menu

Webページの統一感がUP。クリック率改善も期待できるグリッドデザイン

ディレクター心得

既存のWebサイトの一部をリニューアルしたり、コンテンツを追加したりする場合、課題になってくるのがそれまでのレイアウトとの兼ね合いです。とりわけECサイトで多く見られる現象ですが、運用期間が長いWebサイトは五月雨式にコンテンツを追加していった結果、ページの隅から隅までテキストや画像で埋め尽くされていることがあります。

そんなページに新たなコンテンツを追加しても埋もれてしまうため効果は期待できず、時には新規の制作より頭を悩ませることもあるのではないでしょうか? そうした際はクライアントの要望を踏まえたうえで、グリッドデザインを取り入れてみるといいでしょう。

グリッドデザインとは

グリッドデザイン(グリッドレイアウト)とは、Webページを縦横の直線で格子状に分割し、それを元にコンテンツを配置するデザインのこと。画像やサムネイルのサイズを揃えて規則的に並べることで、ページ全体の印象をすっきりさせる効果があります。

身近なところではPinterestのようなタイルデザインもグリッドデザインの1つと言えるかもしれません。もともとはギャラリーサイトや画像素材のダウンロードサイトで広く使われていた手法ですが、最近ではECサイトやコーポレートサイト、採用サイトでも取り入れるケースが増えてきています。

グリッドデザインの作成方法

ページの横幅(最大幅)を決め、それを何カラムで分割するか決めたうえで、全体のバランスを見ながらコンテンツを配置していきます。CSSのフレームワークを使うと分割しやすく、一般的なWebサイトでは最大幅を12~16分割して、2~4カラム分のコンテンツを配置するデザインが多いようです。

グリッドデザインのメリット&デメリット

何より大きなメリットはレイアウトが整理されてページの一覧性が上がること。それぞれのコンテンツが規則的に並べられることによって全体の統一感も増し、全体的なクリック率のUPが期待できます。また画像やサムネイルが定型化されるため、更新・追加もしやすくなります。

その反面、コンテンツの数を増やし過ぎると、サイズが揃っているがゆえに見つけにくく、古いコンテンツが埋もれてしまうことがあります。「これだけは見せたい」という重要なコンテンツがある場合、他よりカラムを多く使ったり、見出しのフォントを大きくしたりするのがおすすめです。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

在宅ワーカーにとっての働き方改革

よりスピーディに分かりやすく。大手企業2社のインフォグラフィック動画活用事例

関連記事

  1. 競合サイトの調査に活用できるGoogleの3つの機能

    大手調査会社ニールセンが2015年12月に発表したリサーチ結果によれば、日本におけるインターネット利…

  2. 「まだ東京で消耗してるの?」に学ぶ、オウンドメディア成功の秘訣

    オウンドメディアの重要性が指摘されるなか、注目を集めているのが管理人・イケダハヤト氏によるWebサイ…

  3. 縦長レイアウトはもう古い?スクロールエフェクトを活用したWebサ…

    CSS3やHTML5によってWebサイトには以前にも増して多くの情報量を盛り込めるようになってきてい…

  4. 即戦力のコーディングチェックツール3選

    デザイナーへの発注やクライアントとの連絡・調整に加えて、Webページのコーディングをチェックするのも…

  5. オウンドメディアを成功させるために、Webディレクターがやってお…

    ブログなどの情報発信を続けることによって見込客を獲得し、ブランディングに成果をもたらすオウンドメディ…

  6. モックアップやサンプル画像、アプリなどに使える無料PSDファイル…

    プレゼンテーションや打ち合わせの際、具体的なイメージを共有するのに非常に役立つモックアップ。限られた…

  7. WordPressの表示速度をアップさせるプラグイン5選

    アクセス解析やセキュリティなど豊富な機能が提供されているWordPressのプラグイン。使い方によっ…

  8. Webデザインを見極める目を養う、高品質のギャラリーサイト4選

    フラットデザインやマテリアルデザインなど、次々と新しい概念が生まれるWebデザインの世界。プロのWe…

PICKUP

PAGE TOP