menu

年間200億円にのぼる害獣被害の対策にIoTを活用。富士通「広域鳥獣クラウドサービス」

IoT

最近、シカやサルに畑が荒らされたり、人がイノシシに襲われたりといったニュースを頻繁に耳にします。農林水産省によれば日本国内における鳥獣被害は年間約200億円。地方の農村では過疎化が進んだ結果、人と動物の生活圏のボーダーラインが人側に押し戻されているという指摘もあるようですが、いずれにしろ農家や住民の方にとって頭を悩ませる問題なのは間違いありません。

そうしたなか登場したのが、富士通によるIoT技術を利用した「広域鳥獣クラウドサービス」です。

オンラインで捕獲を通知&繁殖を防ぐ効果も

富士通の「広域鳥獣クラウドサービス」は、通信機能が付いた「箱ワナICTキット」によって害獣を捕獲し、自治体や住民、猟友会といったユーザー側に通知するというもの。

複数の「箱ワナICTキット」を無線ネットワークでつなぐことによってモバイル回線経由でクラウドサービス上にデータを送信し、イノシシなどが罠にかかった際はメールで通知を受け取ることも可能です。2016年5月に東京ビッグサイトで行われたIoT製品のイベント「ワイヤレスジャパン2016」に出展され、プレス関係者からも大きな注目を集めました。

このサービスで注目したいのは、「箱ワナICTキット」に画像判別機能が搭載されており、害獣の大きさによって捕獲を選別できる点。富士通の担当者によれば、イノシシの場合、生後1年足らずの幼い個体はワナにかかりやすいものの、実際に農作地を荒らし、被害をもたらすことが多いのは成長したメス。また繁殖を防ぐうえでもメスの成体を減らすことがキーポイントだといいます。

「箱ワナICTキット」は搭載されたカメラがワナに入った害獣の姿を捉え、一定の大きさ以上の場合のみ箱ワナが閉まります。カメラの画像はクラウド上に送信され、ユーザー側のPCで確認することが可能。ワナにかかった害獣の大きさがあらかじめ分かるので、必要な人数やタイミングなどを考慮してより安全に回収に行くこともできます。

「広域鳥獣クラウドサービス」は先進的なモバイル活用を表彰する「MCPC award 2016」でユーザー部門 AI&ロボット委員会特別賞を獲得し、すでに熊本県と福岡県の一部エリアで試験的に導入済み。具体的な製品化はこれからですが、近い将来、多くの人を悩ます鳥獣被害がIoTの力によって大きく減る日が訪れるのかもしれません。

小野 良勝 代表取締役

投稿一覧

横浜の制作会社アイティネットの代表取締役。WEB、モバイル、DTP、デジタルサイネージを事業展開。それぞれの特性を活かした メディアミックスを得意とする。iPhoneやiPadを活用したBtoB向けのアプリケーションを開発。モチベーションの高い人や異業種との交流がたまらない。華の47年組。趣味はオートキャンプ

あらためておさらい。除外キーワードの選別と設定方法

アメリカ・EEDAR社の調査に見るVRマーケットの「今」(後編)

関連記事

  1. Kolibree|歯磨き採点ロボット

    虫歯になると治すのに多額のお金と時間がかかりますよね。それによる機会損失も少なくないはずです。ですが…

  2. スマートデスク|新たなビジネスパートナーは机!?

    仕事中にずっと座っている姿勢がキツいなと感じたことはありませんか?また、耳からも多くの情報を…

  3. 身近なIoT活用事例。ドコモ・ヘルスケア「わたしムーヴ」&「カラ…

    テレビのニュースなどマスメディアでIoTが取り上げられる機会が増えていますが、その一方、IoTという…

  4. 子どもに迫る危険を家族全員に通知。 世界最小クラスのGPSを搭載…

    「hereO」はロンドンに本拠を置くhereO社がリリースしたGPS搭載の子ども向けスマートウォッチ…

  5. Flic|ワンタッチでスマートフォンあらゆる機能をショートカット…

    スウェーデン・ストックホルムに本拠を置くスタートアップ企業からリリースされているのがワイヤレススマー…

  6. Oura Ring|ユーザーの心拍数や体温を24時間モニタリング…

    アクセサリーとして指にはめているだけでユーザーのバイタルサインを測定し、健康管理のアドバイスを提供し…

  7. 赤ちゃんの癖を学習して、目覚める時間を予測。 忙しい育児をサポー…

    「Sproutling Baby Monitor」は、赤ちゃんの足首にベルト型のデバイスを巻くことで…

  8. スマホひとつで鍵いらず。海外にいても自宅の施錠・開錠を コントロ…

    自宅のドアの施錠・開錠を、鍵を使うことなくスマートフォンやPCでコントロールできるのが、キーレスエン…

PICKUP

PAGE TOP