menu

スマホアプリで朝の一杯を注ぐ。Bluetooth対応のコーヒーマシーン「PRODIGIO」

IoT

ホームセキュリティや高齢者介護など、IoTが私たちの身近な生活に根付き始めています。そうしたなか食品・飲料大手のネスレが2016年4月から販売をスタートしているのが、国内初となるBluetooth対応のコーヒーマシーン「PRODIGIO」です。

コーヒーカプセルの残数や湯垢洗浄のタイミングも自動的に管理

「PRODIGIO」は、Bluetoothのワイヤレスネットワークを用いることによって、室内のどこにいてもスマートフォンからコーヒーを抽出できるコーヒーマシーン。「どんなに慌ただしい朝でもコーヒーだけは欠かせない」という方にはまさにぴったりの製品です。

スマートフォンの専用アプリ(iOS8.1/Android5.0.1以降)をインストールすれば、アプリを介して約25秒間でコーヒーをリモート抽出することが可能。タイマー機能も搭載されており、24時間決まった時間にコーヒーを注げるほか、コーヒーカプセルの残数も自動体に管理。なくなった場合はアプリを通じて注文することもできます。

対応しているカップサイズはリストレット、エスプレッソ、ルンゴの3種類。アプリのインストール時には水の硬度を測定・登録することができ、ただ便利なだけでなくコーヒー好きの消費者を満足させる品質への工夫も施されています。

また、水タンクへの補充や湯垢洗浄のタイミングも自動的に検知&通知するため、メンテナンスを忘れたためにコーヒーの味が変わったりすることもありません。個人としての利用はもちろん、オフィスや飲食店でも充分利用できるのではないでしょうか。

シルバーとチタンの2種類のカラーラインナップが用意されており、希望小売価格は23,000円(ミルク泡立て機とのセットは29,500円)。発売直後の2016年5月にはIoT製品のイベント「ワイヤレスジャパン2016」にも出展され、プレス関係者から注目を集めました。

ネスレでは「PRODIGIO」に続いて、2016年10月には同じくBluetooth連動でコーヒーの濃さや泡立ちを調整できる「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i」を発売しています。スマートフォンで朝のコーヒーを淹れて、ついでにスケジュールや天気予報をチェックするー。そんな朝の過ごし方が一般的になる日も近いのかもしれません。

小野 良勝

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

もう一度見直したい、SNS広告のランディングページ(後編)

ビッグデータがマッチングサービス成功のカギ

関連記事

  1. T-Connect|車の常識を変えるIoT

    今回ご紹介するのはトヨタ自動車の提供するサービスのT-Connectです。近年テスラモーター…

  2. Whistle|ペットの健康を管理できる最新IoT

    愛犬家の方たちは、飼い犬の健康状態が常に気になりますよね。僕のその一人です。そんな要望に応え…

  3. Samsung Gear VR|Galaxyをセットして手軽にバ…

    誰でも手軽にバーチャルリアリティ(以下、VR)の世界を楽しめるデバイスが、Oculus社との共同開発…

  4. Anicall|ペットの気持ちになれるIoT

    ペットを飼っている人なら誰しも自分のペットとコミュニケーションをとりたいと思ったことがあるのではない…

  5. 電力コストを平均70%削減。オフィス空間の最適利用を 可能にする…

    IoTの先駆け的存在として、 B to Bに特化したビジネスを展開する「Enlighted」。同社が…

  6. Pawtrack|気まぐれな猫の行動をGPSで追跡。 猫専用のW…

    「外出中に飼い猫がどうしているか心配」、「気まぐれで目が離せないから、つい家を空けられない」そんなユ…

  7. 夢と魔法とIoT。Walt Disney World「Magic…

    スマートフォンで家の鍵を管理できるスマートロックや、忘れ物防止タグといった身近な商品から、スペイン・…

  8. スマートデスク|新たなビジネスパートナーは机!?

    仕事中にずっと座っている姿勢がキツいなと感じたことはありませんか?また、耳からも多くの情報を…

PICKUP

PAGE TOP