menu

スマホアプリとBeaconを活用した気象予測センサー「WxBeacon」

Beacon

ユーザーがいる場所にあわせてさまざまな情報を取得・発信できるBeaconは、私たちの身近な生活に役立てられています。2015年にウェザーニューズが開発したのが、「WxBeacon」というBeaconを利用した気象予測センサーです。

全国の会員と協力してリアルタイムで高精度の気象予測を提供

ウェザーニューズではそれ以前から「ウェザーニューズタッチ」というスマートフォン用アプリを開発しており、日本全国の有料会員(ウェザーリポーター)からの天気や雲の様子のレポートを気象予測に反映させる取り組みを行っています。「WxBeacon」はそのウェザーリポーター向けの特典の1つとして開発・リリースされたもの。

「ウェザーニューズタッチ」で現在位置の天気やコメントを投稿したり、アプリ内のクイズやアンケートに答えたりするとポイントが貯まる仕組みになっており、2015年の累計が2000ポイントを超えたウェザーリポーターに「WxBeacon」が無償で提供されました。

デバイス本体は幅7.2cm、重量37gの小型で、バッグや衣服のポケットに入れてどこでも持ち歩くことが可能。搭載されたセンサーが気温・湿度・天候・気圧といったデータを自動で検知し、24時間リアルタイムで気象情報を確認できます。

さらにデバイスで取得したデータはBluetoothでアプリと連動し、現在位置の写真や体感コメントを投稿することもできます。「WxBeacon」を持ち歩いていなくても、周囲にいる他のユーザーのデバイス経由で気象データを取得することも可能です。

ウェザーニューズは、Beaconやスマートフォンが登場する以前の2005年から気象データの収集と予報への反映を行なっており、現在会員は800万人以上。気象関連のアプリも続々と登場するなか、このネットワークとBeaconの技術がどのように活かされていくのか注目されます。

ウェザーニューズでは、「今後は台風の気圧差を追いかけるなど、Beaconの強みを活かした新たな取り組みをウェザーリポーターと実施し、気象による被害の軽減に努めていく予定」としています。

もしかしたら、Beaconがもたらした情報によって人命が救われたり、建物や交通機関の被害が食い止められたりする日も近いのかもしれません。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

ブロックチェーンの本質とは?

世界一の「デジタル銀行」

関連記事

  1. キャンパス内のBeaconで新入生をナビゲート。ニューヨーク州立…

    大型ショッピングモールやイベント会場、ターミナル駅、駐車場といった広大なスペースでそのメリットを発揮…

  2. Beaconで書棚の位置までリアルタイムで案内。名古屋大学付属中…

    「O2Oマーケティング」や「オムニチャネル」といった言葉を耳にする機会も増え、販売店舗の収益改善や運…

  3. あらためて整理しておきたい、Beaconのメリット&デメリット

    オンラインと現実を結ぶO2Oマーケティングの代表的な手法として注目を集めているBeacon。アパレル…

  4. Beaconによって拡がるビジネスチャンス~ウェディング分野~

    2015年に渋谷ヒカリエで開催された、40社による合同説明会「渋谷就活フェスタ」でも、来場者の受付や…

  5. スマホを使わずバスの到着をお知らせ。京都市営バスのBeacon活…

    タクシーや地下鉄、バスといった公共交通機関では、利用客の利便性・満足度向上のため、Beaconを導入…

  6. Beacon を取り入れて地域を活性化。iPhone用アプリ「江…

    ネットユーザーを販売店舗や現実の空間に誘導する「O2O」(Online to Offline)マーケ…

  7. Beaconによって拡がるビジネスチャンス~自動車分野~

    Googleをはじめとした数多くの有力企業が開発に取り組み、ニュースなどでも耳にすることが多くなった…

  8. Beacon導入でロックフェスの楽しみ方が変わる? アメリカ「B…

    多くの観客で賑わうロックフェスティバルや映画祭といったイベントも、Beaconを活用した施策と非常に…

PICKUP

PAGE TOP