Pairs」の成功につながっています。

ビッグデータで業者対策も

マッチングサービスには、個人情報の取得や他社サービスへの誘導を目的とした業者が多くいます。エウレカでは、過去のデータから業者の自己紹介文やプロフィール画像のデータを集め、業者と疑わしいアカウントに対しては運営側に自動的に警告がいくシステムとなっています。その結果、真剣に出会いを求める人だけが集まった人だけが集まるクリーンなプラットフォームを実現しています。

今回はマッチングサービス「Pairs」を例にとってビッグデータの活用例を紹介しましたが、今後リリースされるあらゆるサービスにビッグデータは活用されるでしょう。それだけビッグデータがもたらす効果は大きくなっています。
ビッグデータを解析できる能力があるかどうか、サービス成功のカギはここにあります。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

スマホアプリで朝の一杯を注ぐ。Bluetooth対応のコーヒーマシーン「PRODIGIO」

在宅ワーカーにとっての働き方改革

関連記事

  1. 多すぎる選択肢もユーザー離れの原因に。直帰率に影響する要素(2)…

    直帰率を下げるためには、ファーストビューと表示速度を改善して、ユーザーのニーズに合った情報をよりスピ…

  2. ID、パスワードにおける怖い話

    みなさん、パスワード使ってますか?使ってますよね…。すみません、言いなおします。「同じパスワ…

  3. ユーザー獲得率が120%UPの事例も。ネイティブアドのメリット&…

    One to Oneマーケティングとあわせて注目されているがネイティブアド(ネイティブ広告)です。ア…

  4. 「ヤバい…乗り遅れた…」今更人に聞けないiBeaconについて解…

    近年オフラインからオンラインへとユーザーを誘導する「O2O(Offline to Online)マー…

  5. エリアマーケティングとも相性抜群。行動ターゲティングLPO

    行動履歴や閲覧履歴にあわせておすすめのアイテムを表示するレコメンデーションや、アクションを促す施策を…

  6. マーケティングに使えるクラウドサービス

    IT業界では、Webサービスを展開する際には、ネットワーク、サーバ機器などサービスを維持する機器の構…

  7. 消費者動向や商材別マーケット規模が分かる、おすすめリサーチ系サイ…

    データ分析はマーケティングの基本中の基本です。例えば「今のネットユーザーはスマートフォンが主流」、「…

  8. One to Oneマーケティングの成功事例。「リンナイのある暮…

    One to Oneマーケティングは既存の企業資産とあわせて活用することで、その効果を高めることがで…

PICKUP

PAGE TOP