menu

自動入札ツールの特徴と注意点

リスティング広告

リスティング広告の運用には効果測定やレポーティング、入札、広告文の改善といった多くの作業がともなうため、運用支援ツールを使っている方も多いのではないでしょうか? そうしたツールのなかでも代表的なものの1つが、キーワードの入札を自動的に行なう自動入札ツールです。これから導入しようとしている方も知っておきたい、自動入札ツールの特徴と注意点についてご紹介します。

自動入札ツールの特徴・タイプ

SEM代理店などが提供している自動入札ツールは大きく2種類に分けられます。1つは「ルールベース型」。あらかじめ設定したCPA(獲得1件あたりの費用)の目標をオーバーしてしまった際や掲載順位が一定以上低下した場合、条件に従って入札金額の調整を行います。「入札金額を最適化」とうたっているツールの多くはこのルールベース型です。

もう1つは、「ポートフェリオ型」。目標CPAを達成するために、ツール独自のアルゴリズムによってマクロ的な視点から入札単価の調整を行います。ポートフェリオ型のツールはあくまでアカウント全体の目標CPAをプライオリティにしているため、個々のキャンペーンや広告グループ単体でのCPAは目標から大きく乖離するケースもあります。

自動入札ツールを導入する場合の注意点

自動入札ツールのほとんどは有償ツールです。料金はツールによってさまざまですが、相場は初期費用が5万円~10万円ほど。これに利用料としてクリック課金額の3~7%が上乗せされます。金額の受け取り方は人それぞれとはいえ、リスティング広告自体が数万円程度の出稿でも充分効果が期待できることを考えると決して安くはないかもしれません。

また、自動入札ツールを導入するためには、運用中のものも含めて広告にパラメータを付与する必要があります。「工数削減を狙って導入したけど、パラメータを付けるためにかえって工数が増えてしまった‥」というのはよく聞く話。自社で行う作業については契約を結ぶ前にしっかり確認しておいた方がいいでしょう。

いずれにしろ自動入札ツールは万能ではありません。ポートフェリオ型でも判断のベースとなるのは過去の実績と傾向で、災害などによる突発的な市況の変化や、競合の運用変更などにはリアルタイムに対応できません。導入する場合はそうした点も加味して慎重に検討するようにしましょう。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

広告のレポーティングや資料作成に役立つGoogle chromeの拡張機能&無料ツール

Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googleの判定基準

関連記事

  1. プレミアムポジション掲載の決め手となる改善アプローチ

    予算との兼ね合いを考慮する必要があるとはいえ、画面占有率の向上や複数のテキストリンクの設置によって、…

  2. サービス開始から約14年。変化し続けるリスティング広告の「今」(…

    2002年のサービス開始以来、Webサイトへの重要な集客手段として多くの企業に利用されているリスティ…

  3. リスティング広告の運用担当者が陥りやすい3つの落とし穴(前編)

    3~4年にわたってリスティング広告の運用を続けていると、おのずと必要な作業が見えてきます。経験豊富な…

  4. 獲得効率アップの鍵を握る予算設定

    明確な「目標」と「役割」を見定めてキーワードを選定し、注力キーワードの運用強化やグルーピング活用する…

  5. 配信面を工夫して広告効果アップ。Google AdWords「プ…

    予算管理や広告文の改善など、リスティング広告の運用には地道な作業がともないます。ただ、長年にわたって…

  6. 意外と効果あり!リターゲティング広告

    マーケティングの代表的な手法として、誰でもリスティング広告と応える方が多いと思います。確かに代表的な…

  7. ユーザーを引きつけCTRを向上させる広告文の作成

    広告文の改善やランディングページの最適化(LPO)といったいわゆるクリエイティブ領域の改善は、リステ…

  8. リスティング広告におけるロングテール戦略(前編)

    ニッチな商品を数多く取り揃え、地道な販売を積み重ねていくことによって、結果的に大きな収益に結びつける…

PICKUP

PAGE TOP