menu

もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(前編)

広告

ICT総研のリサーチによると、2016年年末時点の日本国内におけるSNS利用者は約6872万人。企業の広告担当者のなかには、リスティング広告や動画広告とあわせてSNS広告に力を注いでいる方も多いかもしれません。

とりわけFacebook広告やInstagram広告は費用対効果の高い広告と言われ、限られた予算でスモールスタートしたい場合や、若年層へのアピールなどにも相性抜群です。ただ、こうしたSNS広告の運用で意外と見落とされがちなのがランディングページです。もしFacebook広告やInstagram広告を既存のランディングページに紐づけているとしたら‥、もう一度見直した方がいいかもしれません。

SNS広告に通常のランディングページが適さない理由

Facebook広告やInstagram広告はニュースフィードやタイムライン上に掲載される、いわば「広告らしくない広告」です。つまりユーザーが求めているのは商品ではなくコンテンツ。モノではなく面白味があって役に立つ情報です。

このことに気がつかないままSNS広告を既存のカテゴリーページや商品ページに紐づけてしまうと「ただの広告か‥」とユーザーをガッカリさせるだけでなく、アカウントや企業に対する不信感につながることもあるでしょう。

SNS広告のランディングページは記事型&キャンペーン型

では、具体的にSNS広告のランディングページにはどういったページが適しているのでしょうか? 答えの1つはブログメディアをはじめとした記事型のランディングページです。例えばスキンケア製品を販売するビバリーグレンラボラトリーズは、SNS広告と商品ページの間に「Kirei.News」というブログメディアを挟み、毛穴のトラブルの原因やスキンケアの方法を詳しく解説したうえで商品ページに誘導しています。

Kirei.News
http://www.kirei.news/beauty/001.html

また、自社の商品を絡めたキャンペーンページを制作するのも1つ。大手菓子メーカーの森永製菓は2016年のバレンタインに「いざ、セルフバレンタイン!汝、全力で自分を愛せ!」と題し、ハッシュタグをつけて投稿したユーザーに対して同社のチョコレートの詰め合わせをプレゼントするキャンペーンを実施しました。

森永製菓「いざ、セルフバレンタイン!汝、全力で自分を愛せ!」
https://www.morinaga.co.jp/2016vd/

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

「独身の日」で成功を収めた3つの日本企業に学ぶ越境ECのヒント

あらためておさらい。除外キーワードの選別と設定方法

関連記事

  1. ゲームアプリ以外の分野にも活用できる?注目を集め始めているプレイ…

    さまざまな広告サービスが登場するなか、これまでとは一線を画した広告の形として2014年ごろから注目さ…

  2. 1日の再生回数100億回以上。10~20代に爆発的な人気を誇るS…

    「Snapchat」というチャットアプリをご存知でしょうか? 2011年にリリースされた無料チャット…

  3. リマーケティング広告の精度を高めるアプローチ

    顕在ターゲット層はWebサイトへのアクセスなど能動的なアクションを取っている分、コンバージョンに近い…

  4. 動画広告以上の滞在時間を記録。Facebookの新しい広告サービ…

    通常のディスプレイ広告や動画広告と比べても費用対効果が高いと言われ、取り入れる企業も増え始めているF…

  5. もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(後編)

    Facebook広告やInstagram広告をはじめとしたSNS広告は費用対効果の高く、限られた予算…

  6. 顕在ターゲット層を取り込む「リマーケティング広告」

    Web広告で成果をあげるためには、自社のサービス・商品に高い関心があり、Webサイトを訪問したものの…

  7. Facebookダイナミック広告を効果的に利用するための3つのス…

    2015年のリリース以来、費用対効果の高さから利用する企業が増え続けているFacebookダイナミッ…

  8. 4つのターゲット層とそれぞれに向けた広告アプローチ

    Webマーケティングで成果をあげるためには、ターゲット(ユーザー)に対して正しい認識と理解を持つこと…

PICKUP

PAGE TOP