menu

疑問解消!!ホームページリニューアルにまつわる7つのQ&A

TIPS

ホームページリニューアルは通常のホームページ制作と異なる点が多いので、「○○ってどうなるんだろう?」と疑問を抱えることがあります。

この疑問を解消しない限り、ホームページ制作に踏み込むどころか上からGOサインすら出ないでしょう。

また疑問を解消することでホームページリニューアルの具体性が見え、目的設定を行うことも出来るので意外と重要です。

そこでここでは、ホームページリニューアルを検討している企業によくある疑問に対しQ&Aをまとめてみました。

ホームページリニューアルQ&A

Q1.リニューアルで成約率は上がる?

上がります。良いホームページを制作出来れば自然と結果は付いてくるものです。

しかしホームページの成約率を上げるには、いくつかの課題をクリアしていく必要があります。

まずは明確な目的設定と既存ホームページの問題を洗い出し、入念な市場調査やクライアントへのヒアリングを経てフレームワーク設計やデザイン制作に入ります。

これらの工程を抜け目なく行うことで、初めて「成約率の上がるホームページ」としてのスタートラインに立てるのです。

そして、全ての工程においてクライアントと制作会社の綿密なコミュニケーションが欠かせません。

Q2.検索結果上位に表示出来る?

出来ます。具体的にはSEO(検索エンジン最適化)という対策を取ります。

ユーザーがどんな情報を求めているか?という視点から検索キーワードを洗い出し、そのキーワードにヒットするようコンテンツを作成していくことで効率的に検索結果上位に表示させることが可能です。

しかし、検索結果上位に表示したからと言って必ずしも成約率の向上に繋がるとは限らないのがSEOの難しいところです。

自社サービス・商品を利用・購入するような顧客層を割り出し、ターゲットを定めてSEO対策を取る必要があります。

リニューアルを外注する企業としては、SEOに精通している制作会社を選ぶことと自社においてもSEOに対する理解を深めることが重要です。

Q3.ドメインやサーバの変更は必要?

必要ありません。ドメインやサーバとホームページリニューアルは切り離されているものなので、希望とあれば変更の必要はないでしょう。

しかし制作会社によって変更を勧める場合もあります。

優良な制作会社であればホームページの安定性や利便性などクライアント視点で変更を勧めますが、悪質な制作会社の場合利己的な理由から変更を勧めるケースがあるので注意が必要です。

Q4.既存ホームページのコンテンツは引き継げる?

引き継げます。ただし、既存ホームページのコンテンツは引き継がずゼロの状態から運営した方がいいケースもあります。

「工数を極力少なくしてコスト削減につなげたい」など他にも様々な理由があるでしょうが、一度失敗したホームページのコンテンツ流用は出来る限り避けたいところです。

もちろん、既存ホームページのコンテンツをベースに「良いホームページ」を制作することは可能なので、その点は都度制作会社に相談するといいでしょう。

Q5.一部だけのリニューアルは可能?

可能です。ホームページリニューアルでは「デザインテンプレートだけ変更したい」や「下層ページの構成だけ変更したい」など、理由は様々かと思います。

基本的にはそのどれもに対応可能なので、こちらも制作会社に都度相談することで明確になるでしょう。

Q6.リニューアルにかかる期間と費用は?

全体的にリニューアルするのか、一部のみリニューアルするのかにより大きく変動します。

リニューアルが全体的であれば期間や費用は一般的なホームページ制作にかかるものと変わりありません。
一部のみであれば期間や費用は減少するものの「何をリニューアルするのか?」によっても変動します。

なので、リニューアルにかかる費用などをここで説明したりネットで検索するよりも、やはり一度見積もりを出してもらうことが確実です。

Q7.忙しいから全部任せても大丈夫?

「良いホームページ」を制作するためには、クライアントと制作会社のコミュニケーションが常に欠かせません。

制作会社はホームページ制作のプロではありますが、クライアントの要望を落とし込みつつ成約率の上がるホームページを制作するにはクライアントの協力が必要不可欠です。

なので制作会社としてはプロジェクトを丸投げされるのではなく、クライアントと一つのチームとして制作することを望んでます。

もちろん、制作会社としても極力クライアントに負担にならないよう心掛けていきますが、「一緒に良いホームページを作る」という心構えを持ってプロジェクトに取り組んでもらえるとより良いホームページが制作可能です。

まとめ

いかがでしょうか?ホームページリニューアルに関する疑問は解消されましたか?

ここでは一般的な疑問をまとめたので、ここで紹介していない疑問を持っているのであればやはり一度制作会社に問い合わせてみることをおすすめします。

ホームページリニューアルは現状抱えている疑問を解消するところから始めましょう。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

【チェックリスト有】ホームページリニューアルの制作会社選び、大丈夫ですか?【チェックリスト有】ホームページリニューアルの制作会社選び、大丈夫ですか?

ホームページリニューアル前に知って欲しい、クライアントが持つべき3つの心構えホームページリニューアル前に知って欲しい、クライアントが持つべき3つの心構え

関連記事

  1. SQLiteをつかってみよう

    SQLiteをつかってみよう

    自分でWebアプリケーションを作ってみたい…。そう思ったことはありませんか?いろいろなサービスがAP…

  2. ホームページリニューアルでレスポンシブデザインを採用するメリット・デメリット

    ホームページリニューアルでレスポンシブデザインを採用するメリット…

    流行やスマートフォンの普及が後押ししていることもあり、ホームページリニューアルに向けレスポンシブデザ…

  3. 【Web担当者必見】ホームページリニューアルまでに取っておきたい5つのステップ

    【Web担当者必見】ホームページリニューアルまでに取っておきたい…

    「成約率が上がらない」「商品やサービスの認知度向上がいまいち」などの理由から、ホームページをリニュー…

  4. 検索エンジンをロボットと思ってはいけません

    検索エンジンをロボットと思ってはいけません

    SEOに「やっぱり」欠かせない被リンクの構築は、「やっぱり」メリットがあります。あちこちの記事に書か…

  5. 【チェックリスト有】ホームページリニューアルの制作会社選び、大丈夫ですか?

    【チェックリスト有】ホームページリニューアルの制作会社選び、大丈…

    現在ホームページのリニューアルを検討している企業の企画担当者に一つ聞きたいのが、「そのリニューアル、…

  6. 【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめと大切なこと

    【Webサイトリニューアル】クライアントへのヒアリング項目まとめ…

    Web制作において、新規制作であろうがリニューアルであろうが制作初期に行う最も重要なプロセスといえば…

  7. ホームページリニューアル実現のための企画書&プレゼンのコツ

    ホームページリニューアル実現のための企画書&プレゼンのコツ

    企画担当者の中には「ホームページをリニューアルしたいけど企画案が通るか心配…」と、考え込んでしまって…

  8. っかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    しっかり把握しておきたいホームページリニューアルのデメリット

    なんとなくホームページリニューアルの必要性を感じつつも、ついつい後回しにしてしまう事はよくあります。…

PICKUP

  1. SKULLY_AR-1
  2. ID、パスワードにおける怖い話
  3. seo07
  4. vrar05
  5. 画像のタイプ・特徴にあわせて使い分けたいgjf、jpg、png
  1. web01
  2. ec03
  3. seo09
  4. ad10
  5. BLEBeacon16
  6. seo08
  7. renewal08
  8. ec09
  9. BLEBeacon12
PAGE TOP