menu

リッツ・カールトンに見る、インナーブランディングの成功事例

MARKETING

従業員の自社ブランドに対する意識を高め統一することによって、サービスや商品の質を高めることができるインナーブランディング。企業の一方的な広告やPRが効果に結び付きにくくなっているなか、国内・海外問わず注目されている概念です。

インナーブランディングで成功していると言われている企業は、実際にどんな施策でどのような効果をあげているのでしょうか。インナーブランディングの成功事例をご紹介します。

リッツ・カールトンのクレド(信条)カード

ラグジュアリーホテルの代名詞とも言えるリッツ・カールトン。1899年にロンドンにオープンしたカールトン・ホテルを起源とし、現在では世界30か国に90以上のホテルを展開しています。

リッツ・カールトンではすべての従業員にクレド(信条)という名刺サイズのカードが配布され、身だしなみとして常に携行することが義務づけられています。

従業員に配布されるというと接客マニュアルのようなものを想起しがちですが、クレドカードに記載されているのは、「お客様に心あたたまる、くつろいだそして洗練された雰囲気を常にお楽しみいただくために、常に最高のパーソナル・サービスと最高の施設を提供することをお約束します」といった3つの文章のみ。決して画一的なマニュアルではありません。

顧客のくつろぎや、パーソナル・サービスの提供は、ホテルマンなら誰もが意識するもの。ただ、これが企業単位で明文化され、全世界の全従業員に対して共通のカードとして配布されているという点が大きいのかもしれません。

過去にはこのクレドに従って従業員がサービスを実践。体調不良のためハワイ旅行をキャンセルしてやむなくリッツ・カールトンに宿泊した顧客に対して、従業員がハワイ風のインテリアの部屋を用意したといったエピソードもあります。

リッツ・カールトンは、クレドを軸とする質の高いサービスによって、アメリカ大統領自らが表彰を行うマルコム・ボルドリッチ賞(顧客満足の改善実績や優れた経営システムを表彰するアメリカ商務省主催の賞)を2年連続で受賞。また、アメリカの大手旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー」誌による「世界最高のホテル」にも毎年数多くのホテルが選ばれています。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

スクロールエフェクトを実装できる、おすすめjQueryプラグイン4選

Webサイトにひと味加えたい時に役立つ、イラスト&ピクトグラム素材サイト3選

関連記事

  1. Beaconで訪日外国人対策!!2020年東京オリンピックに向け…

    2015年の訪日外国人数は1,973万7300人と過去最高をマークし、前年比47.1%増の結果となり…

  2. ビッグデータ×BLEBeacon|意外と知られていない2つの可能…

    ビッグデータとBLEBeaconを知る方からすれば、この組み合わせがかなりの可能性を秘めていると薄々…

  3. カスタマージャーニーマップのメリットと意外な落とし穴

    スマートフォンやSNS、動画の普及よって、消費者は10年前とは比べ物にならないほど多くの情報を手に入…

  4. いま改めてパーソナルコンピューティングの歴史を振り返る

    現在、当たり前のように使われているパソコン、スマートフォン。その歴史を振り返るとスティーブ・ジョブズ…

  5. マーケティングの歴史と「マーケティング3.0」(前編)

    近年、ビジネス系メディアなどで取り上げられることが多いのが「マーケティング3.0」という言葉。頻繁に…

  6. 【国内6選&海外5選】マーケティング参考になるユニークなBLEB…

    昨年7月のGoogle Eddystoneの発表を受けて、BLEBeacon市場はより一層の盛り上が…

  7. ユーザー獲得率が120%UPの事例も。ネイティブアドのメリット&…

    One to Oneマーケティングとあわせて注目されているがネイティブアド(ネイティブ広告)です。ア…

  8. カスタマージャーニーマップ作成の6つのステップ(後編)

    カスタマージャーニーマップを作成する際は、全体を6つのステップに分けて進めるのが効果的。なかでも大切…

PICKUP

PAGE TOP