menu

Beaconと先進技術を活用した次世代の飲食店とは? リクルート「未来レストラン」

Beacon

Beaconはスマートフォンに加え、ウェアラブルデバイスや音声認識技術と組み合わせることによってさらに大きなメリットをもたらします。Beacon端末は1個あたり数百円~1000円程度のものも多く、初期費用を抑えられる分、導入する場合には他のツールや技術との組み合わせを視野に入れてみるのもいいかもしれません。

少し古い話にはなりますが、2014年にはリクルートテクノロジーズがiBeaconと先進技術を活用した飲食店の体験イベントを開催しています。

飲食店におけるiBeaconやARの使い方

リクルートテクノロジーが2014年3月に行なったのは、「未来レストラン」という体験イベント。東京・六本木にある、「卵」をテーマにしたカフェ「eggcellent」を会場とし、飲食店におけるiBeaconやKinectの活用方法が紹介されました。

店内の各テーブルには店のテーマに合った卵型のiBeacon端末が置かれ、着席するとスマートフォンの専用アプリがBluetooth経由でテーブルの番号を認識。アプリ上のボタンで注文すると店員側のデバイスにテーブル番号と注文したメニューが表示され、食事後の会計もアプリ上でできます。

さらにテーブルにはイラストが描かれた卵型のボードが置かれ、ゴーグル型のウェアラブルデバイスを装着すると、ボード上にAR(拡張現実)映像によるメニューが表示されます。内蔵されたマイクでそのまま注文することが可能です。

「わざわざゴーグルを装着してまで‥」という方もいるかもしれませんが、スマートフォンアプリを使い慣れない人にはありがたいツールですし、店員を呼びにくい大規模なレストランでは役立つことも多いでしょう。

また、店内にはジェスチャーと音声を認識するMicrosoftのKinectも設置され、プロジェクターを使って天井に映像を反映。動作と声で店員を呼び出し、プロジェクターの映像を通してオーダーできる仕組みや、注文したメニューが届くまでの工程を窓ガラスに映し出す仕組みも用意されました。

「未来レストラン」は同年5月にも開催され、参加者の多くから好評を得ました。すぐに実用化できる取り組みも多く、iBeaconとそれを取り巻く技術によって飲食店のあり方も大きく変わっていきそうです。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

世界一の「デジタル銀行」

ブロックチェーンへの初めての攻撃

関連記事

  1. スマホアプリとBeaconを活用した気象予測センサー「WxBea…

    ユーザーがいる場所にあわせてさまざまな情報を取得・発信できるBeaconは、私たちの身近な生活に役立…

  2. 水族館やテーマパークでも導入が進むBeacon。横浜八景島シーパ…

    日本国内の水族館で初めてBeaconを取り入れたのが横浜八景島シーパラダイスです。横浜八景島シーパラ…

  3. 販売とマーケティング調査を両立。大塚製薬「POCARI CROS…

    大塚製薬と大手広告代理店の共働により、2014年10月にシンガポールで行われた、Beaconを活用し…

  4. キャンパス内のBeaconで新入生をナビゲート。ニューヨーク州立…

    大型ショッピングモールやイベント会場、ターミナル駅、駐車場といった広大なスペースでそのメリットを発揮…

  5. Beaconが販売店舗での体験を変える「HMV&BOOKS TO…

    Bluetooth信号を発信することによって、受信範囲内のスマートフォンの位置情報を把握することがで…

  6. 世界に先駆けてBeaconを導入した「Macy’s」&日本の大手…

    Bluetooth Low Energy(BLE)が登場し、2013年のiBeacon規格化によって…

  7. iBeaconの消費者情報をマーケティングに活用。クノールのスー…

    日本でも高い人気があり、家庭用スープの販売で世界的なシェアを誇るスウェーデンの食品メーカー・クノール…

  8. Beacon を取り入れて地域を活性化。iPhone用アプリ「江…

    ネットユーザーを販売店舗や現実の空間に誘導する「O2O」(Online to Offline)マーケ…

PICKUP

PAGE TOP