menu

消費者動向や商材別マーケット規模が分かる、おすすめリサーチ系サイト4選

MARKETING

データ分析はマーケティングの基本中の基本です。例えば「今のネットユーザーはスマートフォンが主流」、「若い女性にはInstagramが人気」といった一般的な事柄も、ユーザー数や年代別シェアといった数値をひも解くことによってより具体的なアプローチが見えてきます。もちろん、ミーティングや企画の場でより詳細なデータが求められることも多いでしょう。

市場規模や消費者動向のデータが必要な場合、その都度リサーチするのももちろんOKなのですが、より効率的に行うならリサーチ系のWebサイトをブックマークしておくのもいいかもしれません。マーケティングに幅広く役立つ4つのリサーチ系サイトをご紹介します。

JMR生活総合研究所
http://www.jmrlsi.co.jp/trend/

食品や小売に関する消費者の意識が詳しくレポートされています。トクホ飲料のブランド別意識調査やスナック菓子の消費動向など他ではあまり見られないものも多く、ECサイトを運営する企業には非常に役立つサイトです。ページのUIは一覧性が高く、トップページだけで数百単位の調査結果のリンクが貼られているので、利用する際はキーワード検索がおすすめです。

IDC Japan
http://www.idcjapan.co.jp/Press/index.html

ネットワーク機器に関するユーザー動向や企業向けのモバイルセキュリティの市場規模など、ITに特化したレポートが公開されているサイトです。将来的な予測レポートも数多く掲載されているので、クライアントへのプレゼン資料作成や朝礼のトピック共有などにも役立つかもしれません。

日経デジタルマーケティング
http://business.nikkeibp.co.jp/dmg/research.html

こちらも資料作成や社内共有など幅広い用途に使える統計サイトです。スマートフォン検索の時間別調査や、SNSシェアの定点調査、スマホアプリの利用者ランキングなどが掲載されています。記事全てを読むにはアカウント登録(無料)が必要です。

マクロミルモニタサイト 公開調査データ
http://monitor.macromill.com/researchdata/index.html

大手リサーチ企業・マクロミルのWebサイトでも、一部のリサーチ結果が公開されています。トピックはハロウィンに関する意識調査や、新社会人の意識調査など。どのレポートも要点が箇条書きでまとめられているため非常に分かりやすく、ブログのネタやキュレーションメディアのコンテンツ企画にも役立つでしょう。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

Web担当者なら知っておきたいスパムリンクの見つけ方&Googleの判定基準

制作メンバーの進捗管理や効果測定をよりスムーズに行える「Googleスプレッドシート」

関連記事

  1. 整合性の高い情報をよりスピーディに。直帰率に影響する要素(1)

    Webページの直帰率改善にあたっては、まずページか流入経路をどちらかを固定してABテストを行うと、必…

  2. プラスαの使い方&効果がある、「オンラインチャット」と「FAQ」…

    Webサイトの顧客満足度・信頼性を高めるだけでなく、効率的に運用するためにも欠かせないのがカスタマー…

  3. One to Oneマーケティングの成功事例。「ガスト」公式アプ…

    ターゲットの嗜好や行動・閲覧履歴にもとづいたアプローチで行動を喚起するOne to Oneマーケティ…

  4. 女性の顔をAIで数値化する「魅力工学」とは?

    今回は、東京大学工学部で行われている興味深い研究を紹介します。その研究とは、AIが女性の顔魅力度を数…

  5. BLEBeacon専用アプリケーション外注までの5つのステップ

    モジュールに近づくことでポップアップ通知がパッと表示され、お得な情報やクーポンを配信出来るBLEBe…

  6. Webサイトリニューアルに重要なRFP作成6つのポイント

    「提案依頼書」という意味があるRFP( Request For Proposal )は、今やWebサ…

  7. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(中編)

    ターゲットが商品やサービスの購買に至るまでの行動や思考、感情をフレームワーク化することによって具体的…

  8. 多すぎる選択肢もユーザー離れの原因に。直帰率に影響する要素(2)…

    直帰率を下げるためには、ファーストビューと表示速度を改善して、ユーザーのニーズに合った情報をよりスピ…

PICKUP

PAGE TOP