menu

マーケティングの歴史と「マーケティング3.0」(後編)

MARKETING

「マーケティングの神様」と呼ばれるアメリカの経営学者フィリップ・コトラーが2010年に提唱した「マーケティング3.0」。マーケティング3.0では、マーケティングの中心が製品と消費者から「価値」へシフトし、企業と人との協同によってより良い社会環境を実現することがテーマになります。いわば「いかにモノを売るか」ではなく「いかに良い世界にするか」。引き続きマーケティング3.0についてご紹介します。

マーケティング3.0が生まれた背景

マーケティング3.0が生まれた背景には、FacebookやTwitter、InstagramといったSNSの普及があります。フィリップ・コトラーは著書「コトラーのマーケティング3.0。ソーシャル・メディア時代の新法則」のなかでSNSを「ニューウェーブの技術」と呼び、マーケティング3.0を可能にするツールとして位置付けています。

たしかにSNSによって私たちの消費行動は大きく変わりました。それまでモノを買うにあたっては、テレビCMやネット広告といった企業目線の情報に頼らざるを得なかったのに対し、SNSの登場後はネガティブな情報も含めてリアルタイムに情報を交換できます。

企業の都合にかかわらず、購入するのは本当の意味で必要なモノ。場合によっては販売サイドが想定していなかった商品の価値や利用方法がSNSで拡散されていくことも珍しくありません。フィリップ・コトラーの言う「価値」には、こうした健全で広がりのある情報社会も含まれるのかもしれません。

マーケティング3.0の事例

マーケティング3.0を実践している企業として引き合いに出されることが多いのがAppleです。iPhoneやApple Watchの開発でAppleが重視したのは、「どんな製品が売れるか」、「どんな人が買うか」ではなく、「どんな製品が生活を便利にするか」。つまり価値がベースになっています。

また、日本国内では「服で世界は変えられる」をコンセプトに、「Factory Worker Empowerment Project」という支援プロジェクトを展開するユニクロも、そうした企業の1つとして挙げられるかもしれません。

「Factory Worker Empowerment Project」では、バングラディッシュとインドネシアの伝統衣装や染色技法を活かした製品を10か国以上で販売し、その収益の一部を現地の縫製産業の従事者の教育・トレーニング費用として出資しています。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

他社の広告にうちのブランド名が‥リスティング広告運用で商標を守る方法

時間ごとの食欲まで予測して廃棄率を75%カット。スシロー「回転すし総合管理システム」

関連記事

  1. ビッグデータ×BLEBeacon|意外と知られていない2つの可能…

    ビッグデータとBLEBeaconを知る方からすれば、この組み合わせがかなりの可能性を秘めていると薄々…

  2. マーケティングに使えるクラウドサービス

    IT業界では、Webサービスを展開する際には、ネットワーク、サーバ機器などサービスを維持する機器の構…

  3. なぜ、BLEBeaconはオムニチャンネル実現に必要とされている…

    インターネットやスマートフォンの普及からしばらく、カスタマーの購買行動は実に多様化・複雑化しています…

  4. BLEBeacon専用アプリケーション外注までの5つのステップ

    モジュールに近づくことでポップアップ通知がパッと表示され、お得な情報やクーポンを配信出来るBLEBe…

  5. カスタマージャーニーマップのメリットと意外な落とし穴

    スマートフォンやSNS、動画の普及よって、消費者は10年前とは比べ物にならないほど多くの情報を手に入…

  6. One to Oneマーケティングの成功事例。「ガスト」公式アプ…

    ターゲットの嗜好や行動・閲覧履歴にもとづいたアプローチで行動を喚起するOne to Oneマーケティ…

  7. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(後編)

    カスタマージャーニーマップを作成する際は、全体を6つのステップに分けて進めるのが効果的。なかでも大切…

  8. リッツ・カールトンに見る、インナーブランディングの成功事例

    従業員の自社ブランドに対する意識を高め統一することによって、サービスや商品の質を高めることができるイ…

PICKUP

PAGE TOP